ラリー・ゴールディングス(Larry Goldings)

ラリー・ゴールディングス
(Larry Goldings)
1968年生まれ
マサチューセッツ州ボストン出身
ジャズ・ ピアニスト/オルガン奏者/編曲家/作曲家。
ジャズ・ピアニストとして活動を始め、オルガン・プレイヤーとしてはメイシオ・パーカーとのソウルフルな演奏が注目、ジョン・スコフィールド、パット・メセニー、マイケル・ブレッカー、ジャック・ディジョネット、ジェームス・テイラーといった著名なアーティスト達と共演。近年は西海岸に移り住み、ジェームス・テイラーとのコラボレーションが多く、テイラーの近作にはオリジナル楽曲の提供も行っている。自身のリーダー作として15枚以上のアルバムをリリースし数えきれないほどのレコーディングで作曲、アレンジを提供。 自身のオルガン・トリオ(ピーター・アースキン、ビル・スチュワート)を率いるほか、2007年にはジョン・スコフィールド、ジャック・ディショネットとのアルバム『Trio Beyond』(ECM)でグラミー賞・最優秀ジャズ・アルバムにノミネートされている。
...........................................................................................................................................
Maceo Parker/Mo' Roots (1991)
私がラリー・ゴールディングスの鍵盤を初めて聴いたのは、間違いなくこれ。JB'sの中心人物 Maceo Parker (メイシオ・パーカー)の1991年のアルバム「Mo' Roots」。盟友Fred Wesley(フレッド・ウェスリー)、Pee Wee Ellis(ピー・ウィー・エリス)と組んだ、ジャズ寄りのソロ2作。Maceo Parker (メイシオ・パーカー)、Fred Wesley(フレッド・ウェズリー)、Pee Wee Ellis(ピー・ウィー・エリス)の3人は60年代から70年代にかけてジェイムス・ブラウンのバック・バンドである JB'sの中心人物。ドラムのBill Stewart、オルガンのLarry Goldings(ラリー・ゴールディングス)、ベースはいないようで、オルガンがベースパートを弾いています。そしてMaceo Parker の脇を固めるのが、トロンボーンの Fred Wesley、テナーサックスのPee Wee EllisというJB'sの二人。

1991
Maceo Parker
"Mo' Roots"
1."Hallelujah, I Love Her So"(3:58)
2."Chicken"(8:19)
3."Let's Get It On"(7:46)
4."Hamp's Boogie Woogie"(6:16)
5."Fa Fa Fa (The Sad Song)"(4:50)
6."Jack's Back"(5:42)
7."Sister Sadie"(5:27)
8."Daddy's Home"(6:02)
9."Down By The Riverside"(6:36)
10."Southwick"(9:06)

Producer Stephan Meyner, Maceo Parker

Personnel
Maceo Parker(Alto Sax),
Pee Wee Ellis(Tenor Sax),
Steve Williamson(Alto Sax),
Fred Wesley(Trombone),
Larry Goldings(Keyboards)
Rodney Jones(Guitar)
James Madison, Bill Stewart(Drums)
Kym Mazelle(Vocals)

2."Chicken"(Pee Wee Ellisの名曲)


6."Jack's Back"


10."Southwick"

.........................................................................................................................................................
ラリー・ゴールディングスのアルバムコレクションを一枚紹介します。2014年の作品"Ramshackle Serenade"、ラリー・ゴールディングス、ピーター・バーンスタイン、ビル・スチュワートによるオルガントリオ、録音場所をドイツに移しての本作。ゴールディングス曲が3曲、バーンスタイン曲が2曲、ビルスチュ曲が1曲と、ジョビンの「Luiza」、スタンダードの「Sweet and Lovely」、ホレス・シルヴァーの「Peace」で全9曲。

2014
Larry Goldings, Peter Bernstein & Bill Stewart
"Ramshackle Serenade"
1. Roach
2. Luiza
3. Simple as That
4. Ramshackle Serenade
5. Mr. Meagles
6. Sweet and Lovely
7. Blue Sway
8. Useless Metaphor
9. Peace

Larry Goldings(Or)
Peter Bernstein(G)
Bill Stewart(Ds)

1. Roach


2. Luiza


3. Simple as That


4. Ramshackle Serenade


5. Mr. Meagles


6. Sweet and Lovely


7. Blue Sway


8. Useless Metaphor


9. Peace

..........................................................................................................
2011年、ラリー・ゴールディングスの自己名義のセカンド・ピアノ・ソロ・アルバム『In My Room": ビューティフル ドリーマー(夢見る日地)』。間奏4曲を除いてラリーのオリジナルが5曲、ブライアン・ウィルソン「In My Room」、ジョニ・ミッチェル「All I Want」、レノン&マッカートニー「Here, There and Everywhere」、フォスター「Beautiful Dreamer」、そして大リーグ中継でお馴染みの「Take Me Out To The Ballgame」などなど。全21曲収録。LAのラリーの自宅に、器材それも2トラックのアナログ・テープ・レコーダーなんかをもちこんでラリーの部屋で録音。

2011
Larry Goldings
"In My Room": ビューティフル ドリーマー(夢見る日地)
1. In My Room
2. Beautiful Dreamer
3. Crawdaddy
4. Interlude No. 1
5. Take Me Out To The BallGame
6. The Flower Song
7. All I Want
8. Roach
9. Maybe
10. All My Born Days
11. Interlude No. 2
12. Everything Happens To Me
13. A Rose For Emily
14. Libre
15. Interlude No. 3
16. The Wedding
17. Interlude No. 4
18. Here, There And Everywhere

Producer, Photography By – Richard Goodman

Larry Goldings-piano,Hammond B3 organ(6,13),Hohner accordion(6
Steinway & Sons O(1913) 1-5,7,9,11,12,15,17,18
Mason & Hamilin BB 7'Grand(1915) 8,9,14,16
Wing & Sons upright(1917) 6,10,13

1. In My Room

美しいメロディです。ビーチボーイズのサウンドからこのメロディ抽出している

2. Beautiful Dreamer

フォスターの曲

3. Crawdaddy

Larry Goldings 、オリジナルでゴスペル調

4. Interlude No. 1


5. Take Me Out To The BallGame

私を野球に連れてって(アメリカの古いノベルティソング。1908年に作曲され、以来野球文化圏の野球ファンの愛唱歌となっている。)

6. The Flower Song


7. All I Want

ジョニー・ミッチェルの曲

8. Roach


9. Maybe


10. All My Born Days


11. Interlude No. 2


12. Everything Happens To Me


13. A Rose For Emily


14. Libre


15. Interlude No. 3


16. The Wedding


17. Interlude No. 4


18. Here, There And Everywhere

.......................................................................................................................

おまけPart1
2006年3月からジェイムス・テイラーの「One Man Band Tour」をスタート。「 One Man Band」の名の通り、ピアニストとしてラリー・ゴールディングスただ1人が参加しているのみで、あとはジェイムス・テイラーの歌とアコースティック・ギターのみによる2人だけのツアー。
James Taylor - Sweet Baby James 2

James Taylor - One Man Band(2007)
Larry Goldings on piano, organ, and bass.

おまけPart2
Steve Gadd Band - Live in Budapest 2015

Steve Gadd - drums
Larry Goldings - keyboard
Jimmy Johnson - bass
Michael Landau - guitar
Walt Fowler - trumpet, horn

00:00 - The Long Way Home
07:17 - Green Foam
16:53 - Ask Me
25:21 - Way Back Home
35:18 - Duke's Anthem
43:57 - Elegant Squares
50:05 - Blues For...

おまけPart3
Live @ the Village vanguard on November 13, 2013
Larry Goldings, Peter Bernstein and Bill Stewart

Larry Goldings - Organ
Peter Bernstein- Guitar
Bill Stewart- Drums

1. Simple as that 00:00
2. Nobody else but me 08:48
3. The Acrobat 20:06
4. The danger zone 32:30
5. Dragonfly 41:50
6. Just in time 53:07
7. Jive Coffee (Tea for two)1:02:20
.......................................................................................................................
Maceo Parker /Mo' Roots
【輸入盤CD】Maceo Parker / Mo Roots (マセオ・パーカー) - あめりかん・ぱい
【輸入盤CD】Maceo Parker / Mo Roots (マセオ・パーカー) - あめりかん・ぱい

Ramshackle Serenade - Goldings, Bernstein, Stewar
Ramshackle Serenade - Goldings, Bernstein, Stewar


【輸入盤】In My Room (Digi) [ Larry Goldings ] - 楽天ブックス
【輸入盤】In My Room (Digi) [ Larry Goldings ] - 楽天ブックス

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック