リズ・ヴァイス(Liz Vice)-"There's A Light"2015

リズ・ヴァイス
(Liz Vice)
1983年の生まれ
オレゴン州ポートランド出身
女性シンガー/R&Bシンガー/ソウルシンガー
女性シンガーによるデビュー・アルバム。ライナーによるとご本人は、15歳で血液透析を受けなければならないと診断され、2005年に腎臓移植手術を受けたという苦労人。ジャケ写を見たとき、古いゴスペルかなにかのリイシュー盤かと思いましたが、ベースになっているのは60~70年代の土っぽいサザン・ソウル、スワンプ・ロックな土の香りと洒落た鍵盤が特徴的なサウンド。本作でもキャンディ・ステイトンとともにJewell Gospel Trioに在籍していたShirley Ann Leeによるゴスペル・ナンバー「There's A Light」を豪快に歌い上げていたりもするのだが(そういえば彼女はNumeroから編集盤が出ていた)、土の香りと洒落た鍵盤が特徴的なサウンドは、特にマッスル・ショールズのそれに近く、ジョージ・ジャクソンやキャンディ・ステイトンといったフェイム・スタジオ産のソウルを思い起こさせる。

個人的な好みで言えば、、、お勧めは①、②、③、⑤、⑧辺りです

2015
There's A Light
1. Abide
2. Empty Me Out
3. Entrance
4. The Source
5. Truly Today
6. Pure Religion
7. Everything Is Yours
8. All Must Be Well
9. Enclosed By You
10. There's A Light

2. Empty Me Out


4. The Source


6. Pure Religion


10. There's A Light

..............................................................................................................................................................

There's A Light
SWEET SOUL RECORDS
2015-09-02
Liz Vice

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by There's A Light の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック