リトル・リバー・バンド(Little River Band)-1975年~1978年

リトル・リバー・バンド
(Little River Band)
1975年にメルボルンで結成。
メンバーは、シンガー・ソングライターが3人集結し、リード・ギター、ドラムス、ベースの3人が脇を固めた形の6人組。3人のヴォーカリストのうち、2人がギタリストとして相当のテクニックを持っていて、全体としてはトリプル・リード・ヴォーカル+トリプル・ギターという布陣。リトル・リヴァー・バンドは実は全くの新人バンドではありません。デビュー・アルバムを発表したのは1975年(世界的にヒットしたのは翌年)、バンドの母体は、70年代初期に、ミシシッピーというバンド名で、オーストラリア国内ではトップ・バンドとして君臨『Graham Goble (G), Beeb Birtles(G, Vo) Derek Pellicci (Ds)』。その後バンドは、1974年世界デビューを果たすべく渡英。ロンドンで別のバンド「エスペラント」にいた Glenn Shorrock (Vo) に出会い意気投合し、その4人を中心に1975年バンド名を”リトル・リバー・バンド”と改名。結成直後の1stアルバムt"Little River Band" は本国オーストラリアでヒット。翌1976年にはアメリカへ進出、同アルバムからのデビュー曲「It's A Long Way There」がスマッシュヒットを記録。その後もヒット曲を生み出し、1978年には「Reminiscing」が全米第3位を記録。その後1980年代の前半にかけて毎年のようにヒット曲を送り出す。

オリジナル結成メンバー
リードボーカル「Glenn Shorrock:1975--82,1987--96」」
ギター「Graeham Goble:1975--89」は92年まで録音に参加
ギター・ベース「Beeb Birtles:1975--83」
「Graham Davidge:1975」は最初のレコーディングのみ」
ベース「Roger McLachlan:1975--76,1998--99」」
ドラム「Derek Pellicci 1975--84,1987--98」。
が結成メンバー。
ギター「Graeham Goble」及びリードボーカル「Glenn Shorrock」は作詞・作曲家としてバンドに多くのヒット曲を提供。
キーボードは1978年から「Mal Logan:1978--82」が参加していますが、結成時も含め不在期間があります。また「John Farnham:1982--86」が1982年のシングル「The Other Guy」から86年までリードボカールとして録音に参加。メンバー変遷を経て1984年にオリジナルメンバー不在となりますがメンバーを入れ替えながら、2000年以降も活動しています。

ちなみに、1977年に、来日した時に日本のバンド、クリエイションの前座扱いをされたため、その後の日本でのプロモーション活動に消極的になってしまったそうですが・・・・・・・・・・・・・。
................................................................................................................................................
今回、1975年~1978年までのアルバムを紹介。
................................................................................................................................................

1975年1st.アルバム
米ウェスト・コースト・ロックの風を全身に浴びて、フォーク・ロック色も濃厚だが、2年後に発表されるSteely Dan"Black Cow"あたりを先取ったようなプレ・A.O.R.ロック"Curiosity"は最高!!

1975
Little River Band
"Little River Band "
1."It's a Long Way There"(Graeham Goble)
2."Curiosity (Killed the Cat)"(Beeb Birtles)
3."Meanwhile ..."(Glenn Shorrock)
4."My Lady & Me"(Goble)
5."I'll Always Call Your Name"(Birtles)
6."Emma"(Shorrock)
7."The Man in Black"(Shorrock)
8."Statue of Liberty"(Shorrock)
9."I Know It"(Goble)

Little River Band members
Beeb Birtles – lead vocals, backing vocals, guitars (acoustic, electric)
Ric Formosa – guitars (lead, acoustic, slide)
Graeham Goble – lead vocals, backing vocals, guitars (acoustic, electric), vocal arrangements
Roger McLachlan – bass guitar
Derek Pellicci – drums, percussion
Glenn Shorrock – lead vocals, backing vocals, percussion, harmonica

Additional musicians
Stephen Cooney – clavinet (track 2), mandolin (track 9)
Gary Hyde – percussion
Peter Jones – strings (arrangement, conductor), piano (tracks 1–5, 7–9)
Col Laughnan – saxophone (track 8)
Ian Mason – piano (track 6)

It's a Long Way There

アメリカでのデビュー曲、ビルボードで28位

Curiosity (Killed the Cat)


Emma

..........................................................................................................................

76年の2ndアルバム『After Hours』はオーストラリアでこそ5位とヒット、ビルボードではチャートインせず、彼らのアメリカ進出はいったん頓挫。

1976
Little River Band
"After Hours "
1.Bourbon Street
2. Sweet Old Fashioned Man
3. Country Girls
4. The Drifter
5. L.A. In The Sunshine
6. Witchery
7. Raelene Raelene
8. Changed And Different
9. Days On The Road
10 .Long Jumping Jeweller

Personnel
David Briggs - guitar, acoustic guitar, slide guitar
Grady Tate - drums
Derek Pellicci - drums, congas, percussion
Ric Formosa - vocals, guitar, slide guitar, dobro
Beeb Birtles - vocals, guitar, acoustic guitar, electric guitar
Glenn Shorrock - vocals, acoustic guitar, harmonica
Graeham Goble

Bourbon Street


L.A. In The Sunshine


Witchery


Raelene Raelene


Days On The Road

...................................................................................................................................

77年の3rdアルバム『Diamantina Cocktail』(邦題は『妖しいダイアモンド』)。
アルバムは本格的にアメリカでヒットするようになり、ビルボードでの最高位こそ49位でしたが、アメリカでゴールドディスクを獲得し、2曲のトップ20ヒット。

1977
Little River Band
"Diamantina Cocktail"
1. Help Is On Its Way
2. The Drifter
3. L.A. In The Sunshine
4. The Inner Light
5. Witchery
6. Home On Monday
7. Happy Anniversary
8. Raelene Raelene
9. Changed And Different
10. Another Runaway[International version track]
11. Every Day Of My Life[International version track]
12.Broke Again[International version track]

Personnel
Glenn Shorrock : lead vocals, piano
Graeham Goble : guitars, vocals
Beeb Birtles : guitars, vocals
David Briggs : guitars
George McArdle : bass guitar
Derek Pellicci : drums, percussion

Help Is On Its Way

シングル、ビルボードで14位

Happy Anniversary

シングル、ビルボードで16位
..................................................................................................................

78年にリリースされた4thアルバム『Sleeper Catcher』(邦題は『夢追い人』)。
アメリカでビルボードで16位を記録する他、2曲のトップ10ヒットを出す。同年にバンドはキーボードにマル・モーガンを迎え、サウンドに厚みを加える方向に。

1978
Little River Band
"Sleeper Catcher"
1."Shut Down Turn Off"(Glenn Shorrock)
2."Reminiscing"(Graham Goble)
3."Red-Headed Wild Flower"(Beeb Birtles/Ed Nimmervoll)
4."Light of Day"(Beeb Birtles)
5."Fall from Paradise"(Beeb Birtles/Graham Goble)
6."Lady"(Graham Goble)
7."Sanity's Side"(Glen Shorrock/Charles Dawes)
8."So Many Paths"(Glen Shorrock/Idris Jones)
9."One for the Road"(Beeb Birtles/Graham Goble)
10."Take Me Home"(Beeb Birtles)
11."Changed and Different"(Graham Goble)

Reminiscing

シングル、ビルボードで3位

Lady

シングル、ビルボードで10位


以上、Little River Bandのアルバムは上記の4枚しかもっていませんが、これだけコーラスが美しく、時にメロディアスな曲を奏でるバンドなのに、日本では本当に知名度が低いです。非常に不思議です。

ちなみに彼等は未だ現役でプレイしております
.................................................................................................................................

おまけ

Cool Change

From their 1979 "First Under the Wire"

Take It Easy On Me

From their1981"Time Exposure"

Lonesome Loser(ビルボード#19 Jul 1979)

..............................................................................................................
Discography
Little River Band (1975)
After Hours (1976)
Diamantina Cocktail (1977)
Sleeper Catcher (1978)
First Under the Wire (1979)
Time Exposure (1981)
The Net (1983)
Playing to Win (1985)
No Reins (1986)
Monsoon (1988)
Get Lucky (1990)
Where We Started From (2000)
Test of Time (2004)
Re-arranged (2006)
We Call It Christmas (2007)
A Little River Band Christmas (2011)
Cuts Like a Diamond (2013)
The Hits - Revisited (2016)
........................................................................................................................
Little River Band【中古】 - グローバルメディアデリバリー
Little River Band【中古】 - グローバルメディアデリバリー
After Hours - Little River Band
After Hours - Little River Band

【輸入盤CD】【ネコポス送料無料】Little River Band / After Hours/Diamantina Cocktail (リトル・リヴァー・バンド) - あめりかん・ぱい
【輸入盤CD】【ネコポス送料無料】Little River Band / After Hours/Diamantina Cocktail (リトル・リヴァー・バンド) - あめりかん・ぱい
【輸入盤CD】【ネコポス送料無料】Little River Band / Sleepcatcher/First Under The Wire (リトル・リヴァー・バンド) - あめりかん・ぱい
【輸入盤CD】【ネコポス送料無料】Little River Band / Sleepcatcher/First Under The Wire (リトル・リヴァー・バンド) - あめりかん・ぱい

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

通行人大阪オヤジ
2018年09月21日 20:41
最近 昔買ったカセットテープを聴くようになり 東芝EMIから出てたハローウエストコーストを聴いてウェブ検索してきました ロンサムルーザー 良いですね~
JAMES TERRA
2018年09月25日 05:07
通行人大阪オヤジ様
コメントを頂きありがとうございます。
東芝EMIからのハローウエストコーストは知っています。内容はわたし好みの選曲になっていて気にいってます。また、よろしければお寄りください。

この記事へのトラックバック