ステファン・ビショップ(Stephen Bishop)-1976年、1978年

ステファン・ビショップ
(Stephen Bishop)
1951年生まれ
カリフォルニア州 サンディエゴ出身
シンガーソングライター/歌手/作曲家/ミュージシャン
14歳でバンドを結成。以後、ロサンゼルスでシンガー・ソングライターとして活動。その下積み生活の中で、いろいろな人と出会い、その中の一人にキャス・エリオットの実妹で、当時は高名なドラマーであるラス・カンケルの妻として知られたリア・カンケルと出会い親交を深めていき、その後、Stephen Bishopは、リア・カンケルとの共作「Under The Jamaican Moon」をニック・デカロのアルバム『Italian Graffiti』(1974)に提供。そして、リア・カンケル仲立ちにより、彼女自身もバック・ヴォーカルで参加したアート・ガーファンクルのアルバム『Breakaway』(1975)にステファン・ビショップが書いた、「Lookin' for the Right One」、「Same Old Tears On A New Background」の2曲を取り上げられ、さらに、アルバムのセッションに参加、またアート・ガーファンクルのライヴ・ツアーに参加などでその才能を認められるなど着実に実績を積んでいきます。abcレコード(abc Recordsは1979年にはMCAに買収されて消滅してしまうのです・・・) からのオファーを受け、シンガー・ソング・ライターとして1976年アルバム『Careless』でレコード・デビューします。「雨の日の恋(セイヴ・イット・フォー・ア・レイニー・デイ)」「オン・アンド・オン」のヒット曲が生まれ、人気を得る。その後、順調にアルバムを発表する傍ら次第に映画音楽を手掛けるようになります。ジョン・ベルーシ主演、ジョン・ランディス監督作品『National Lampoon's Animal House』(1978年公開)、1985年には、映画「ホワイトナイツ・白夜(White Nights)」の主題歌、「セパレート・ライブス(Separete Lives)」の作曲(歌はフィル・コリンズとマリリン・マーティン)で、全米No.1を獲得。近年もブラジル音楽に影響された作品を作ったり、日本でライブを行うなど活動を続けている。2016年スタジオ・レコーディングによる新作アルバム「ブルー・プリント」をリリースしており、Stephen Bishop自身のコメントによれば最高傑作の中の1枚だという(残念ながら、まだ聴いておりません)。

今回、1976年の1st"Careless"、1978年の2nd"Bish"の2作品紹介
.....................................................................................................................................................................

1976年に発表したデビュー・アルバム 『Careless/ケアレス』にはギターにエリック・クラプトン、ラリー・カールトン、リー・リトナー、アンドリュー・ゴールド、ジェイ・グレイドンほか、キーボードにはラリー・ネクテル、クレイグ・ダージ、ヴィブラフォンとオルガン、パーカッションにジャズの世界では有名なヴィクター・フェルドマン、ドラムスがジム・ゴードン、ラス・カンケル、コーラスにアート・ガーファンクル、チャカ・カーン、リア・カンケル……と等豪華なメンバーが集まった。しかし、本作の主役はあくまでもStephen Bishop。ソングライターとしての才能の豊かさと、それを見事に表現する味わい深い歌こそが本作の最大の魅力です。さらにStephen Bishopの楽器の使い方が絶妙です。

1976
Stephen Bishop
"Careless"
1.On And On
2.Never Letting Go
3.Careless
4.Sinking In An Ocean Of Tears
5.Madge
6.Every Minute
7.Little Italy
8.One More Night
9.Guitar Interlude
10.Save It For A Rainy Day
11.Rock And Roll Slave
12.The Same Old Tears On A New Background

Producer/Henry Lewy, Stephen Bishop

Personnel
Stephen Bishop – lead & background vocals, acoustic guitar, trombone
Barlow Jarvis – acoustic piano, electric piano
Art Garfunkel - vocals, background vocals
Chaka Khan – vocals, background vocals
Mac Cridlin – bass
Reinie Press – bass
Jim Gordon – drums
Larry Brown – drums
Victor Feldman – organ, percussion, vibes, marimba
Eric Clapton – electric guitar, slide guitar
Larry Carlton – acoustic guitar
Andrew Gold – electric guitar
Jay Graydon – electric guitar, acoustic guitar
Lee Ritenour – acoustic guitar
Max Bennett – bass
John Guerin – drums
Alan Lindgren – synthesizer
Jeffrey Staton – bass, electric guitar
Michael Staton – steel guitar
Craig Doerge – electric piano
Larry Knechtel - electric piano, organ
Russ Kunkel – drums
Leah Kunkel – background vocals
Ray Pizzi – saxophone
Tommy Tedesco – mandolin
Steve Paietta – accordion
Ian Freebairn-Smith – string arrangements, horn arrangements, woodwind arrangements
Lee Holdridge – string arrangements

On And On

全米チャート第11位。Kenny Rankinのカヴァーも有名。

Never Letting Go

Phoebe Snowの4thアルバム『Never Letting Go』のタイトル曲としてのカヴァーも有名。

Careless

Stephen Bishop はトロンボーンの演奏 も ・・・・。Art Garfunkelがバック・ボーカルで参加。

Sinking in an Ocean of Tears

Eric Clapton、Jay Graydonが参加。

Little Italy

Larry Carlton参加。Chaka Khanのボーカルも・・・・・・・・。

Save It for a Rainy Day

Chaka Khan、Eric Clapton参加。シングルとして全米チャート22位。Four Topsがカヴァー。

The Same Old Tears on a New Background

Art Garfunkelへの提供曲(アルバム『Breakaway』収録)のセルフカヴァー。
...................................................................................................................................................

1978年発表の2ndアルバム「Bish(邦題;:水色の手帖)」は、自らのプロデュースのもと、 自分の愛称(Bish)をタイトルにしました。本アルバムの収録には、ビッグ・アーティストが多数協力し、,エレクトリック&アコースティック・ピアノで、デイヴィッド・フォスター。ストリング・アレンジ、指揮で、マーティ・ペイチ。アート・ガーファンクル、マイケル・マクドナルド、スティーヴ・ポーカロ、チャカ・カーンなど多数参加。

1978
Stephen Bishop
"Bish"
1. If I Only Had A Brain
2. Losing Myself In You
3. Looking For The Right One
4. Everybody Needs Love
5. A Fool At Heart
6. What Love Can Do
7. Vagabond From Heaven
8. Bish's Hideaway
9. Only The Heart Within You
10. Recognized
11. I've Never Known A Nite Like This
12. When I Was In Love

Produce/Stephen Bishop
........................................................
A1
If I Only Had A Brain
Acoustic Guitar – Stephen Bishop
Bass – Ray Brown

A1.If I Only Had a Brain &A2.Losing Myself in You


A2
Losing Myself In You
Acoustic Guitar – Stephen Bishop
Backing Vocals – Michael McDonald
Bass – David Hungate
Drums – Rick Schlosser
Piano – David Foster
Synthesizer – Greg Phillinganes
............................................................................

A3.Looking For The Right One

Acoustic Guitar – Stephen Bishop
Bass – David Hungate
Drums – Rick Schlosser
Electric Piano – John Jarvis
Piano – David Foster
Strings – Marty Paich

A4.Everybody Needs Love(1978年全米32位)

Acoustic Guitar – Stephen Bishop
Backing Vocals – Leah Kunkel
Bass – Nathan Watts
Electric Piano – John Jarvis
Guitar – Michael Sembello, Ray Parker Jr.
Synthesizer – Greg Phillinganes

A6.A Fool At Heart

Backing Vocals – Chaka Khan. Natalie Cole
Bass – David Hungate
Drums – Rick Schlosser
Electric Piano – Bill Payne
Guitar – Steve Cropper

B3.Bish's Hideaway

Acoustic Guitar – Stephen Bishop
Backing Vocals – Art Garfunkel
Bass – Leland Sklar
Guitar – Jeffrey Staton, Michael Staton
Synthesizer – Steve Porcaro

B4.Only The Heart Within You

Acoustic Guitar – Stephen Bishop


余談
Stephen Bishopの作った曲の中で一番好きなのは、ニック・デカロやリア・カンケルが演っている「Under The Jamaican Moon」という曲〈ニック・デカロ・ヴァージョンが最高)。 Stephen Bishop自身のアルバムで演っていないのがとても惜しいです。
........................................................................................................................................................

おまけ

Stephen Bishop「It Might Be You /君に想いを」
1982年、ダスティン・ホフマン主演のコメディー映画、「トッツィー(Tootsie)」の主題歌としてヒットした、心に響くラブソングです。
Stephen Bishop - It Might Be You

"It Might Be You" from soundtrack album "Tootsie"
1983年Bllboard Hot100 最高位25位
...................................................................................................................................................


彼のアルバムの曲は多くのアーティストに提供。ソングライターとしての方が良く知られているかもしれない。

一部です

Art Garfunkel – "Looking for the Right One", "The Same Old Tears on a New Background", "Sail on a Rainbow", "One Less Holiday", "Slow Breakup", "King of Tonga", "If Love Takes You Away"
Barbra Streisand – "One More Night"
Eric Clapton – "Holy Mother"
Four Tops – "Save It for a Rainy Day"
Helen Reddy – "One More Night"
Phil Collins & Marilyn Martin – "Separate Lives"
Johnny Mathis – "One More Night", "Let Your Heart Remember"
Kenny Loggins – "Give It Half a Chance"
David Crosby – "Natalie"
Luciano Pavarotti – "Holy Mother"
Steve Perry – "Donna Please"
Phoebe Snow – "Never Letting Go"
Stephanie Mills – "Give It Half a Chance"
Kenny Rankin – "On and On"
Yvonne Elliman – "Sailing Ships" など他
.........................................................................................

Albums
Careless (1976)
Bish (1978)
Red Cab to Manhattan (1980)
Sleeping with Girls (1985; Asia only)
Bowling in Paris (1989)
Blue Guitars (1996; released in 1994 in Japan with different tracks and cover)
Happy Bishmas (2002; re-released in 2003 with different cover)
Yardwork (2002; released in Japan with different cover)
The Demo Album 1 (2003)
The Demo Album 2 (2003)
Fear of Massage: Demo 3 (2003)
Stephen Bishop Live (Live in Japan) (2006; Japan only)
America & Friends: Live at the Ventura Theater (2007; Japan only)
Saudade (2007; Target-only release. Re-released worldwide as Romance in Rio)
Romance in Rio (2008)
Be Here Then (2014)
Stephen Bishop Live (2014)
Blueprint (2016)
.............................................................................................................

Stephen Bishop (Rock) ステファンビショップ / Careless 【SHM-CD】
HMV&BOOKS online 1号店
基本情報ジャンルロックフォーマットSHM-CDレーベルユニバーサル発売日2012年06月27日商品番


楽天市場



Stephen Bishop (Rock) ステファンビショップ / Bish: 水色の手帖 【SHM-CD】
HMV&BOOKS online 1号店
基本情報ジャンルロックフォーマットSHM-CDレーベルユニバーサル発売日2012年06月27日商品番


楽天市場






【メール便送料無料】Stephen Bishop / Millennium Collection (輸入盤CD)(スティーブン・ビショップ)
あめりかん・ぱい
2002/11/12 発売輸入盤収録曲:1. On And On (77/11)2. Never L


楽天市場



【送料無料】 Stephen Bishop (Rock) ステファンビショップ / Sleeping With Girls 輸入盤 【CD】
HMV&BOOKS online 1号店
基本情報ジャンルロックフォーマットCDレーベルVivid発売日2010年10月20日商品番号VSCD


楽天市場

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

メテオ
2016年10月31日 19:29
経歴から詳しく書かれていて、いつも大変参考になります。
Stephenのアルバムのなかでは唯一『Bowling in Paris』をもってます。
JAMES TERRA
2016年11月01日 11:26
メテオ様
コメントありがとうございます。
Stephen Bishopのデビュー前のニック・デカロの1974年のアルバム『Italian Graffiti』に収録の「Under The Jamaican Moon」が気になってお気に入りの曲でした。そこで、初めてStephen Bishopの存在を知ったのがきっかけです。アルバムは『Bowling in Paris』は所持してませんが、あと数枚もっていますので今後機会かあればまた紹介しますので・・・・・・。

この記事へのトラックバック