キーン・ブラザーズ(The Keane Brothers)-1977年~1982年

キーン・ブラザーズ
(The Keane Brothers)
1976年に、ロサンゼルスで「Tom Keane」,「John Keane」兄弟が結成したポップ・ロックデュオ。
★トム・キーン(Tom Keane)
1964年3月13日生まれ
キーボード・ボーカル
★ジョン・キーン(John Keane)
1965年4月26日生まれ
ドラム
☆ボブ・キーン(Bob Keane)
兄弟の父親
プロデューサー/.「Del-Fi Records」の創立者/兄弟のデビュー・プロモーションも支援。

1976年にシングル「Sherry/シェリー」でデビュー(米国84位)・・・(彼らのデビューは兄12歳、弟11歳)
1977年初アルバム「Keane Brothers/キーン・ブラザーズ」,
1978年2ndアルバム「Taking Off/テイキング・オフ」などをリリース
1981年に4人編成の「Keane/キーン」を結成。
1981年に1stアルバム、邦題『ドライヴィング・サタディ・ナイト』日本のみのリリースで活動拠点の米国では未発売
1982年に2ndアルバム『Today,Tomorrow And Tonight』をリリース後、解散

「David Foster/デヴィッド・フォスター」が初アルバム全曲、2ndアルバムで「Is Love Not Enough」,「One Thing On My Mind」の2曲をプロデュース(1曲は共同)。「Lamont Dozier/ラモン・ドジャー」が2ndアルバムで「Dancin' In The Moonlight」など8曲をプロデュース。また父親「Bob Keaneボブ・キーン」が2ndアルバムを総合プロデュース。
「Keane/キーン」解散後、「Tom Keane」は1986年合作クレジットで「Chicago/シカゴ」に提供した「Will You Still Love Me」が翌87年米国3位(A/C:2位)など、ソングライターとして活動。「John Keane」は、ソロでは主に「John M. Keane」というクレジット名で活動、TV音楽なども手がけ2007年には作曲家としてエミー賞にノミネート。
...............................................................................................................................................

1977年初アルバム、The Keane Brothers『same』
あの"Jaye P Morgan"(ジェイ・P・モーガン)に続くDavid Fosterプロデュース2作目。デビュー曲のは、82年に『Needless Freaking』(邦題『ストレンジャー・イン・パラダイス』Pro By David Foster)という傑作アルバムを残しているDwayne Fordの作品。当時彼らはまだ12歳&11歳というのに、演奏力は勿論、何と曲作りも担当し、既に才能開花の片鱗を感じさせている。80年代前半にTOTOの弟分バンドとして人気を博していたKeaneは、彼らの発展型である。

1977
The Keane Brothers『same』
SIDE-A
1. Help! Help!!
  Words & Music by Tom Keane
2. The Ugly One
  Words & Music by Tom Keane/B.J. Cook Foster
3. Goodbye Summer
  Words & Music by Tom Keane
4. God Loves Little Girls(※1976)
  Words & Music by Tom Keane/John Keane

SIDE-B
1. Keep On Rollin'
  Words & Music by Tom Keane
2. Sherry(※1976)
  Words & Music by Dwayne Ford
3. Come On Home Country Boy
  Words & Music by Tom Keane
4. Amy (Show The World You're There)
  Words & Music by Tom Keane
5. Goodbye Momma And Poppa
  Words & Music by Tom Keane/B.J. Cook Foster

Producer– David Foster

Musicians
Arranged By– David Foster
Arranged By [Backing Vocals]– Bill Champlin, Nigel Olsson
Arranged By [Horns]– Greg Adams
Backing Vocals– Bill Champlin, Carmen Twilly, Jim Haas, Nigel Olsson, Tom Bahler, Vennette (Knettie) Gloud
Bass– Dave McDaniels, David Hungate, Dee Murray, Lee Sklar, Mike Porcaro, Scotty Edwards
Drums– Ed Greene (2), Harvey Mason, Jeff Porcaro, John Keane, Nigel Olsson
Guitar– Jay Graydon, Larry Carlton
Horns [Tower Of Power Horn Section]– Emilio Castillo, Greg Adams, Lenny Pickett, Mic Gillette, Steve Kupka
Keyboards– David Foster, Tom Keane
Percussion– Victor Feldman, Willie Ornclas
Synthesizer– David Foster, Tom Keane
Written-By– B.J. Cook Foster* (tracks: A2, B5), Dwayne Ford (tracks: B2), John Keane (tracks: A4), Tom Keane (tracks: A1 to B1, B3 to B5)

Sherry

デビュー曲、シングル(米国84位)
Words & Music by Dwayne Ford

God Loves Little Girls 


Amy (Show The World You're There)

Featuring Jay Graydon on guitar.
.....................................................................................................................

兄弟ユニットが79年にリリースした2ndアルバム。ラモン・ドジャー、デヴィッド・フォスターがプロデュースを担当。
「モータウンサウンドを演りたかった」という本人たちの証言にもあるように、プロデューサーのラモント・ドジャーをはじめ、ジェイムズ・ギャドソンら往年のサポート。デイヴィッド・フォスターやデイヴィッド・ペイチらによる柔軟ながらも強力な仕上がり。リオン・ウェアの名曲「I Wanna Be Where You Are」も、若き二人の気迫みなぎる情熱たっぷりの好カヴァー。本作では、ラモン・ドジャーがメインのプロデュース。フォスターは2曲制作しただけに止まっている。


1978年
The Keane Brothers
"Taking Off"
SIDE-A
1.Is Love Not Enough
2.Dancin' In The Moonlight
3.You're Running Away
4.Contract On Love
5.One Thing On My Mind

SIDE-B
1.Taking Off
2.Pure Love
3.I Wanna Be Where You Are
4.Rain Or Shine
5.Candy

Producer – Lamont Dozier/David Foste(A!、A5), David Paich(A!、A5)

Bass– Ed Watkins
Drums– James Gadson, Rick Calhoun
Guitar– David T. Washington
Keyboards– David Foster, David Paich, Ron Coleman, Tom Keane
Percussion– Paulinho Da Costa
Synthesizer– Tom Keane
Arranged By[Strings & Horns]– Hence Powell
Backing Vocals– Julia Tilman Waters, Luther Waters, Maxine Willard Waters, Oren Waters

注意.........................................................................................
クレジットには「David T. Washington」という名が。実はこんなギタリストはこの世に存在せず。やはりDavid Tの参加が判明。という曰く付きのアルバム。
.......................................................................................................

Is Love Not Enough

Producer – David Foster/David Paich
Written-By – David Paich

One Thing On My Mind

Producer – David Foster/David Paich
Written-By – David Foster, David Paich

I Wanna Be Where You Are


........................................................................................................................................

ここから"The Keane Brothers"解散~"Keane"へと再結成。

以後、80年代以降はスタジオにてセッション・ミュージシャンとしても大活躍した彼らですが、この兄弟はKeane Brothers名義で2枚のアルバムを残しグループ解散、後も持ち前の抜群なテクが買われ様々なアーティストのサポートで活躍。それから2年を経た1981年、この2人は、高校生になりKeaneというバンドを組みます(英国の同名バンドは全く別です)。兄貴のTom Keaneは17歳、弟のJohn Keaneは16歳。その2人にバンドメンバーとして、ベースにMike Millwood、ギターにMark Moulinというベテランを迎えて4人編成のバンドとして再スタートを切った彼らの再デビュー作。プロデュースは成長したトム・キーン(それでもまだ17歳!)自身が手がけており、演奏もほとんどメンバーだけでこなしている。このアルバムは日本のみのリリースで活動拠点の米国では未発売です。当時はレコードで長らくCD化されませんでしたが2001年に初のCD化く店頭で見つけて即買い。全体的にメロディーラインやアレンジなどの曲構成が初期のTOTOに類似してることは否めません。しかし爽やかPOPS~激渋バラードまで洗練された都会派POPSの名盤です。


邦題は『ドライヴィング・サタディ・ナイト』(1981年)
Keane - Keane (1981)
01. Tryin' To Kill a Saturday Night
02. Bad Little Baby Girl
03. You Got The Better Of Me
04. Kill or be Killed
05. My Special Way
06. Baby I'm Dead
07. I Love my Life
08. Anything Less Than Love
09. Lorelei
10. Judy

Tom Keane - vocals, guitars
John Keane - drums, percussion
Mark Moulin - guitars, backing vocals
Mike Millwood - bass, backing vocals

Tryin' To Kill a Saturday Night


Bad Little Baby Girl


Judy


.......................................................................................................................

翌1982年に2枚目のアルバム『Today,Tomorrow And Tonight』をリリース、TOTOの ジェフ・ポーカロが大絶賛し彼らのサウンドは、爽快なウエスト・コースト産ポップ・ロックの一級品。!そのときメンバー・チェンジによって新たに加入したベーシストは、後にChicagoへヴォーカリストとして加入するJason Scheffがベーシストで加入してました。このあたりの人脈からも彼らのサウンドが想像できるだろう。この『Today,Tomorrow And Tonight』を最後にバンドは解散。

Keane - Today,Tomorrow And Tonight(1982)
1. Oh Oh Oh
2. My Kind
3. Don´t Make Me Love You
4. I Can See You
5. Tomorrow Is Today
6. It´s All Over
7. I´m Ready Tonight
8. Mindreader
9. You Don´t Have To
10. One Too Many Lovers

Produced by Tom Keane & Gary Lubow

John Keane : Drums & Percussion
Jason Scheff : Bass & Vocals
Tom Keane : All Keyboards & Vocals
Mark Moulin : Guitars & Vocals

Oh Oh Oh


I Can See You



It´s All Over

....................................................................................................................................................

若くして才能が有り、周りからの高評価も得、前途洋々かと思われた兄弟でしたが以降表舞台での際立った成功は無く、Keane 解散後、冒頭で記載してあります通り、Johnはスタジオ・ミュージシャン、プロデューサーとしては幅広く活躍、Tomはソングライターとして活躍、2000年代に入ってからはトムのリーダー作がリリースされたりしている。
.................................................................................................................................................

キーン・ブラザーズ(生産限定紙ジャケット仕様)
ヴィヴィド・サウンド
2011-05-18
キーン・ブラザーズ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by キーン・ブラザーズ(生産限定紙ジャケット仕様) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テイキング・オフ(生産限定紙ジャケット仕様)
ヴィヴィド・サウンド
2011-05-18
キーン・ブラザーズ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by テイキング・オフ(生産限定紙ジャケット仕様) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Keane
クール・サウンド
2014-11-26
キーン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Keane の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Today Tomorrow & Tonight
2001-04-08
Keane Brothers

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Today Tomorrow & Tonight の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック