ラリー・ゴールディングス(Larry Goldings)

ラリー・ゴールディングス
(Larry Goldings)
1968年生まれ
マサチューセッツ州ボストン出身
ジャズ・ ピアニスト/オルガン奏者/編曲家/作曲家。
ジャズ・ピアニストとして活動を始め、オルガン・プレイヤーとしてはメイシオ・パーカーとのソウルフルな演奏が注目、ジョン・スコフィールド、パット・メセニー、マイケル・ブレッカー、ジャック・ディジョネット、ジェームス・テイラーといった著名なアーティスト達と共演。近年ではジェームス・テイラーとのコラボレーションが多く、テイラーの近作にはオリジナル楽曲の提供も行っている。自身のリーダー作として15枚以上のアルバムをリリースし数えきれないほどのレコーディングで作曲、アレンジを提供。 自身のオルガン・トリオ(ピーター・アースキン、ビル・スチュワート)を率いるほか、2007年にはジョン・スコフィールド、ジャック・ディショネットとのアルバム『Trio Beyond』(ECM)でグラミー賞・最優秀ジャズ・アルバムにノミネートされている。
...............................................................................................................................................................................

Maceo Parker/Mo' Roots
私がラリー・ゴールディングスの鍵盤を初めて聴いたのは、間違いなくこれ。JB'sの中心人物 Maceo Parker (メイシオ・パーカー)の1991年のアルバム「Mo' Roots」。盟友Fred Wesley(フレッド・ウェスリー)、Pee Wee Ellis(ピー・ウィー・エリス)と組んだ、ジャズ寄りのソロ2作。Maceo Parker (メイシオ・パーカー)、Fred Wesley(フレッド・ウェズリー)、Pee Wee Ellis(ピー・ウィー・エリス)の3人は60年代から70年代にかけてジェイムス・ブラウンのバック・バンドである JB'sの中心人物。ドラムのBill Stewart、オルガンのLarry Goldings(ラリー・ゴールディングス)、ベースはいないようで、オルガンがベースパートを弾いています。そしてMaceo Parker の脇を固めるのが、トロンボーンの Fred Wesley、テナーサックスのPee Wee EllisというJB'sの二人。

1991
Maceo Parker
"Mo' Roots"
1."Hallelujah, I Love Her So"(3:58)
2."Chicken"(8:19)
3."Let's Get It On"(7:46)
4."Hamp's Boogie Woogie"(6:16)
5."Fa Fa Fa (The Sad Song)"(4:50)
6."Jack's Back"(5:42)
7."Sister Sadie"(5:27)
8."Daddy's Home"(6:02)
9."Down By The Riverside"(6:36)
10."Southwick"(9:06)

Personnel
Maceo Parker(Alto Sax),
Pee Wee Ellis(Tenor Sax),
Steve Williamson(Alto Sax),
Fred Wesley(Trombone),
Larry Goldings(Keyboards)
Rodney Jones(Guitar)
James Madison, Bill Stewart(Drums)
Kym Mazelle(Vocals)

Chicken(Pee Wee Ellisの名曲)


Jack's Back


Southwick


.........................................................................................................................................................

ラリー・ゴールディングスのアルバムコレクションを一枚紹介します。

2014年の作品、ラリー・ゴールディングス、ピーター・バーンスタイン、ビル・スチュワートによるオルガントリオ、録音場所をドイツに移しての本作。ゴールディングス曲が3曲、バーンスタイン曲が2曲、ビルスチュ曲が1曲と、ジョビンの「Luiza」、スタンダードの「Sweet and Lovely」、ホレス・シルヴァーの「Peace」で全9曲

Larry Goldings, Peter Bernstein & Bill Stewart
"Ramshackle Serenade"
1. Roach
2. Luiza
3. Simple as That
4. Ramshackle Serenade
5. Mr. Meagles
6. Sweet and Lovely
7. Blue Sway
8. Useless Metaphor
9. Peace

Larry Goldings(Or)
Peter Bernstein(G)
Bill Stewart(Ds)

The Recording Sessions

.......................................................................................................................

おまけPart1

Larry Goldings -School Song /James Taylor- Country Road (Live)

James Taylor - One Man Band(2007)


おまけPart2

Steve Gadd playing Chega De Saudade

Larry Goldings in the Hammond Organ B3, Steve Gadd on drums

............................................................................................................................
Maceo Parker /Mo' Roots

Mo Roots
Minor Music
2008-10-14
Maceo Parker

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Mo Roots の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


Larry Goldings, Peter Bernstein & Bill Stewart
"Ramshackle Serenade

Ramshackle Serenade
Pirouet Records
2014-05-27
Goldings

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Ramshackle Serenade の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Intimacy of the Blues
Minor Music
2011-05-10
Larry Trio Goldings

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Intimacy of the Blues の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Sweet Science
Palmetto Records
2002-07-02
Larry Goldings

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Sweet Science の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Whatever It Takes
Rhino/Warner Bros.
2009-04-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Whatever It Takes の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック