ガスリー・トーマス(Guthrie Thomas)

ガスリー・トーマス
(Guthrie Thomas)
生年月日は定かではない
テキサス生まれでオクラホマ育ち
フォーク・ロック系のシンガー・ソングライター
21歳のときに大きな影響を受けたランブリン・ジャック・エリオットに出会い、しばらく彼と行動を共にする。74年にプレス数500枚というデビュー作を制作。75年にキャピトルからメジャー・デビュー。
キャピトルとの契約のいきさつは、ランブリン・ジャックを通して親しくなっていたアーロ・ガスリーがデビュー作をリンゴ・スターに聞かせたところ、リンゴがキャピトルの重役に契約すべきと進言したのだという。リンゴは76年のキャピトルからの2作目『偽りの告白』でドラムズを担当。
.............................................................................................................................................................................................................

"Guthrie Thomas One &Lies And Alibis"
1997年にVIVIDより初CD化としてリリースされたこの盤。ガスリー・トーマスのファースト(75年)とセカンド(76年)の2in1。ちなみに、デビュー作品は、1975年に発売された。アルバム名は「Guthrie Thomas 1」邦題は「ガスリー・トーマス」(表紙は著名なカメラマン、ノーマン・シーフによるモノクロ写真をあしらったもの)
このライナーによるとガスリー・トーマスの父親がウディ・ガスリーと交流があって、息子の名前に彼の名をつけたとのこと。70年代半ばでのリリースながら、ホーボー・ソングも収録した内容は50~60年代の伝統を感じさせる。①~⑩までがファーストアルバム「ガスリー・トーマス」収録曲、基本的にはフォーク、カントリー、ブルース、ラグタイムなどの要素も取り込んだルーツサウンド。

1975
"Guthrie Thomas One "
1. Rollin' Home (G. Thomas)
2. Looking for You (G. Thomas, T. Ray)
3. Traveling Man (G. Thomas)
4. Right by My Side (G. Thomas)
5. Tonight (G. Thomas)
6. Too Young to Sing the Blues (G. Thomas)
7. Emily (G. Thomas)
8. Dear Ginny, Dear Ginny (G. Thomas)
9. In a Young Girl's Mind (H. Axton, M. Dawson)
10. Ole Sawdust (G. Thomas)

Credits:
Renee Armand - Background Vocals
Denny Brooks - Background Vocals
Tom Brumley - Pedal Steel Guitar
Steve Cropper - Background Vocals
Mark Dawson - Harmonica, Background Vocals
Dan Dugmore - Pedal Steel Guitar
John Hartford - Banjo, Fiddle, Background Vocals
John Hobbs - Piano
David P. Jackson - Background Vocals
Roger Johnson - Electric Guitar
Jim Keltner - Drums
Nicolette Larson - Background Vocals
Michael Melvoin - Piano
Lee Montgomery - Background Vocals
David Paich - Organ
Reinhold Press, Jr. - Bass
Lyle Ritz - Bass
Ringo Starr - Drums, Background Vocals
Guthrie Thomas - Guitar, Vocals
Ron Tutt - Drums
Waddy Wachtel - Slide Guitar, Electric Guitar

Nikolas Venet - Producer

Rollin' Home


Too Young to Sing the Blues


Emily


日本発売は1976年、アメリカでの2nd盤は「Lies And A1ibis」と表題され、邦題名は「偽りの告白/ガスリー・トーマス」だった。76年にリリースされた。共に76年発売だが、わが国ではセカンド盤が先に発売されてしまった
この2枚目の主な助っ人たちを紹介しておこう、⑪~⑲までの2ndアルバム「偽りの告白」はリンゴ・スター、ジム・ケルトナー(1stにも参加)、デヴィッド・フォスター、スティーブ・クロッパー、レネー・アーマンド、デヴィッド・ペイチ、ニコレット・ラーソンなどのミュージシャンが参加のアルバム

11. Fifty-Five
12. Good Days Are Rollin’ In
13. Band Of Steel
14. For A While
15. Sweet Virginia
16. Yesterdays & Tomorrows
17. I’ll Be Lucky
18. Her Song
19. Ramblin’ Cocaine Blues

ジョン・ハートフォード(フィドル&バンジョー)
ジム・ケルトナ(ドラムス)
リンゴ・スター(ドラムス)
ロジャー・ジョンソン(ギター)
デヴィッド・フォスター(ピアノ)
トム・ブラムレイ(ペダル・スティール・ギター)など

Good Days Are Rollin’ In


Band Of Steel

Ringo Starr, Jim Keltner, Lyle Rich, Roger Johnson, Tom Brumley, David Paich, David Foster, Lee Montgomery, Nicolette Larson, and Mr. Marc Edelstein. Recorded in 1976. Written by Ringo Starr

Sweet Virginia

.............................................................................................................................................................................

1979年のアルバム
The Poisonous Beauty /Guthrie Thomas

ピアノでの弾き語りとインストが各1曲でそれ以外はギターの弾き語りです。
なんでこんなに瑞々しいアコースティック・ギターの音が録れるんだろう。
ジャケとタイトルもフランス語で「La Belle Poisoneuse」と変えられたアルバムもあるみたいです

side.1
1.You Can't Buy No Love Songs
2.You Make It Easy
3.Knowin' That My Baby's Waitin'
4.Come To A Road
5.What Must I Do

side.2
1.Will I Love Again
2.If I Could Find The Words
3.Sarah Maris
4.Catch The Clown
5.Lady On The Piano

produced by Guthrie Thomas

Guthrie Thomas In Concert "You Can't Buy No Love Songs"


Come To A Road


What Must I Do


Sarah Maris


.......................................................................................................................................................................................

"Guthrie Thomas One &Lies And Alibis"
1997年にVIVIDより初CD化としてリリースされたこの盤。ガスリー・トーマスのファースト(75年)とセカンド(76年)の2in1。
画像
















1979年のアルバム
The Poisonous Beauty /Guthrie Thomas
画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック