追悼 モーリス・ホワイト(Maurice White)-1973年~1976年 

モーリス・ホワイト
(Maurice White) 
1941年12月19日生まれ
2016年2月3日死去、享年74歳
テネシー州メンフィス出身
R&Bシンガー/ソングライター/プロデューサー/編曲家/ドラマー/カリンバ奏者
アース・ウィンド・アンド・ファイアー(Earth, Wind & Fire)のバンドリーダー
1958年前後、10代のときにイリノイ州シカゴに移住、チェス・レコードでセッション・ドラマーとして活動を開始。
1967年「Ramsey Lewis (Trio)/ラムゼイ・ルイス」に参加、1969年に実兄などと共に「Salty Peppers/ソルティ・ペパーズ」を結成、バンド名は「Fire」を経て「Earth. Wind & Fire/アース・ウィンド&ファイア」と改名。バンド結成時はジャズ系のバンドでしたが、1972年より活動拠点をロサンゼルスに移し、フィリップ・ベイリーらとともにEWFで数多くのR&B・ファンク・フュージョン系に変化を遂げ成功。メンバー変遷はありますが息の長い活動を続けている。
プロデューサーとしては、自ら率いる「Earth. Wind & Fire/アース・ウィンド&ファイア」、「Ramsey Lewis/ラムゼイ・ルイス」による1974年のアルバム「Sun Goddess/太陽の女神」、「Barbra Streisand/バーブラ・ストライサンド」による1984年のアルバム「Emotion/エモーション」など、他アーティストのプロデュースでも成功、1979年にはグラミー賞「Producer Of The Year」にノミネート。
ソロシンガーとして、1985年には初のソロ・アルバム「Maurice White/モーリス・ホワイト」から2曲がチャートヒットを記録している。
...................................................................................................................................................................................

やはりEarth. Wind & Fireは"Head to the Sky"、"Open Our Eyes"、"That's The Way Of The World"、"Gratitude"、"Spirit"の5部作であろう。心よりの哀悼の意を表して、コレクションから紹介。
.....................................................................................................................................................................................

以前、1974年"Ramsey Lewis featuring Earth, Wind & Fire - Sun Goddess "でモーリス・ホワイトがドラマーおよび他のEarth, Wind & Fire のメンバーが参加の"Ramsey Lewis"のアルバム紹介のブログを作成してありますのでよろしかったらのぞいてみてください。
↓            ↓
http://51036951.at.webry.info/201601/article_12.html

EW&Fのリーダー、モーリス・ホワイトは元々はラムゼイ・ルイスのグループなどで活躍したジャズ・ドラマーでした。EW&Fもソウル、アフロ、ブラジルさらにはジャズ、ロックのすべてのエッセンスを吸収したバンドでした。そういった意味では彼らこそ究極のフュージョン・バンドとも言えるのではないでしょうか。
.............................................................................................................................................................................................

名ギタリスト、アル・マッケイが加入した73年の4thアルバム。
メンバーの面では、前作『The Last Days and Time』を最後にギターのRoland Bautista、サックスのRonald Laws(Hubert Laws、Eloise Lawsの弟)が去り、代わりにAl McKay、Andrew Woolfolksが加入。本作のメンバーはMaurice White(vo、ds、kalimba)、Verdine White(vo、b、per)、Phillip Bailey(vo、conga、per)、Larry Dunn(key)、Ralph Johnson(ds、per)、Jessica Cleaves(vo)、Al McKay(g、sitar、per)、Andrew Woolfolks(sax、fl)、Johnny Graham(g、per)となり、よく知っているEW&Fのラインナップがほぼ揃い。黄金期EW&Fの大きな特徴であるブラジル/ラテン・フレイヴァーが導入されたのも本作から。プロデュースはデビュー以来のJoe Wissert。
カリンバをフィーチャーしたアフロセントリックなA1、分厚いエレピのリフが最高に格好いいB1。

1973
"Head to the Sky"
SIDE-A
1. Evil
2. Keep Your Head To The sky
3. Build Youe Nest
4. The World's a Masquarade

SIDE-B
1.Clover
2. Zanzibar

Verdine White - vocals, bass, percussion
Philip Bailey - vocals, congas, percussion
Maurice White - vocals, drums, kalimba, leader
Jessica Cleaves - vocals
Johnny Graham - guitar, percussion
Al McKay - guitar, sitar, percussion
Larry Dunn - clarinet, piano, organ
Ralph Johnson - drums, percussion
Andrew Woolfolk - soprano saxophone, flute

Evil


Keep Your Head to the Sky


Clover

...............................................................................................................................................................

方向を決定付けたターニング・ポイント的作品、1974年にリリースした通算5枚目のアルバム「Open Our Eyes(太陽の化身)」。ヒット曲「Mighty Mighty」「Kalimba Story」を収録。 全米チャート最高位15位。全米プラチナ・ディスク獲得。

1974
"Open Our Eyes"
SIDE-A
1.Mighty Mighty
2.Devotion
3.Fair But So Uncool
4.Feelin Blue
5.Kalimba Story

SIDE-B
1.Drum Song
2.Tee Nine Chee Bit
3.Spasmodic Mood
4.Caribou
5.Open Your Eyes

プロデュース
モーリス・ホワイト、ジョー・ウィザート

Mighty Mighty

ビルボードR&B;4位、ポップ;29位

Devotion

定番曲としても有名な名バラード(ビルボードR&B;23位、ポップ;33位)

Kalimba Story

ロック色の強いファンク・ナンバー。アルバムからの2ndシングルとしてR&Bチャート6位、ポップチャート55位を記録。

Feelin' Blue

アルバムの隠れた名曲だったが、フリー・ソウルのコンピ・アルバムに収録され、一躍注目曲に!
.........................................................................................................................................

1975年作品。実は映画のサウンドトラック盤で、映画の興行成績は惨敗、しかし前作から1年振りとなる6作目でこれまでのキャリアで唯一、そして大ブレイク作となるR&B・POPチャート制覇1位を記録。M・ホワイトがプロデュース、コ・プロデュースとアレンジをC・ステップニーが担当。R&B/ポップの両チャートで1位を記録したM1「シャイニング・スター」。

1975
"That's the Way of the World"
1 Shining Star
2 That’s the Way of the World
3 Happy Feelin’
4 All About Love
5 Yearnin’ Learnin’
6 Reasons
7 Africano
8 See the Light

Personnel
Bass - Verdine White
Co-producer - Charles Stepney
Drums - Fred White, Maurice White, Ralph Johnson
Engineer - George Massenburg
Flute, saxophone - Andrew P. Woolfolk
Guitar - Al McKay, Johnny Graham
Kalimba - Maurice White
Percussion - Al McKay, Fred White, Maurice White, Philip Bailey, Ralph Johnson, Verdine White
Piano, organ, Moog synthesizer - Larry Dunn
Producer - Maurice White
Vocals - Maurice White, Philip Bailey, Verdine White

Shining Star

1stシングル、R&B1位・POP1位とチャート制覇(これまでの最高は"Mighty Mighty" のR&B4位・POP29位

That's The Way Of The World

タイトル曲、2ndシングルでR&B5位・POP12位を記録

Reasons

ファルセットにて特徴が強く、70年代後半のニューソウル演出。これ、名曲!

All About Love

............................................................................................................................

個人的に彼らの最高傑作だとおもっている。
1975年、初のライブ・アルバム「Gratitude(灼熱の狂宴)」はツアーのライブ音源と新曲(スタジオ録音)とで構成されています。またCD化された後、リイッシュー時にはボーナストラックとして1978年のTV特番の際に録音された、スタジオ・ライブ・メドレーが追加。正にEW&Fの絶頂期に駆け上がる瞬間を捉えたアルバムであり、彼らのライブ・アルバムの中でも、溢れるパワーといい最高のパフォーマンスを聴くことができます。何と言ってもラリー・ダンや、アル・マッケイ、ジョニー・グラハムらが在籍。
ソウル、ファンク、ジャズ、アフロビートなどのブラック・ミュージックの究極の進化形もといえるアルバムと言っても過言ではない。当時のライブ「Gratitude(灼熱の狂宴)」も発売後5日でゴールド・ディスクを獲得し、アルバム・チャート3週連続1位に輝きました。また彼らはサンタナやマイケル・ジャクソン、ジョージ・デューク他の多くのミュージシャンにも影響を与える。

Gratitude - intro - medley africano power


Sun Goddess (LIVE)

.................................................................................................................................................................

説明不要、1976年発表の8thアルバム「Spirit」
モーリス・ホワイトとフィリップ・ベイリーの2枚看板のヴォーカル、スピード感溢れるリズムを刻むヴァーダン・ホワイトのベースとラルフ・ジョンソンのドラム、ジョニー・グラハムとアル・マッケイ2人のギタリストのファンキーなコード・カッティング、ラリー・ダンのグルーヴィーなキーボードが生み出す。

1976
"Spirit"
1. Getaway
2. On Your Face
3. Imagination
4. Spirit
5. Saturday Nite
6. Earth, Wind & Fire
7. Departure
8. Biyo
9. Burnin' Bush

Produced By Maurice White

Maurice White(Vocal,Kalimba,Drums,Timbales)
Philip Bailey(Vocal,Congas,Percussion)
Verdine White(Vocal,Bass,Percussion)
Larry Dunn(Piano,Organ,Synthesizer)
Ralph Johnson(Drums,Percussion)
Al McKay,Johnny Graham(Guitar)
Andrew Woolfolk(Sax)
Fred White(Drums)

<Horn>
Lew McCreary(Bass Trombone)
Charles Loper, George Bohanon, Louis Satterfield(Trombone)
Charles Findley, Michael Harris, Oscar Brashear, Steve Madaio(Trumpet)
Arthur Maebe, David Duke, Marilyn Robinson, Sidney Muldrow(French Horn)
Don Myrick(Saxophone)
Tommy Johnson(Tuba)
and more...

Getaway

シングル・カットにもなった(定番曲)

Imagination

フィリップ・ベイリーのファルセット・ヴォイスをフィーチャーしたメロウでスィートなミディアム・スロー・バラード

Biyo

アフロ、ソウル、ファンク、ジャズ、ロックの要素をブレンドしたファンキーなインストルメンタル・ナンバー

.....................................................................................................................................................................

その後のアルバムは購入していませんが、下記の2曲は気に入ってますので貼り付けておきます。

PS

Brazilian Rhyme (1977).

1977年作品「太陽神(ALL'N ALL)」からその「間奏曲」の一曲「Brazilian Rhyme」というのが、Milton Nascimentoの作曲。

After The Love Has Gone (1979)

1979年のアルバム、「I AM」に収録された、名バラード
この曲を書いたのは、スタジオミュージシャンで、かつプロデューサーとしても売れていたデイヴィッド・フォスター、ジェイ・グレイドン、シカゴに加入する前の、ビル・チャンプリンの3人。 メインの作曲者は、デイヴィッド・フォスター。元々この曲は、ビル・チャンプリンのソロアルバムに収録予定だったのだとか。 結局諸事情から、ビル・チャンプリンのアルバムには未収録。アースでのヒットがあってから、デビッド・フォスターはエアプレイでセルフカバーしている。

            モーリス・ホワイトさんのご冥福をお祈りいたします。
..................................................................................................................................................

Head to the Sky
Sony
1989-01-31
Earth Wind & Fire

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Head to the Sky の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Open Our Eyes
Sbme Special Mkts.
2008-02-01
Earth Wind & Fire

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Open Our Eyes の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



That's the Way of the World
Sbme Special Mkts.
2008-02-01
Earth Wind & Fire

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by That's the Way of the World の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Gratitude
Sbme Special Mkts.
1999-07-27
Earth Wind & Fire

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Gratitude の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Spirit
Sbme Special Mkts.
2001-04-10
Earth Wind & Fire

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Spirit の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック