ジェシ・コリン・ヤング(Jesse Colin Young)-Part1(1964年~1972年:The Youngbloods編)

ジェシ・コリン・ヤング
(Jesse Colin Young)
本名Perry Miller
1941年11月22日生まれ
ニューヨーク市出身
シンガーソングライター
1960年代半ばから活躍した(Youngbloods/ヤング・ブラッズ)のヴォーカル,リーダーを担当。バンド(Youngbloods/ヤング・ブラッズ)結成前,解散後はソロで活動しています。ソロ・デビューは1964年と結構古く、2012年に病で 音楽活動を引退を決意しましたが、2016年に息子のトリスタン・ヤングと再び 音楽活動を開始、現在でもシンガーソングライターとして活躍。
1960年代にニューヨークはヴィレッジのフォーク・シーンでキャリアをスタートさせ、1964年にソロ作『The Soul of a City Boy』をリリースするものの商業的には振るわなかった。1965年にボストンで(Youngbloods/ヤング・ブラッズ)を結成。拠点をサンフランシスコに移した後、1969年に「Get Together」(クイックシルバーのディノ・ヴァレンティの曲)が全米ポップチャート第5位のヒット。『High on a Ridgetop』(1972年)を最後に(Youngbloods/ヤング・ブラッズ)は解散し、70年代前半に本格的なソロ活動に入り、再デビュー。『Song for Juli』(1973年)、『Light Shine 』(1974年)、『Songbird』(1975年)、『On the Road』(1976年)、『Love on the Wing』(1977年)とコンスタントにソロアルバムをリリース。1980 年代にエレクトラ レコードとサイプレス レコードで『The Perfect Stranger』(1982年)、『The Highway Is for Heroes』(1987年)をリリース。1993 年に彼の個人レーベルである Ridgetop Music からアルバムをリリースすることを決定する前に、1995 年のマウント ビジョン火災(カリフォルニアの自宅)の後、ヤングは家族とともにハワイのコーヒー プランテーションに移り、定期的にアルバムをリリース。2012年にライム病と診断され、音楽活動を引退。2016年に息子のトリスタン・ヤングと再び音楽活動を開始し、2019年にBMGから通算19枚目アルバムDreamersをリリース。

(ここから一部サイト抜粋しました)
ジェシ・コリン・ヤングの音楽性は、同時代のシンガー・ソングライターと比べても、非常に興味深い。フォークをベースにR&Bやジャズなどの黒人音楽、ケイジャンやラグタイムなどのルーツ音楽からの影響を取り込み……と、ここまではありがちなのだが、それらをとことんソフィスティケイトさせ、彼オリジナルのフュージョン風フォーク・ポップに仕立てているあたりが個性的。もちろんソウルフルで優しげな歌声も魅力となっている。そんな中でも特に有名なのが、73年に発表された『Song for Juli(ソング・フォー・ジュリ)』。さまざまな要素を柔軟にミックスする感性がキラリと光る1枚。他にもAOR的な『American Dreams』やライヴ盤『On the Road』なども人気が高く、その洗練性は90年代に入ってフリー・ソウル・ファンによって再評価された。現在でも、マイペースに良作を生み出している。(一部サイト抜粋しました)
...............................................................................................................
Studio albums
The Soul of a City Boy-1964
Young Blood-1965
Together-1972
Song for Juli-1973
Light Shine-1974
Songbird -1975
Love on the Wing-1977
American Dreams-1978
The Perfect Stranger-1982
The Highway Is for Heroes-1987
Makin' It Real-1993
Swept Away-1994
Walk the Talk- 2001
Songs for Christmas-2002
Living in Paradise- 2004
Celtic Mambo-2006
Dreamers- 2019
☆13年振りの 2019年アルバムDreamers。その作品についてジェシ自身はこのように語っている:「最後に思い切って意見を述べた時から大分時が経ってしまったけど、この作品が自分にとっての最高傑作であるように感じるよ」
...................................................................................................................
今回は、私的コレクションからPart1として1964年~1972年(ソロ~Youngbloods解散まで)
..................................................................................................................
Youngbloods結成前、1964年4月キャピトル・レコードからボビー・スコット(Bobby Scott)プロデュースによるソロアルバム"The Soul Of A City Boy"を発表。フォークシンガーとしてスタートした彼のファーストアルバムは、商業的には振るわなかった。「土臭い」弾き語りのブルースアルバム。

1964
Jesse Colin Young
"The Soul of a City Boy"
01. Four in the Morning
02. You Gotta Fix It
03. Rye Whiskey
04. Whoa Baby
05. Susanna
06. Black-Eyed Susan
07. Same Old Man
08. Drifter Blues
09. Talk to Me
10. Stranger Love
11. I Think Ill Take to Whiskey

Producer – Bobby Scott

Jesse Colin Young – guitar, vocals

01. Four in the Morning


03. Rye Whiskey


06. Black-Eyed Susan


08. Drifter Blues


11. I Think Ill Take to Whiskey

.................................................................................................
Youngbloodsは、1965年、ニューヨークでジェシ・コリン・ヤング、ジェリー・コービット(2014年他界)、バナナ(ローウェル・レヴィンジャー)、ジョー・バウアー(1982年他界)によって結成された4人組。活動拠点をサンフランシスコに移しファミリー的結束を図る、メンバー変遷を経て1972年に解散するまでにベスト物を含め9枚のアルバムをワーナー等に残しています。

リードボーカル,ベース「Jesse Colin Young」
リードギター「Jerry Corbitt」(2014年他界)
リズムギター「Banana:Lowell Levinger」
ドラム「Joe Bauer」(1982年他界)
が結成メンバー。
因みに、カントリー・ミュージックのチャーリー・ダニエルズとは関係が深く合名のライブ・アルバムとソロアルバムのプロデュースを依頼したり互いのアルバムやステージにゲスト参加している。
......................................................................................................
サマー・オブ・ラブ(Summer of Love)について
1967年夏にサンフランシスコで起きた音楽、ドラッグ、フリーセックス、表現、政治など文化的、政治的な主張を行う”ヒッピー”と呼ばれる人々を中心とした社会現象。ロック音楽でサマー・オブ・ラブの中心となったのは、グレイトフル・デッド、ジェファーソン・エアプレイン、ビッグ・ブラザー&ホールディング・カンパニー、クイックシルヴァー・メッセンジャー・サーヴィスなど実験精神に満ちたバンドたちを見いだした。(一部サイト抜粋)
..................................................................................................
1967発表1stアルバム"The Youngbloods"収録の『Get Together』は全米5位の大ヒットを記録、"サマー・オブ・ラヴ"を象徴する名曲として、後世に語り継がれている。ブルースやフォーク、カントリーといったルーツ・ミュージックの影響を色濃く受けたサウンドが特徴。フェリックス・パッパラルディがプロデュース。お薦め曲は、彼らの代表曲でもある『Get Together』を中心にし、『Statesboro Blues』『The Side Of This Life』『Foolin' Around (The Waltz)』。派手な所は無いのだが、'60'sのフォーク・ロックとしてはツボを抑えているオーソドックスなサウンド。

1967
The Youngbloods
"The Youngbloods"
Side one
1."Grizzly Bear"(Jerry Corbitt)
2."All Over the World (La-La)"(Corbitt)
3."Statesboro Blues"(Blind Willie McTell)
4."Get Together"(Chet Powers)
5."One Note Man"(Paul Arnoldi)
Side two
1."The Other Side of This Life"(Fred Neil)
2."Tears Are Falling"(Jesse Colin Young)
3."Four in the Morning"(George Remailly)
4."Foolin' Around (The Waltz)"(Young)
5."Ain't That Lovin' You"(Jimmy Reed)
6."C.C. Rider"(Mississippi John Hurt)

Producer Felix Pappalardi

Personnel
Jesse Colin Young – bass, lead vocals, rhythm guitar
Jerry Corbitt – rhythm guitar, backing vocals
Lowell "Banana" Levinger – lead guitar, electric piano
Joe Bauer – drums, percussion

George Ricci – cello on "Foolin' Around"

Side one
3."Statesboro Blues"


4."Get Together"(67年62位、69年5位)

クイック・シルヴァー・メッセンジャー・サーヴィスの(ディノ・ヴァレンテ/ Dino Valente)がChester Powers名義で書いたメッセージソング。1967年にシングルカットされた時にスマッシュヒット。2年後にリバイバルヒットとなりベスト10入り。オリジナルは1964年に録音したキングストン・トリオ。

5."One Note Man"


Side two
1."The Other Side of This Life"

Written by Fred Neil

4."Foolin' Around (The Waltz)"


6."C.C. Rider"

..................................................................................................................................................
1967発表"Earth Music"は、The Youngbloodsとしての2ndアルバム。プロデュースは、前作同様にフェリックス・パパラルディとヤングブラッズ。アントニオーニ監督の映画『砂丘』(1970年)に使われ、注目を浴びることになるジェシ・コリン・ヤング作の名曲「シュガー・ベイブ」(山下達郎や大貫妙子が在籍していたシュガー・ベイブのバンド名はこのアルバムに収録されている「Sugar Babe」から付けたもの・・・・・よく知られてる話です)2ndアルバム『Earth Music』は、これも全くヒットせず、メンバーはこれまでニューヨークからサンフランシスコへと活動の拠点を移すことを決めますが、ジェリー・コービットが反対してそのまま脱退。

1967
The Youngbloods
"Earth Music"
Side one
1."Euphoria"(George Remailly)(vocals by Jerry with Jesse)
2."All My Dreams Blue"(Jesse Colin Young) (vocals by Jesse with Jerry and Banana)
3."Monkey Business"(Chuck Berry)(vocals by Banana)
4."Dreamer's Dream (Jerry Corbitt, Lowell Levinger)
5."Sugar Babe"(Young, Jackie Lomax)(vocals by Jesse with Jerry)
6."Long and Tall"(Young) vocals by Jesse)
Side two
7."I Can Tell"(Chuck Willis) (vocals by Jesse)
8."Don't Play Games" (Corbitt) (vocals by Jerry with Jesse)
9."The Wine Song"(Young)(vocals by Jesse with Jerry and Banana)
10."Fool Me"(Levinger)(vocals by Banana with Jesse)
11."Reason to Believe"(Tim Hardin)

Producer Felix Pappalardi, The Youngbloods

Personnel
Jesse Colin Young – bass, vocals
Jerry Corbitt – guitar (lead on ""Fool Me"), harmonica, vocals
Lowell "Banana" Levinger – guitar, piano, finger cymbals on "Euphoria", pedal steel guitar on "Sugar Babe" and "Reason to Believe"
Joe Bauer – drums

Additional personnel
Tracks 2, 3, 5, and 6 on Side 1, and track 5 on Side 2 were produced by The Youngbloods
Tracks 1-4 on Side 2 were produced by Felix Pappalardi
Tracks 1 and 4 on Side 1 were produced by Felix Pappalardi and the Youngbloods

Side one
2."All My Dreams Blue"


5."Sugar Babe"


Side two
8."Don't Play Games"


11."Reason to Believe"

....................................................................................................................................................
3人となったバンドは1969年に3rdアルバム『Elephant Mountain』をリリースするも当時は全米118位と全くといっていいほどヒットしなかったのですが、1967年に一度リリースされて1969年になってリイシューされた「Get Together」(全米5位)が全米大ヒット。3rdアルバム『Elephant Mountain』は、彼らの方向性が確立され、フォーク、ブルース、カントリー、R&B、ロック、ジャズが合わさりアメリカン・ミュージックと呼ぶしかない。プロデューサーはCharles Danielsが担当。

1969
The Youngbloods
"Elephant Mountain"
Side one
1."Darkness, Darkness"(Jesse Colin Young)
2."Smug"(Young)
3."On Sir Francis Drake"(Lowell Levinger)
4."Sunlight"(Young)
5."Double Sunlight"(Levinger, Young, Joe Bauer)
6."Beautiful"(Young)
7."Turn It Over"(Levinger, Young, Bauer)
Side two
1."Rain Song (Don't Let the Rain Bring You Down)"(Corbitt, Pappalardi, Collins)
2."Trillium"(Levinger, Young, Bauer)
3."Quicksand"(Young)
4."Black Mountain Breakdown"(Levinger, Young, Bauer)
5."Sham" (Young)
6."Ride the Wind"(Young)

Charles E. Daniels (Charlie Daniels) – producer

Personnel
Jesse Colin Young – bass, lead vocals, acoustic guitar on "Sunlight"
Lowell "Banana" Levinger – guitar, backing vocals, electric piano
Joe Bauer – drums

Additional musicians
Jerry Corbitt – guitar and vocals (uncredited in original liner notes)
David Lindley – fiddle
Plas Johnson – tenor saxophone
Joe Clayton – trumpet
Victor Feldman – vibraphone

Side one
1."Darkness, Darkness"


2."Smug"


3."On Sir Francis Drake"


4."Sunlight"

『RIde The Wind』にも収録。ビーチ・ボーイズやブライアン・ウィルソンのツアー・メンバーとして知られているジェフリー・フォスケットにもカヴァーされた

5."Double Sunlight"


6."Beautiful"


7."Turn It Over"


Side two
1."Rain Song (Don't Let the Rain Bring You Down)"


2"Trillium"


3."Quicksand"


4."Black Mountain Breakdown"


5."Sham"


6."Ride the Wind"

彼らの代表曲にも挙げられるナンバー。
......................................................................................................
1970 年ワーナーへ移籍、その第一弾で通算5枚目The Youngbloodsによるライブアルバム"Rock Festival"、本作は、サンフランシスコをはじめ西海岸計6ケ所でおこなわれたライブ音源をパッケージングした一枚。ティム・ハーディンの名曲「ミスティ・ローゼス」ではジェシ・コリン・ヤングの歌とバナナのエレピが絶妙にマッチ。午後の陽光のような優しいヴォーカルがたまらないフォーク・ロック" It's a Lovely Day"収録!!

Get Togetherがコマーシャルで使用されヒットしたためライブにスタジオ録音を追加して急遽リリースされた。ビルボードトップLPチャートで80位。 アルバムにはシングル「It's a Lovely Day」が収録されており、チャートには載っていなかった。

1970
The Youngbloods
"The Rock Festival"
SIDE1
1 It's a Lovely Day
2 Faster All the Time
3 Prelude Levinger
4 On Beautiful Lake Spenard
5 Josiane
SIDE2
1 Sea Cow Boogie
2 Fiddler a Dram
3 Misty Roses
4 Interlude
5 Peepin' and Hidin'
6 Ice Bag Levinger

Producer Zager and Evans

Personnel
Bass – Lowell Levinger
Drums – Joe Bauer
Guitar – Jesse Colin Young
Harmonica – Richard "Earthquake" Anderson

A-1. It's A Lovely Day


A-2. Faster All The TIme


A-3. Prelude


A-4. On Beautiful Lake Spenard


A-5. Josiane

知る人ぞ知る名曲

B-1. Sea Cow Boogie


B-2. Fiddler A Dram


B-3.Misty Roses

ティム・ハーディンの名曲

B-4. Interlude


B-5. Peepin' 'N' Hidin' (Baby, What You Want Me To Do)


B-6. Ice Bag


..................................................................................................................
1971年に発表したライブ・アルバム"Ride The Wind"。1968年11月にニューヨークで行われたライヴ演奏を収めたアルバム。スタジオ録音と違ってよりジャジーな雰囲気を味わえるA-1[ Ride the Wind ]は、流れるようなエレピが心地よいボサ調ナンバー。ジェシの伸びのあるヴォーカルも秀逸。 A-3[ Sunlight ]は、このライブ・バージョンも見事なまでに美しいアコースティック・ソウルになっています。たった3人とは思えない完成度の高い演奏を展開させた名ライヴ。都会的洗練とジャジーなエッセンスを程よくブレンドさせたフォーキー・メロウな傑作です。

1971
The Youngbloods
"Ride The Wind"
A-1. Ride the Wind
A-2. Sugar Babe
A-3. Sunlight
B-1. Dolphin
B-2. Get Together
B-3. Beautiful

Produttore-Charlie Daniels

Jesse Colin Young - basso, voce solista
Jesse Colin Young - kazoo (brano: Sugar Babe)
Jesse Colin Young - chitarra ritmica (brano: Sunlight)
Banana (Lowell Levinger) - chitarra, pianoforte
Joe Bauer - batteria

A-1. Ride the Wind


A-2. Sugar Babe


A-3. Sunlight(live)


B-1. Dolphin


B-2. Get Together


B-3. Beautiful

....................................................................................................
The Youngbloodsのスタジオ盤としては4作目となる1971年リリースの「Good And Dusty」。OVライト「ザッツ・ハウ・ストロング・マイ・ラブ・イズ」ジョニー・オーティス「ウィリー・アンド・ザ・ハンド・ジャイブ」シャーリー&リー「レット・ザ・グッド・タイム・ロール」など有名曲のカヴァー。オリジナル曲「ライト・シャイン」ではジェシ・コリン・ヤングのソング・ライティングの才能が光っている。ブルース、R&Bのカヴァー曲を中心に制作された71年発表の意欲作。

1971
The Youngbloods
"Good And Dusty"
1,Stagger Lee(A. Rae Price, Ph.D., Harold Logan)
2.That's How Strong My Love Is(Roosevelt Jamison)
3.Willie and the Hand Jive
4.Circus Face
5.Hippie from Olema No. 5(Lowell Levinger)
6.Good and Dusty
7.Let the Good Times Roll (Shirley Goodman, Leonard Lee)
8.Drifting and Drifting(Jesse Colin Young )
9.Pontiac Blues
10.Moonshine Is the Sunshine(Jeffrey Cain )
11.Will the Circle Be Unbroken
12.I'm a Hog for You Baby(Jerry Leiber, Mike Stolle)
13.Light Shine(Jesse Colin Young)

Produced- Stephanie Kennedy

Jesse Colin Young:Bass, Guitar, Tenor Sax, Vocals
Joe Bauer:Drums
Earthquake Anderson:Harmonica
Rick Anderson:Harmonica
Banana:Banjo, Guitar, Piano, Vocals, Mandola
Michael Kane:Bass, Cornet, French Horn, Vocals
Lowell Levinger:Guitar, Keyboards

1,Stagger Lee

数え切れないくらいのアーティストがカヴァーしているトラッド・ソング。

2.That's How Strong My Love Is

あまりにも有名なR&Bの名曲をジェシ・コリン・ヤングが優しく包み込むように歌っている。

3.Willie and the Hand Jive


4.Circus Face


5.Hippie from Olema No. 5


6.Good and Dusty


7.Let the Good Times Roll


8.Drifting and Drifting


9.Pontiac Blues


10.Moonshine Is the Sunshine


11.Will the Circle Be Unbroken


12.I'm a Hog for You Baby


13.Light Shine

ジェシ・コリン・ヤングの書いたオリジナルで彼の1974年の3rdソロ・アルバム「Light Shine」でタイトル曲として 再録している優しいメロディが印象的なスロー・バラード。
...............................................................................................................
1971年発表の前作「Good And Dusty」で金銭分配のトラブルが起こりバンドの人間関係に亀裂が生じ、72年春にはジェシ・コリン・ヤングが脱退を表明、その後作成された、1972発表、The Youngbloods最後のアルバム"High On The Ridge Top"。こうした経緯があったため、ほぼ全てがカヴァーで、ジェシ・コリン・ヤングはあまり関与していなかったようです。ロバート・ジョンソン「Kind Hearted Woman」やビートルズ「She Came in Through the Bathroom Window」のカヴァー。本作の目玉はなんと言ってもボブ・ディランの名曲‘I Shall Be Released’の素晴らしすぎるカヴァー。それでも十分に素晴らしい作品。

1972
The Youngbloods
"High On The Ridge Top"
1. Speedo (Esther Navarre)
2. She Caught The Katy And Left Me A Mule To Ride (Taj Mahal, Y. Rachel)
3. Going By The River (Jimmy Reed)
4. Running Bear (J.P.Richards)
5. I Shall Be Released (Bob Dylan)
6. Dreamboat (Jesse Colin Young)
7. She Came In Through The Bathroom Window (J. Lennon, P. McCartney)
8. Donna (Richie Valens)
9. La Bamba (Traditional)
10.Kind Hearted Woman (Robert Johnson)

Producer - Stuart Kutchins

Jesse Colin Young - voce solista, chitarra
Banana (Lowell Levinger) - chitarra, pianoforte, mandolino, voce
Michael Kane - basso, voce
Joe Bauer - batteria

Richard Earthquake Anderson - armonica

1. Speedo


2. She Caught the Katy (And Left Me a Mule to Ride)


3. Going By The River


4. Running Bear


5. I Shall Be Released


6. Dreamboat


7. She Came In Through The Bathroom Window


8. Donna
..

9. La Bamba


10.Kind Hearted Woman



以上、1972年アルバム"High On The Ridge Top"発表後、解散。
引き続き、Jesse Colin Youngのソロアルバムを時系列で紹介予定。時期未定・・・・・。
.............................................................................................................................................................
1964年"The Soul of a City Boy"

The Soul of a City Boy
Yodar Management, LLC
2014-05-05

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by The Soul of a City Boy の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


1967年"The Youngbloods"

ヤングブラッズ(紙ジャケット仕様)
SMJ
2014-07-23
ヤングブラッズ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ヤングブラッズ(紙ジャケット仕様) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


1967年"Earth Music"
アース・ミュージック [ ヤングブラッズ ] - 楽天ブックス
アース・ミュージック [ ヤングブラッズ ] - 楽天ブックス

1969年"Elephant Mountain

エレファント・マウンテン(紙ジャケット仕様)
SMJ
2014-07-23
ヤングブラッズ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by エレファント・マウンテン(紙ジャケット仕様) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Rock Festival - Youngbloods
Rock Festival - Youngbloods

Ride the Wind - Youngbloods
Ride the Wind - Youngbloods

Good & Dusty - Youngbloods
Good & Dusty - Youngbloods

【輸入盤CD】Youngbloods / Rock Festival/Ride The Wind/Good & Dusty 【K2017/4/14発売】 - あめりかん・ぱい
【輸入盤CD】Youngbloods / Rock Festival/Ride The Wind/Good & Dusty 【K2017/4/14発売】 - あめりかん・ぱい

High on a Ridge Top - Youngbloods
High on a Ridge Top - Youngbloods

【輸入盤CD】Youngbloods / Get Together: The Essential Youngbloods (ヤングブラッズ) - あめりかん・ぱい
【輸入盤CD】Youngbloods / Get Together: The Essential Youngbloods (ヤングブラッズ) - あめりかん・ぱい

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント