エリック・ジョンソン(Eric Johnson)ー1990年、2005年

エリック・ジョンソン
(Eric Johnson)
1954年生まれ
テキサス州オースティン出身
ギタリスト、作曲家、音楽家
15歳でMarianiというバンドで最初のレコーディングを経験、’74年地元のエレクトロマグネッツに参加、’75年インディーズ・レーベルEGMよりエレクトロマグネッツでレコード・デビュー(’98年Rhinoより2曲のライヴ・テイクを加えCD化)。’77年ソロ・アルバムをレコーディング。幻のデビュー作となってしまった(レコーディングから20年を経た’98年にArk21よりCD化)。その後、セッション活動を中心に行われ、キャット・スティーヴンスのBack To Earth(’78年)、クリストファー・クロスの南から来た男(’79年)、キャロル・キングのパールズ(’80年)、『ワン・トゥ・ワン』(’82年)、スティーヴ・モーズ・バンドのスタンド・アップ(’85年)等、’85年リプリーズと契約し、翌’86年Repriseよりようやくトーンズでソロ・デビュー。1990年セカンド・アルバムAh Via Musicom(未来への扉)がリリース。アルバム2曲目の「Cliffs Of Dover」が’91年度のグラミー賞のベスト・ロック・インストゥルメンタル・パフォーマンスに輝く。’96年にようやくサード・アルバムヴィーナス・アイルをリリース。スティーヴィー・レイ・ヴォーンに捧げた「S.R.V.」が話題。また同年にはスティーヴ・ヴァイ、ジョー・サトリアニと共にG3のジョイント・ツアーに参加、翌’97年にはツアーの模様を収めたライヴ・アルバムG3 Liveがリリースされ、同年待望の来日公演が実現した。
2000年、レーベルFavored Nationsから地元テキサスのクラブでのライヴ・パフォーマンスと1曲のスタジオ・レコーディングを収録したライヴ・アンド・ビヨンドをリリース。2002年には、4作目のアルバム『Souvenir』をリリース。このアルバムは、2005年12月現在本人の公式サイトからのみ通信販売されている。 2005年に、5作目のアルバム『Bloom』をリリース。4度目のグラミー賞にノミネート。デビューから二十数年となるエリックだが、リリースされた作品はそのキャリアから考えれば本当に数少なく、彼をベスト・ギタリストに挙げる人は少なくない。記録ではなく記憶に残るギター・プレーヤー。
.........................................................................................................................................
米国や欧州ではスーパー・ギターリストとして認知されており、ソロデビューした1986年には最高に権威のある米国ギタープレイヤー誌でベストニューホープギタリストに選ばれ、1991年にはグラミー賞受賞、2005年にはフェンダー社が「エリック・ジョンソン シグネチャーストラト」を発売開始。
...................................................................................................................................................

Eric Johnson "Ah Via Musicom" は、1990年に発表されグラミー賞を受賞した2ndアルバム。
キーボードも重ねられているので、厳密に言えばトリオとは言えませんが、ライヴも基本的にトリオ。
クリストファー・クロスのファーストアルバムで印象に残るギター・ソロを聞き、クラプトンのクロスロード・フェスティバルの映像で超絶ぶりを目にしました。大半がインスト曲で、AOR風で穏やかな雰囲気の作品です。機材を徹底的にこだわったトーンは非常に美しく、多くのギタリストがエリックを参考にしたと言われてます。
主としてストラトのようですが、某動画サイトでライヴ映像を見るかぎりES-335を使おうが、SGを使おうが、基本的に同じトーンを実現しています。反対に、それぞれのギターに固有のトーンを生かすところもあり、ほんと、玄人好みの超絶ギタリストです。ロベン・フォードとブルーラインで一緒にトリオを組んでいた、凄腕ベーシストのロスコー・ベックが数曲参加しています。


1990年
Eric Johnson "Ah Via Musicom"
1. Ah Via Musicom
2. Cliffs of Dover
3. Desert Rose
4. High Landrons
5. Steve's Boogie
6. Trademark
7. Nothing Can Keep Me from You
8. Song for George
9. Righteous
10. Forty Mile Town
11. East Wes

Personnel
Eric Johnson – lead vocals (tracks 3, 4, 7, 10), guitar, piano, electric sitar, arrangement, engineering, production
Jody Lazo – vocals (tracks 7, 10)
Steven Hennig – guitar (track 5)
Steve Barber – keyboard, synthesizer, arrangement
Tommy Taylor – drums (tracks 1–7, 9–11), percussion (tracks 4, 7, 10), arrangement
Paul Bissell – percussion (track 1)
James Fenner – percussion (tracks 10, 11)
Roscoe Beck – bass (tracks 1, 3, 7, 9, 10), arrangement
Kyle Brock – bass (tracks 2–6, 11), arrangement
Reggie Witty – bass (track 7), arrangement
Wee Willie – harmonica
Vince Mariani – arrangement

Ah Via Musicom


Cliffs of Dover

[HQ Studio Version]

Nothing Can Keep Me from You

....................................................................................................................................................

2005年に、5作目のアルバム『Bloom』をリリース。
収録されている16曲は、プレリュード、クーラント、アルマンドと三部に分けられてます。プレリュードはフュージョン・ロック色の強いインストが中心。クーラントはポップな歌モノ中心。アルマンドはジャズ・フュージョン中心です。このアルバムで4度目のグラミー賞にノミネート。

3曲目、.My Back PagesはBob Dylanのカバー
12.曲目、Your Sweet EyesはShawn Colvinのコーラスが美しい
13曲目、.Hesitantは本格的なジャズ

"Bloom"
1.Bloom
2.Summer Jam
3.My Back Pages
4.Good To Me
5.Columbia
6.12 To 12 Vibe
7.Sea Secret
8.Sad Legacy
9.From My Heart
10.Cruise The Nile
11.Tribute To Jerry Reed
12.Your Sweet Eyes
13.Hesitant
14.Sunnaround You
15.Magnetized
16.Ciel

Personnel
Eric Johnson - Guitar (Acoustic), Guitar, Guitar (Classical), Piano, Pedal Steel, Composer, Vocals, Producer, Sitar (Electric), Bass, Synth, Rhodes Electric Piano
Chris Maresh - Bass
C. Roscoe Beck - Bass
Steve Barber - Acoustic Piano, Vocals, Moog Synth
Bill Maddox - Percussion, Drums
James Fenner - Percussion
Tal Bergman - Drums
Tony Phillips - Drums, Bass, Synth
Richard Mullen - Engineer
Tommy Taylor - Percussion, Drums
Tom Brechtlein - Drums
Salvatore Banzai La Rocca - Harmonica
Barry "Frosty" Smith - Drums
Jody Lazo - Vocals
Tom Burrit - Percussion
Adrian Legg - Guitar
Brad Evilsizer - Percussion
Shawn Colvin - Vocals
Rich Harvey - Acoustic Piano
Lisa Tingle - Vocals

1.Bloom


3.My Back Pages


12.Your Sweet Eyes


13.Hesitant


16.Ciel


........................................................................................................................................
PS

Trademark - 2006

Live At The Groove 2006
.................................................................................................................................

Ah Via Musicom
Capitol
1991-08-21
Eric Johnson

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Ah Via Musicom の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Bloom
Favored Nations
2005-06-14
Eric Johnson

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Bloom の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



スーヴェニール
キングレコード
2016-01-27
エリック・ジョンソン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by スーヴェニール の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Venus Isle
Capitol
1996-08-05
Eric Johnson

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Venus Isle の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



アップ・クロース(アナザー・ルック)
キングレコード
2016-01-27
エリック・ジョンソン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アップ・クロース(アナザー・ルック) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Eric Johnson Anaheim [DVD] [Import]
Vanguard Records
2009-01-19
Eric Johnson

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Eric Johnson Anaheim [DVD] [Import] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック