ティム・ウェイスバーグ(Tim Weisberg)-"Party Of One"1980

ティム・ウェイスバーグ
(Tim Weisberg)
1943年生まれ
カリフォルニア州 ロサンゼルス ハリウッド出身
ジャズ~フュージョン・フルート、パーカッション、オーボエ、ピッコロ奏者
...................................................................................................................................

Tim Weisberg/Party Of One
あのDan Fogelbergとのコラボ作『Twis Sons Of Different Face』で、その名を上げたフルート奏者。アルバムの枚数も相当な数を発表していますが、個人的にAOR度が最も高いのは1980年に出たこの作品"Party Of One"だと勝手におもっています。このアルバムでは、あのBill Champlinが持ち前のソウルフルな歌声を存分に披露。Stevie Wonderの隠れた名曲を取り上げた、Marvin Gayeののクリスタルなカヴァーで演っている。このアルバムは、 ヒーリングとサウダージ感覚が同居した心地よいサウンド・メイキングで、疲れ切った心に清涼感を与えてくれる。

Tim Weisberg "Party Of One" (1980)
01 - Katie(Russell Ferrante)
02 - Magic Lady(Michael Sembello, Sergio Mendes & Gene Lees)
03 - I'm The Lucky One(Allee Willis & Desmond Child)
04 - Everyone Loves A Mystery(John Leslie Hug)
05 - Page One(Todd Robinson)
06 - Party Of One (Buzz Feiten)
07 - What's Going On (Marvin Gaye, Al Cleveland & Renaldo Benson)
08 - Don't Keep Me Waiting, Girl (Buzz Feiten)
09 - Ambe (John Jarvis)
10 - Power Flower(Stevie Wonder & Michael Sembello)

Produced by John Leslie Hug & Tim Weisberg in Association with Jen Productions

Musicians :
Flutes : Tim Weisberg
Drums : Ed Greene
Bass : Abraham Laboriel & Neil Stubenhaus
Keyboards : Greg Phillinganes, Neil Larsen, John Jarvis & Russell Ferrante
Guitars : Buzz Feiten, Michael Sembello & John Leslie Hug
Synthesizers : Michael Boddicker
Percussion : Steve Forman
Lead vocals : Bill Champlin
Background vocals : Bill Champlin, Carmen Grillo & Laura Creamer
Strings Arranged & Conducted by John Leslie Hug
Concertmaster : Harry Bluestone
Strings Contracted by Frank DeCaro

Katie


I'm The Lucky One(feat Bill Champlin)


Party Of One


What's Going On


................................................................................................................................................

おまけ

Dan Fogelberg & Tim Weisberg (1978 -8位)
『Twin Sons Of Different Mothers/ツイン・サンズ』
イリノイ州生まれのシンガー・ソングライター、ダン・フォーゲルバーグの5枚目のアルバム、ジャズのフルート奏者ティム・ワイズバーグとのコラボレーション、曲の7割がインストゥルメンタル・ナンバー、自分の作品ではない曲の収録、とまさに異色ずくめ。目的はお互いの音楽世界から足を踏み出し新たな二人の可能性を探る事にあり、実に気持ちのよいアルバムとなりました。初のトップ10(ビルボード8位)アルバム。 

1978
Dan Fogelberg & Tim Weisberg
"Twin Sons Of Different Mothers"
Side-A
  1 Twins Theme
  2 Intimidation
  3 Lazy Susan
  4 Guitar Etude No.3
  5 Tell Me To My Face

Side-B
  1 Hurtwood Alley
  2 Lahaina Luna
  3 Paris Nocturne
  4 Since You've Asked
  5 The Power Of Gold(1978 - 24位)

Producers: Dan Fogelberg, Tim Weisberg

Personnel
Dan Fogelberg - synthesizer, acoustic guitar, bass, guitar, mandolin, percussion, piano, electric guitar, keyboard, vocals, background vocals, voices, slide guitar, classical guitar
Tim Weisberg - flute, percussion, oboe, piccolo
David Breinenthal - bassoon
Gary Coleman - percussion
Vincent DeRosa - French horn
Earl Dumler - English horn
John Ellis - organ, oboe
Bobbye Hall - percussion, conga, cowbell
Don Henley - vocals, harmony vocals
John Leslie Hug - guitar, harp
Jim Keltner - drums
Joe Lala - percussion, conga
Neil Larsen - piano, keyboard, electric piano
Andy Newmark - synthesizer, drums
Norbert Putnam - bass
Ann Mason Stockton - harp
Florence Warner - vocals, background vocals
Willie Weeks - bass

"Twin Sons Of Different Mothers"


.........................................................................................................................

ダン・フォーゲルバーグ、2007年12月16日、前立腺癌によって死去(満56歳没)
..............................................................................................................................

Tim Weisberg-"Party Of One"1980
画像


















Twin Sons of Different Mothers
Sony
1988-10-27
Dan Fogelberg

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Twin Sons of Different Mothers の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック