ジェシ・コリン・ヤング(Jesse Colin Young)-Part2(1973年~1982)

ジェシ・コリン・ヤング
(Jesse Colin Young)
本名Perry Miller
1941年11月22日生まれ
ニューヨーク市出身
シンガーソングライター
1960年代半ばから活躍した(Youngbloods/ヤング・ブラッズ)のヴォーカル,リーダーを担当。バンド(Youngbloods/ヤング・ブラッズ)結成前,解散後はソロで活動しています。ソロ・デビューは1964年と結構古く、2012年に病で 音楽活動を引退を決意しましたが、2016年に息子のトリスタン・ヤングと再び 音楽活動を開始、現在でもシンガーソングライターとして活躍。1960年代にニューヨークはヴィレッジのフォーク・シーンでキャリアをスタートさせ、1964年にソロ作『The Soul of a City Boy』をリリースするものの商業的には振るわなかった。1965年にボストンで(Youngbloods/ヤング・ブラッズ)を結成。拠点をサンフランシスコに移した後、1969年に「Get Together」(クイックシルバーのディノ・ヴァレンティの曲)が全米ポップチャート第5位のヒット。『High on a Ridgetop』(1972年)を最後に(Youngbloods/ヤング・ブラッズ)は解散し、70年代前半に本格的なソロ活動に入り、再デビュー。『Song for Juli』(1973年)、『Light Shine 』(1974年)、『Songbird』(1975年)、『On the Road』(1976年)、『Love on the Wing』(1977年)とコンスタントにソロアルバムをリリース。1980 年代にエレクトラ レコードとサイプレス レコードで『The Perfect Stranger』(1982年)、『The Highway Is for Heroes』(1987年)をリリース。1993 年に彼の個人レーベルである Ridgetop Music からアルバムをリリースすることを決定する前に、1995 年のマウント ビジョン火災(カリフォルニアの自宅)の後、ヤングは家族とともにハワイのコーヒー プランテーションに移り、定期的にアルバムをリリース。2012年にライム病と診断され、音楽活動を引退。2016年に息子のトリスタン・ヤングと再び音楽活動を開始し、2019年にBMGから通算19枚目アルバムDreamersをリリース。

(ここから一部サイト抜粋しました)
ジェシ・コリン・ヤングの音楽性は、同時代のシンガー・ソングライターと比べても、非常に興味深い。フォークをベースにR&Bやジャズなどの黒人音楽、ケイジャンやラグタイムなどのルーツ音楽からの影響を取り込み……と、ここまではありがちなのだが、それらをとことんソフィスティケイトさせ、彼オリジナルのフュージョン風フォーク・ポップに仕立てているあたりが個性的。もちろんソウルフルで優しげな歌声も魅力となっている。そんな中でも特に有名なのが、73年に発表された『Song for Juli(ソング・フォー・ジュリ)』。さまざまな要素を柔軟にミックスする感性がキラリと光る1枚。他にもAOR的な『American Dreams』やライヴ盤『On the Road』なども人気が高く、その洗練性は90年代に入ってフリー・ソウル・ファンによって再評価された。現在でも、マイペースに良作を生み出している。(一部サイト抜粋しました)

ジェシ・コリン・ヤングは、カントリー・ブルースのミュージシャン、ミシシッピ・ジョン・ハートとライトニン・ホプキンス、ブルースのミュージシャン、T-ボーン・ウォーカー、フォークシンガーのピート・シーガーの影響を受けていると言われている。
...............................................................................................................................................
手持ちのアルバムコレクションから・・・・・・・・・
ソロアルバムの紹介Part2(1972年~1978)

.................................................................................................................................................
Youngbloodsの6枚目で最後となった作品『High On A Ridgetop』のリリースと同年の1972年にこのソロアルバム" Together"をリリース。Youngbloods時代は漂々としたフォークロックといったイメージでしたが、再びソロに戻った本作はブルース色が強くなり、至ってシンプル。曲も演奏もシンプル。Jesse Colin Youngのメロウでソウルフルな優しい歌声と、カントリーやブルースを基調としたフォーキーなサウンド。カラッとしていて、ビートは軽快。とことん自然体。それがこの作品の大きな魅力。B-4のスロー・ブルース「6000 Miles」はMercy Dee Walton作、ハイテンポなB-5の「Born in Chicago」はNick Gravenites作でPaul Butterfield Blues Bandで収録。

1972
Jesse Colin Young
"Together"
A-1.Good Times(Jesse Colin Young)
A-2.Sweet Little Child(Jesse Colin Young)
A-3.Together(Jesse Colin Young )
A-4.Sweet Little Sixteen(Chuck Berry)
A-5.The Peace Song(Jesse Colin Young)
B-1.Six Days on the Road(Carl Montgomery, Earl Greene)
B-2.Lovely Day (Jesse Colin Young)
B-3.Creole Belle(John Hurt)
B-4.6000 Miles(Mercy Dee Walton)
B-5.Born in Chicago(Nick Gravenites)
B-6.Pastures of Plenty(Woody Guthrie, Traditional)

Producer-Jesse Colin Young

Jesse Colin Young – vocals, guitar, bass, tenor & alto saxophones
Peter Childs – dobro
Scott Lawrence – piano
Richard Earthquake Anderson – harmonica
Jeffery Myer – drums
Jerry Corbitt, Suzi Young – backing vocals
John Wilmeth, Ron Stallings – horns (A-1)
Eddy Ottenstein – lead guitar (B-1, B-5)

A-1.Good Times(Jesse Colin Young)


A-2.Sweet Little Child(Jesse Colin Young)


A-3.Together(Jesse Colin Young )


A-4.Sweet Little Sixteen(Chuck Berry)


A-5.The Peace Song(Jesse Colin Young)


B-1.Six Days on the Road(Carl Montgomery, Earl Greene)


B-2.Lovely Day (Jesse Colin Young)


B-3.Creole Belle(John Hurt)


B-4.6000 Miles(Mercy Dee Walton)

B-5.Born in Chicago(Nick Gravenites)


B-6.Pastures of Plenty(Woody Guthrie, Traditional)

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
1973発表4枚目のソロアルバム"Song For Juli"。愛娘ことを歌ったタイトル曲『Song For Juli』は、正に心が和む1曲。ピアノとフルートが子供の頃の何かを目に浮かばせる、そんなイメージの曲。シンプルでありながら複雑なアレンジどれを取っても超一級品、SSW系の名盤と言われています。本作アルバムから4枚ものシングル・ヒットが生まれてロング・ヒットを記録。全米チャートも51位を記録し、今後のソロ活動にはずみをつける。

1973
Jesse Colin Young
"Song For Juli"
SIDE 1
1 Morning Sun
2 Song For Juli
3 Ridgetop
4 Evenin'
SIDE 2
1 Miss Hesitation
2 T-Bone Shuffle
3 Lafayette Waltz
3 Jambalaya (On The Bayou)
4 Country Home

Produced by Jesse Colin Young & David Bean

Jesse Colin Young - guitar, vocals
Suzi Young - harmony vocals
David Hayes - bass, harmony vocals
Eddy Ottenstein - guitar
Jeff Myer - drums
Scott Lawrence - piano, vibraphone
Rick Anderson - harmonica
John Tenney - violin
Jim Rothermel - clarinet, saxophone
Bob Ferreira - saxophone
Mel Martin - saxophone
Tom Harrell - trumpet
Gordon Messick - trombone
Pat O'Hara - trombone
Earthquake - harmonica

SIDE 1
1 Morning Sun


2 Song For Juli

前奏が長く、アコギから始まって、ピアノへ続きフルートと伴奏 ・・・・。 ほっとする気分にさせてくれる暖かい曲です。

3 Ridgetop


4 Evenin'


SIDE 2
1 Miss Hesitation


2 T-Bone Shuffle


3 Lafayette Waltz


3 Jambalaya (On The Bayou)


4 Country Home

...............................................................................................................................................
1974年にリリース5作目のソロ・アルバム「Light Shine」。カントリー、R&B、ブルース、ジャズなどのアメリカのルーツ・ミュージックを巧みにミックスしたサウンドは爽やかでちょっと洗練された彼独自のもの。フルートを効果的に使っているのも特徴。前作がチャート51位になりソロとして成功し続く本作も37位。Jesseの持ち歌№1の表題作を"Good And Dusty"とは違うアレンジで再録している。Jesse Colin Young以下、Jeff Myer(ds、per)、Scott Lawrence(key)、Kelly Bryan(b)、Jim Rothermel(alts、fl、cla)、妻Suzi Youngという6名のツアー・メンバーを中心にレコーディングが行われており、気心知れたメンバーとのアットホームで一体感ある演奏を楽しむことができます。

1974
Jesse Colin Young
"Light Shine"
A1. California Child
A2. Grey Day
A3. Light Shine
B1. Pretty And The Fair
B2. Barbardos
B3. Motorcycle Blues
B4. The Cuckoo
B5. Susan

Producer, Mixed ByJesse Colin Young

Vocals, Guitar Jesse Colin Young
Backing Vocals [Harmonies] Jerry Corbitt, Suzi Young
Bass Kelly Bryan, Marty David
Drums, Congas, Percussion Jeffrey Myer
Electric Piano Ozzie Ahlers
Alto Saxophone, Soprano Saxophone, Flute, Clarinet, Recorder, Harmonica Jim Rothermel
Piano, Keyboards, Vocals [Harmonies] Scott Lawrence

A1. California Child~A2. Grey Day~A3. Light Shine
"California Suite: California Child; Grey Day: Light Shine"

「カリフォルニア・スウィート」なる組曲構成。Pt.1とPt.2に分かれて収録。Pt.1はフルートとギターの絡みがメロウ・サウンドに。Pt.2はサックス、ピアノ、スティール・ドラムらも加わり正にジャズ風に。(タイトル曲は元々『Good & Dusty』(1971年)に収録)

B1. Pretty And The Fair


B2. Barbardos


B3. Motorcycle Blues


B4. The Cuckoo

ファンキー・グルーヴ。

B5. Susan

奥方Suzi Youngについて歌ったラブ・ソング。
................................................................................................................................................
1975年リリース作品の"SongBird"。まるで小鳥のさえずりのようにフルートが舞う人気タイトル・トラック " Songbird " 、メロウ・ワルツ " Josianne " などの他、ジャズや R&B の要素以外にもラグタイムなどの自身の一方のルーツを取り入れているのは他作品同様。

1975
Jesse Colin Young
"SongBird"
1. Songbird
2. Before You Came
3. Daniel
4. Josiane
5. Again
6. Slick City
7. 'Til You Come Back Home Again
8. Sugar Babe
9. Motorhome

Producer, Mixed By Jesse Colin Young

Vocals, Guitar, Mandolin- Jesse Colin Young
Arranged By [Horns] Ted Ashford
Bass- Kelly Bryan
Drums, Percussion- Jeff Myer
Fiddle- John Tenney
Flute, Saxophone, Clarinet- Jim Rothermel
Harmony Vocals- Jerry Corbitt, Jesse*, Scott*, Suzi Young
Steel Guitar- Hank De Vito*
Tenor Saxophone- Ron Stallings
Trumpet- Peter Welker

1. Songbird

小鳥のさえずりのようにフルートが舞うボッサ風味のピースフルなライト・メロウ・ナンバー。美声で表題曲を聞かせるチャートは26位と上昇 。

2. Before You Came


3. Daniel


4. Josiane


5. Again


6. Slick City


7. 'Til You Come Back Home Again


8. Sugar Babe

Youngbloods時代のナンバー 。山下達郎が自身のバンド名をここから頂いたということでもお馴染み 。

9. Motorhome

..........................................................................................................................................
1976年発表"On The Road"このライヴ・アルバムは当時の彼のスタジオ・アルバムのレコーディング・メンバーとのツアーの模様を収録。
"Sunlight"は彼がソロ・デビュー前に在籍していたヤング・ブラッズ時代のナンバー。"Ridgetop"はこのアルバムのハイライトとも言える4thアルバム「Song for Juli」 収録のナンバー。 独特のR&B、ブルース、ジャズなどの幅広い音楽性をミクスチャーしたサンドを象徴するかのような大作でチャートは34位、バック・ミュージシャンの演奏も秀逸。

1976
Jesse Colin Young
"On The Road"
1.Sunlight(Jesse Colin Young )
2.Walkin' Off the Blues(Jesse Colin Young )
3.Peace Song(Jesse Colin Young )
4.Miss Hesitation(Jesse Colin Young )
5.What's Going On( Marvin Gaye, Renaldo Benson,Al Cleveland )
6,Mercy Mercy Me (The Ecology)(Marvin Gaye) 
7.Corinna(Traditional 、Arr by Taj Mahal)
8Have You Seen My Baby(Randy Newman )
9.Ridgetop(Jesse Colin Young )
10.T-Bone Shuffle(T-Bone Walker )

Produced by Jesse Colin Young

Jesse Colin Young: Guitar, Vocals
Taj Mahal: Arranger
David Hayes: Bass, Harmony, Vocals
David Haynes: Bass, Harmony
Suzi Young: Harmony, Vocals
Jeff Myer: Drums
Jim Rothermel: Horn, Wind, ARP Synthesizer
Scott Lawrence: Harmony, Keyboards

1.Sunlight

ソロ・デビュー前に在籍していたヤング・ブラッズ時代のナンバー

2.Walkin' Off the Blues(Jesse Colin Young )


3.Peace Song(Jesse Colin Young)


4.Miss Hesitation(Jesse Colin Young)


5.What's Going On~6,Mercy Mercy Me

Marvin Gayeの名曲

7.Corinna(Traditional 、Arr by Taj Mahal)


8. Have You Seen My Baby

Randy Newmanのカバー

9.Ridgetop(Jesse Colin Young)

4thアルバム「Song for Juli」収録のナンバー

10.T-Bone Shuffle(T-Bone Walker)
...............................................................................................................................
1977年発表、ソロ6作目"Love On The Wing"。プロデュースは、そのヤングブラッズ時代にもプロデュースを担当した、フェリックス・パパラルディ。愛妻スージー・ヤングとのデュエットでのラグタイム・ジャズ " Do It Slow " 、彼らしいハートウォームな " Higher & Higher " などを収録。ホームメイド感覚に溢れた1枚。バイクに腰掛けた奥さんとのツー・ショットジャケットが微笑ましい。チャートは64位でちょっと下がり目。

1977
Jesse Colin Young
"Love On The Wing"
1. Higher And Higher
2. Love In The Wing
3. Workin'
4. Hey, Good Lookin'
5. Fool
6. Drift Away
7. Do It Slow
8. California Cowboy
9. Louisiana Highway
10. Your Lovin' Hobo

Producer – Felix Pappalardi,Jesse Colin Young

Vocals, Guitar – Jesse Colin Young
Steel Guitar [Pedal] – Hank Devito
Bass – David Hayes
Drums – Jeff Myer
Keyboards – Scott Lawrence
Horns – Jim Rothermel
Vocals – Suzi Young
Backing Vocals – David Hayes, Felix Pappalardi, Nicolette Larson, Suzi Young

1. Higher And Higher


2. Love In The Wing


3. Workin'


4. Hey, Good Lookin'


5. Fool

泣きのメロウ・フォーキー

6. Drift Away


7. Do It Slow

愛妻スージー・ヤングとのデュエット

8. California Cowboy


9. Louisiana Highway

10. Your Lovin' Hobo



同年ウエストコースト最後の大物というキャッチフレーズで来日している。
........................................................................................................................
ジェシ・コリン・ヤングのElektra移籍第一弾、1978発表"American Dreames"。清涼感溢れる優しい歌声、より洗練された、ポップ、ソウル、AORへと進化した作品。グルーヴィーなベースラインと心地よいギターカッティングが効いたファンキーな「Slow And Easy 」、 メロウ・グルーヴ「Maui Sunrise」等を収録。以前、廉価CDとして再発されたCDは異常に高いので貴重な再発物。チャートは165位と振るわなかった。

1978
Jesse Colin Young
"American Dreames"
Side A  
1.Rave On
2.Slow And Easy
3.Maui Sunrise
4.Reveal Your Dreams
5.Knock On Wood
Side B 
1.City Boy
2.Music In The Streets
3.Can We Carry On The Dream
4.Sanctuary
5.What If We Stay

producer- Jesse Young,Jef Labes

Jesse Colin Young-vocals, guitar
David Hayes-bass
Scott Lawrence-keyboards
Jeffrey Myer-drums, percussion
Jim Rothermel-saxophone, flute, clarinet
Jef Labes- arrangements, brass arrangements, string arrangements, vocal arrangements, conductor, keyboards, synthesizer
Jesse Young- arrangements, brass arrangements, string arrangements, vocal arrangements, background vocals
Suzi Young-photography, background vocals

Side A  
1.Rave On


2.Slow And Easy


3.Maui Sunrise


4.Reveal Your Dreams


5.Knock On Wood


Side B 
1.City Boy


2.Music In The Streets


3.Can We Carry On The Dream


4.Sanctuary


5.What If We Stay

............................................................................................................................................
1982年に発表した10枚目のアルバム「The Perfect Stranger」。
AORに挑戦した異色作。ジェシ本来の持ち味とはかなりかけ離れますが、彼は、決してAORアーティストと呼ばれる人ではなく、彼のアルバムを全体的に見てもAORを得意としているわけではありませんが、これはこれで質の高い楽曲、ヴォーカルが楽しめます。彼の以前の作品ほど商業的な成功を収めていませんが、1982年らしいAORな作品にできあがっております。AOR界では、豪華メンバーが終結した畑違いアーティストによる逸品と名高い1枚と言われています。

ミュージシャンも、マイク・ポーカロ、ティモシー・シュミット、ロベン・フォード、カーリー・サイモン、バジー・フェイトン、スティーヴ・ルカサーなどなどが参加。

1982
Jesse Colin Young
"The Perfect Stranger "
01. The Perfect Stranger
02. Fight For It
03. Ophelia
04. Fire on the Water
05. Long Nights Coming
06. Jamie
07. Night School
08. On the Edge
09. The Cross

Producer – Michael James Jackson

Jesse Colin Young - vocals
Bill Payne - piano
Bill Cuomo - keyboardssynthesizers, electric piano
Phil Kenzie - saxophone
Caz Macino - saxophone
Ozzie Ahlers - synthesizers
Marty Paich - strings
Sheila Escovedo - tambourine
Michael James Jackson - bells, claves, producer
Rick Vito - slide guitars
Mark Goldenberg - guitars, synthesizers
Steve Lukather - electric guitars
Dean Parks - rhythm and acoustic guitars
Dennis Herring - rhythm guitars
Buzzy Feiten - rhythm guitars
Chris Mickie - guitars
Robben Ford - electric guitars
Josh Leo - electric guitars
Fred Tackett - acoustic guitars
Michael Porcaro - bass
Bob Glaub - bass
Art Wood - drums
Carlos Vega - drums
Russ Kunkel - drums
Carly Simon - vocals
Timothy B. Schmit - backing vocals
David Jenkins - backing vocals

A1 The Perfect Stranger


A2 Fight For It

Carly Simonとのデュエット・ナンバー、Robben Fordのギター・ソロがメロディアス

A3 Ophelia

名曲バラード。ビル・クオモの優しいイントロから始まり、少ししゃがれた弱々しいジェシの声は・・・・せつなさを一杯に歌い上げます。

A4 Fire On The Water

ジェシ・コリンとマイク・マクドナルドとの共作、エレピとシンセの使い方が、いかにもマイク・マクドナルド。

A5 Long Nights Coming


B1 Jamie


B2 Night School

ドライヴ感のあるポップ

B3 On The Edge


B4 The Cross And The Gun


B5 The Hawk

フェンダー・ピアノの音が印象的なメロディアスなバラード・ナンバー



以上、残念ながら、ジェシ・コリン・ヤングのアルバムはここまでしか所持してません。
............................................................................................................................................
1995年にカリフォルニアの自宅が火災に遭い、その後ハワイに移住しコナコーヒー園を経営しながら音楽活動を続けて新作をマイペースで発表。2012年にライム病と診断され、音楽から引退することを決意。音楽活動から離れていた時期もあったという。しかし、2016年に息子のトリスタン・ヤングと再び音楽活動を始め、自身のバンドを引き連れ、2019年にBMGを通じてニューアルバムDreamersをリリース。イーストコーストを中心にライヴを行って活躍をつづけていいる。現在80歳、凄いです。
..........................................................................................................................................
Albums紹介
The Soul of a City Boy/1964
Young Blood/1965
Together/1972
Song for Juli./ 1973
Light Shine/1974
Songbird/1975
On the Road/1976
Love on the Wing/1977
American Dreams/1978
The Perfect Stranger/1982
The Highway is for Heroes/1987
Makin' It Real/1993
Swept Away/1994
Sweetwater/1996
Walk The Talk/2001
Living in Paradise/2004
Celtic Mambo/2006
Dreamers/2019
.......................................................................................................................

おまけ
at Daryl's House in Pawling, NY on February 17, 2017

1976年発表のライブアルバム"On The Road"から収録でマービン・ゲイのカバー「ホワッツ・ゴーイング・オン~マーシー・マーシー・ミー」のメドレーです。当時の収録ライブではパーカッションに先導された美しいエレピのイントロから、ジェシのゆったりとしたヴォーカルが始まり・・・・・・「ワッツ・ゴーイング・オン」の「Mother, mother」の出だしが心地よく始まり、間奏では「Mercy, mercy me」のコーラスをバックに官能的なサックスソロが続き、再び「Mother, mother」から始まる「ホワッツ・ゴーイング・オン」に戻ります。が、下記の Daryl's House にての2017年ライブもすばらしい一言です。

What's Going On & Mercy Me (Live)2017

Members of the Jesse Colin Young Band:
Lead Vocals / Rhythm Guitar - Jesse Colin Young
Drums - Donnie Hogue
Bass - Tristan Young
Electric Guitar - Aleif Hamdan
Sax - Jack Sheehan
Back Up Vocals - Virginia Garcia-Alves & Sally Rose
Keyboards - JennHwan Wong
..............................................................................

Daryl's House にての2017年ライブ

Jesse Colin Young - T-Bone Shuffle (Live)2017

Members of the Jesse Colin Young Band:
Lead Vocals / Rhythm Guitar - Jesse Colin Young
Drums - Donnie Hogue
Bass - Tristan Young
Electric Guitar - Aleif Hamdan
Sax - Jack Sheehan
Back Up Vocals - Virginia Garcia-Alves & Sally Rose
Keyboards - JennHwan Wong


☆因みに、ベーシストの Tristan Youngはご子息です。
☆Daryl's Houseとは
(ニューヨーク州ミラートンのシンガーソングライターDaryl Hallの自宅でのホールライブコンサート)

..........................................................................................................
1972年発表" Together"
Together - Young, Jesse Colin
Together - Young, Jesse Colin

1973年発表"Song for Juli"
【輸入盤LPレコード】Jesse Colin Young / Song For Juli【LP2016/9/23発売】 - あめりかん・ぱい

1974年発表"Light Shine"

Lightshine
Kanikapila Music,LLC
2014-10-09
Jesse Colin Young

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Lightshine の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


1975年発表"Song Bird"

Songbird
Edsel Records UK
1997-09-24
Jesse Colin Young

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Songbird の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


1976年発表"On The Road"

オン・ザ・ロード
Warner Music Japan =music=
2008-06-25
ジェシ・コリン・ヤング

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by オン・ザ・ロード の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


1977年発表"Love On The Wing"

Love on the Wing
Edsel Records UK
1996-06-18
Jesse Colin Young

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Love on the Wing の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


1978発表"American Dreames"

American Dreams
Wounded Bird
2010-01-26
Jesse Colin Young

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by American Dreams の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



The Perfect Stranger [LP] - Jesse Colin Young
The Perfect Stranger [LP] - Jesse Colin Young

【輸入盤】ハイウェイ・トルバドール [ JESSE COLIN YOUNG ] - 楽天ブックス
【輸入盤】ハイウェイ・トルバドール [ JESSE COLIN YOUNG ] - 楽天ブックス

輸入盤 JESSE COLIN YOUNG / DREAMERS [CD] - ぐるぐる王国FS 楽天市場店
輸入盤 JESSE COLIN YOUNG / DREAMERS [CD] - ぐるぐる王国FS 楽天市場店

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント