ボビー・チャールズ(Bobby Charles)ー1998年~2010年(Part.2)

ボビー・チャールズ
(Bobby Charles)
本名、ロバート・チャールズ・ギドリー
1938年2月21日生まれ
2010年1月14日死去、享年71歳
ルイジアナ州アブヴィル出身
シンガー・ソングライター
ウッドストックでザ・バンドのメンバーなどと共に作った知られる名盤は日本でファンが多い・・・・。
幼少期から、地元ラジオ局の黒人音楽や、フランス語を話すアケイディアン達の音楽を聞いて育ち、地元でカーディナルズというローカル・バンドへの参加。1955年からソロ活動を始め、チェス・レコードから自作シングル "See You Later Alligator" でデビュー。チェスには1957年まで在籍。一方、ロバート・ギルドリーの名でファッツ・ドミノの「Walking To New Orleans」、ビル・ヘイリーの「See You Later Alligator」、クラレンス・フロッグマン・ヘンリーの「(I Don't Know Why) But I Do」といったロックンロール曲を提供、ヒットを記録。ソングライターとしては大きな注目を浴びる。1972年にペアズヴィル・レーベルから、一時住んでいたウッド・ストックで近隣の仲間達が加わった初アルバム「Bobby Charles」を発表。この作品は、リック・ダンコとジョン・サイモンがプロデュースを担当。ザ・バンドのメンバーに加え、ドクター・ジョン、デイヴィッド・サンボーンらが参加。1976年、ザ・バンドの解散コンサート、ラスト・ワルツに参加。1978年にはリヴォン・ヘルムのRCOオールスターズの一員として来日。1987年に「Clean Water」をリリース。1990年代には、ベターデイズの2枚のアルバムをリリースするなど、マイペースな活動を続けるがライブ活動からは一層遠ざかる。2010年1月14日に自宅で倒れ死去。遺作「Timeless」はドクター・ジョンがプロデュース。
前回に引き続き、Part.2としてボビー・チャールズのアルバム1998年~2010年の作品を紹介します。

当ブログで、Part.1としてボビー・チャールズのアルバム、1972年" Bobby Charles" 、 1987年"Clean Wate"、 1995年 "Wish You Were Here Right Now"の3枚を紹介しております。よろしかったら覗いてみてください。
↓                 ↓
http://51036951.at.webry.info/201602/article_13.html
..............................................................................................................................................
"Secrets of the Heart" Bobby Charles(1998)
本作は4枚目のアルバムになるのですが、何故か?2枚目のアルバムの一部の曲とかぶっとりますが・・・・・・・。実は、彼はウッドストックでアルバムを1枚残した後、ルイジアナに戻り、ニール・ヤング,ファッツ・ドミノ、スプーナー・オールダムや地元のartist中心にjamセッションのみの音楽活動をしていたようで、それから十数年アルバムを発表してません。どうやら、その溜まった音源を自身立ち上げたレーベル、Rice and Gravyよりアルバムにしてるようです。マディ・ウォーターズもカバーした"Why Are People Like That"もいい。オールド・タイムの小粋なジャス風のアレンジでtrack:4として収録されている"But I Do"この曲はボビー自身が書いた曲(2003年、"Last Train To Memphis "にも収録)、1961年にクラレンス・フロッグマン・ヘンリーが歌って全米4位になったヒット曲、彼が書いた曲の中では"See You Later Alligator"と"Walking To New Orleans"に次ぐ有名曲。

1998
"Secrets of the Heart" (Third Vent)
1. I Can't Quit You
2. Secrets
3. Angel Eyes
4. But I Do
5. Party Town
6. I Don't Want to Know
7. Love in the Worst Degree
8. Why Are People Like That?
9. You
10. I Believe in Angels
11. Happy Birthday Fats Domino
12. Les Champs Elysee

Personnel
Bobby Charles, Charlene Howard (vocals)
Ben Keith (vocals, slide guitar, saxophone, synthesizer, bass, percussion, cow bell)
Wayne Jackson (vocals, horns)
Terry McMillan (vocals, piano, percussion)
Larry Marshall (vocals, piano)
Mike Elliot (guitar, bouzouki, synthesizer)
Sonny Landreth, Sam Broussard, Walter Jr., Derek Trucks (guitar)
Jon Smith (tenor saxophone)
Bobby Campo (trumpet, percussion)
Marshall Cyr (trumpet);
George Bitzer, Charles Cochran, Hargus Robbins (piano)
Jackie Street (bass, percussion)
David Hyde, Joe Allen (bass)
David Peters, Karl Himmel (drums)
Kenny Malone (percussion)
Tracy Nelson, Elaine Foster, Lisa Foster (background vocals)

But I Do


I Believe in Angels


Happy Birthday Fats Domino

.....................................................................................................

2003年、"Last Train To Memphis "
本作は、1975年から2001年までの間に録音した、それらの未発表曲(一部は過去に他のアーティストに提供した曲のセルフカバー)を収めたCDに、ボーナスとして既発表曲(1987年の作品「Clean Water」から6曲、1995年の「Wish You Were Here」から8曲、1998年の「Secret Of The Heart」から5曲)を集めたCDを添付して、2004年 自己のレーベルから2枚組として発売。1972年ウッドストックで、ザ・バンド、ハングリー・チャック(エイモス・ギャレットがメンバーだった)、ジョン・サイモン、Dr. ジョン等と製作したセルフタイトルのアルバムが名盤、本作を購入することで、それ以降の1980~1990年代の彼の姿をカバーすることができる。殆どの曲のバックでサニー・ランドレスがスライドを弾いており、プレイはライ・クーダー風で染みる。

2003 
"Last Train To Memphis"
Disc1
1 : Last Train to Memphis
2 : The Legend of Jolie Blonde
3 : I Spent All My Money Lovin' You
4 : Stirng of Hearts
5 : I Wonder
6 : Everyday
7 : Don't Mke a Fool of Yourself
8 : Homesick Blues
9 : Forever and Always
10 : The Sky Isn't Blue Anymore
11 : Full Moon on the Bayou
12 : What Are We Doing
13 : Sing
14 : Goin' Fishin
15 : See You Later Alligator

Disc2
1 : Not Ready Yet
2 : The Jealous Kind
3 : I Want To Be The One
4 : Walking To New Orleans
5 : I Remember When
6 : Ambushin' Bastard
7 : I Don't See Me
8 : Wish You Were Here Right Now
9 : I Can't Quit You
10 : Secrets
11 : Angel Eyes
12 : But I Do
13 : Party Town
14 : I Don't Want To Know
15 : Love In The Worst Degree
16 : Why Are People Like That?
17 : I Believe In Angels
18 : Les Champs Elysee
19 : Clean Water

Bobby Charles, Jim Bateman, Ben Keith : Producer

Vocals – Bobby Charles, Fats Domino (tracks: 2-4)
Guitar – Neil Young (tracks: 1-11, 2-3, 2-5, 2-6, 2-7), Sonny Landreth (tracks: 1-1, 1-3, 1-4, 1-7, 1-9, 1-12, 1-14, 1-15, 2-1, 2-2, 2-9, 2-14), Willie Nelson (tracks: 1-8, 1-11, 2-5, 2-6, 2-7)
Harmonica – Delbert McClinton (tracks: 1-1), Mickey Raphael (tracks: 1-8, 1-11, 2-3, 2-5, 2-6, 2-7)
Organ – Spooner Oldham (tracks: 1-13)
Piano – Clarence "Frogman" Henry (tracks: 1-11)

Last Train to Memphis


Full Moon on the Bayou


The Jealous Kind

feat. Sonny Landreth

Les Champs Elysee

From the Bobby Charles cd Clean Water.
..................................................................................................................

2008年に発表された6枚目のアルバム、"Homemade Songs"
内ジャケットにボブ・ディランが彼のために寄せた言葉があります。ニューオリンズ・ルイジアナの匂いが心地よい、アルバムは、ギターのサニー・ランドレスが大活躍、特にそのスライドギターと、バッキングのおかげで、南部の泥臭さがよく演出。参加しているのは、①②③⑥⑦⑧⑩⑭⑮。それから、ドクター・ジョンがピアノとハモンドで⑦⑩に参加。
★★
このアルバムには、ドクター・ジョンとサニー・ランドレスの二人のセッション・ミュージシャンがメッセージを寄せています。「ボビー・チャールズは真に偉大な個性的なシンガー・ソングライターの一人だ。彼はいつも本当に自然に歌っている。そして、たとえペンや鉛筆がなくても、簡単に曲を書いてしまう。わたしは彼のメロディが好きだ。まるで、彼が私の人生にいつも寄り添っていてくるかのようだ。私とボビーはよくいっしょに大笑いしたものだが、これはとても大切なことだ。ユーモアのセンスがなけりゃ、生きていけやしないからね。」(ドクター・ジョン)
★★
「B.C.が電話をくれるときはいつでも、“サニーランドから来たサニーマン”、と呼びかけてくる。その声だけで、わたしは、月が満ちて彼がまたレコーディングする準備ができたのだとわかる。そして、そのセッションは、自分にとって見のがすことできないワイルドで創造的なサーカスだと知っている。事実、彼の声、彼の曲は南ルイジアナのハート&ソウルそのものだし、いつでも彼はわたしにとって最も偉大なワールド・チャンピオンなのだ。彼をライブ・ギグに連れ出すことができたらなぁ。」(サニー・ランドレス)

2008
"Homemade Songs"
1.The Football Blues
2.Queen Bee
3.Pick of the Litter
4.But I Do
5.Cowboys and Indians
6.The Mardi Gras Song
7.Too Blue
8.The Truth Will Set You Free (Promises, Promises)
9.Homemade Songs
10.Seize the Moment
11.Rose
12.Always Been a Gambler
13.Here I Go Again
14.Tennessee Blues
15.Sweep ‘Em

Cowboys and Indians

1986年に発売された『Clear Water』に収録

Homemade Songs

未発表に終わったベアズヴィルからのセカンドに収録予定だったナンバー。フレッド・カーターJr.やスプーナー・オールダムか参加した新録バージョン。
............................................................................................

ボビー・チャールズの遺作となってしまった2010年のアルバム"Timeless"
実はこの『Timeless』は、ボビー・チャールズが敬愛するファッツ・ドミノに捧げるために制作されたアルバムで、2010年2月のファッツの誕生日近辺に合わせて発売予定でしたが、当のボビーが1月に自宅で倒れて71歳で亡くなってしまったという何とも皮肉な話です。1曲目の「Happy Birthday Fats Domino」は、1998年のアルバム「Secrets of the Heart」からの収録で、後の曲は全て新録曲。その中でも特に好きなのが、ゆるゆるのスワンプ・ブルース(6)"Nobody's Fault but My Own "。"Where Did All the Love Go "はGerry McGeeならではのいぶし銀のギターソロも必聴。"Rollin' Round Heaven "はサニーの唸るようなスライド・ギターに女性バック・コーラス隊のアーシーなコーラスをバックにボビーが味わいのある歌声を聞かせてくれます。プロデュースはボビーとドクター・ジョンが共同で担当。ちなみにボビーより10歳ほど年上のファッツ・ドミノはこの7年後の昨年、2017年に89歳で大往生。

2010年
"Timeless"
1. Happy Birthday Fats Domino
2. Where Did All the Love Go
3. Nickles, Dimes and Dollars
4. Clash of Cultures
5. Little Town Tramp
6. Nobody's Fault but My Own
7. Before I Grow Too Old
8. Old Mexico
9. Rollin' Round Heaven
10. When Love Turns to Hate
11. Take Back My Country
12. You'll Always Live Inside of Me
13. Happy Halloween

Produced By Bobby Charles and Dr. John

Bobby Charles(Vocals)
Mac Rebennack [Dr. John](Piano, B3 Organ, Wurlitzer)
Sonny Landreth(Lead Guitar)
David Hyde(Bass)
Chris LeBlac(Rhythm Acoustic Guitar)
Mike Burch(Drums)
Mickey Raphae(Harmonic,
Elaine Foster,Lisa Foster,Erica Falls(Background Vocal)

<Guest>
Jon Cleary(Piano on M-1)
Derek Trucks(Lead Guitaro on M-1)
Sam Broussard(Rhythm Acoustic Guitar on M-1)
David Peters(Drums on M-1)
Gerry McGee(Lead Guitar on M-2, 7, 8,12)
Keenan Knight(Rhythm Acoustic Guitar on M-3, 4)
Sonny Landreth(Background Vocal on M-11)
Beth McKee(Background Vocal on tM-12, Voice Tag on M-8)
and more・・・

Where Did All the Love Go


Little Town Tramp


You'll Always Live Inside of Me

サニー・ランドレスのスライド・ギター、ドクター・ジョンのエレピ、ミッキー・ラファエルのハーモニカがたまらなく切ない。
.................................................................................................................................................................

See You Later, Alligator
ビル・ヘイリーに提供した曲です。

1955年にリリースした「See You Later Alligator」は翌1956年にビル・ヘイリー&ヒズ・コメッツに取り上げられてヒット

Walkin to New Orleans
1960年に敬愛するフアッツ・ドミノ( Fats Domino )に提供した曲です

...............................................................................................................................................................
オリジナル・アルバム
1972年 Bobby Charles (Bearsville)
1987年 Clean Water (Zensor)
1995年 Wish You Were Here Right Now (Stony Plain)
1998年 Secrets of the Heart (Stony Plain)
2004年Last Train to Memphis(Rice 'N' Gravy)
2008年 Homemade Songs (Rice 'N' Gravy)
2010年 Timeless (Rice 'N' Gravy)
..................................................................................................................................................
Secrets of the Heart - Charles, Bobby
Secrets of the Heart - Charles, Bobby
Last Train to Memphis【中古】 - グローバルメディアデリバリー
Last Train to Memphis【中古】 - グローバルメディアデリバリー
Homemade Songs【中古】 - グローバルメディアデリバリー
Homemade Songs【中古】 - グローバルメディアデリバリー

Timeless - Charles, Bobby
Timeless - Charles, Bobby

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック