ジェリー・ジェフ・ウォーカー(Jerry Jeff Walker)-"Mr. Bojangle"1968

ジェリー・ジェフ・ウォーカー
(Jerry Jeff Walker)
出生名:Ronald CLyde Crosby
1942年生まれ
ニューヨーク出身
カントリー・ミュージック・シンガー兼ソングライター
グリニッジ・ビレッジのフォークシーンで活動の後、「サーカス・マキシマム」というフォークロックのバンドを結成。アルバムを2枚リリース。その後解散し、ギタリストのデビッド・ブロムバーグと組んでソロ活動を開始。放浪の旅の末にテキサスに流れ着いた、テキサスに定住してからは、ウィリー・ネルソンやウェロン・ジェニングス辺りと並ぶ、レッド・ネック・ロックの代表的ミュージシャンとして、現在も現役で活動中。代表的なものだけでも、1972年の『Jerry Jeff Walker』、1973年の『Viva Terlingua』、1975年の『Ridin' High』、1976年の『It's a Good Night for Singin' 』などがあります。
...............................................................................................................................................
「ミスター・ボージャングル」(Mr. Bojangles)について
この歌が広く知られるようになったのは、ニッティ・グリティ・ダート・バンドがカバーして、全米ベストテンに入る大ヒットしたのがキッカケ。 「ミスター・ボージャングル」(Mr. Bojangles)は、主に1920年代に活躍した名ボードビリアン、「ビル・ロビンソン」 (Bill Robinson:1878-1949) のことですが、ビル・ロビンソンは 「ボージャングル」 の愛称でよばれた実在の人物だが、ジェリー・ジェフ・ウォーカーが歌った 「ミスター・ボージャングル」 は、それとは別人。ジェリー・ジェフは、アルバム 「果てしなき旅路/A Man Must Carry On'」 (1977) に収められたニューオリンズでのライブ録音で、「この歌は、ここからほんの 2ブロック先の監獄で書いたものです」 と語っている。ニューオリンズを放浪していたとき、ジェリー・ジェフは酔っ払ってブタ箱に放り込まれた。そのブタ箱にいた先客が、一人の年老いたボードビリアンと知り合い、ボージャングルと名乗るその老人の話を聞いて作られたのが名曲「ミスター・ボージャングル」。このタイトル曲をHarry Nilssonや、John Denverは1970年のアルバム”Whose Garden Was This"、 Nina Simoneは1971年のアルバムム”Here Comes The Sun"、Sammy Davis Jr 1972年のアルバム”It's a Musical World in" に曲を収録。そしてそして、なんとボブ・ディランまでカバーしています。
..............................................................................................................................................................

Mr. Bojangles by Jerry Jeff Walker
超がつくほどの名曲「ミスター・ボージャングルズ/Mr. Bojangles」を収録したの1968年のソロ・デビュー・アルバムにして名盤「ミスター・ボージャングルズ/Mr. Bojangles」。メロディアスでグルーヴィーなフォーク・ロック「Round And Round」や「Maybe Mexico」、ぬくもりと優しさに満ちた「Little Bird」や「Broken Toys」、「My Old Man」、迫り来るような緊張感が漲る長尺ナンバー「The Ballad Of The Hulk」等を収録。

1968
Jerry Jeff Walker
"Mr. Bojangles"
1.Gypsy Songman(Jerry Jeff Walker)
2.Mr. Bojangles (Jerry Jeff Walker)
3.Little Bird (Jerry Jeff Walker)
4.I Makes Money (Money Don't Make Me) (Jerry Jeff Walker)
5.Round And Round (Jerry Jeff Walker)
6.I Keep Changin' (Jerry Jeff Walker)
7.Maybe Mexico (Jerry Jeff Walker)
8.Broken Toys(Jerry Jeff Walker)
9.The Ballad Of The Hulk(Jerry Jeff Walker)
10.My Old Man(Jerry Jeff Walker)

Producer – Dan Elliot, Tom Dowd

Vocals, Guitar – Jerry Jeff Walker
Acoustic Bass – Ron Carter
Dobro – Danny Milhon
Drums – Bill Lavorgna
Electric Bass – Gerald Jermott*
Electric Bass, Acoustic Bass – Bobby Cranshaw*
Fiddle, Mandolin – Jody Stecher
Harp – Donny Brooks*
Lead Guitar, Electric Guitar – David H. Bromberg*
Piano, Organ – Gary Illingworth

Gypsy Songman


Mr. Bojangles


Little Bird


Round And Round


Maybe Mexico


Broken Toys


The Ballad of the Hulk


My Old Man

............................................................................................................................

おまけ

1970年代前半に発表した自分のアルバムで、「L.A. Freeway」、「That Old Time Feeling」、「Desperados Waiting For The Train」といったガイ・クラークの曲を相次いで取り上げていました。激しく心を揺さぶるすごい曲ばかりだったので貼り付けしておきますす。

(RIP Guy Clark, May 17, 2016)

Desperados Waiting For A Train


L.A. Freeway

Album: Jerry Jeff Walker
Year: 1972

That Old Time Feeling

...............................................................................................................................
【中古】 ミスター・ボージャングル /ジェリー・ジェフ・ウォーカー 【中古】afb - ブックオフオンライン楽天市場店
【中古】 ミスター・ボージャングル /ジェリー・ジェフ・ウォーカー 【中古】afb - ブックオフオンライン楽天市場店



【輸入盤CD】【ネコポス100円】Jerry Jeff Walker / Viva Terlingua (ジェリー・ジェフ・ウォーカー) - あめりかん・ぱい


Ridin' High【中古】 - グローバルメディアデリバリー
Ridin' High【中古】 - グローバルメディアデリバリー

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック