サンフォード&タウンゼンド・バンド(Sanford Townsend Band)

サンフォード&タウンゼンド・バンド
(Sanford Townsend Band)
74年にロスアンジェルスで結成したデュオ・グループ。
アラバマ出身のスタジオ・ミュージシャン/キーボーディストのEd Sanford、John Townsendが中心
ソングライター・チームとしてスタート。
1974年のアメリカン・ソング・フェスティバルというイベントに〔オリエンタル・ゲート〕という曲を応募したところ見事第一位を獲得。ナイジェル・オルソンやケニー・ロギンスに何曲か取り上げられる。
1976年にバンドを結成。大手ワーナーと契約、ジェリー・ウェクスラーとバリー・ベケットのプロデュースによって76年に発表した1st、翌1977年に発表したシングル・カットされた【Smoke From A Distant Fire/スモーク・フロム・ア・ディスタント・ファイア(うつり気な炎)】をリリース。ベスト10入り。他にも『イン・フォー・ザ・ナイト』が78年にダート・バンドにカバーされヒット。

76年に発表されたサンフォード&タウンゼンドの1stアルバムで、と記したが、実は正確に言うと若干の訂正が必要になる。彼らのデビュー時の名義はサンフォード - タウンゼンド・バンドで、76年にリリースされたデビュー・アルバムのタイトルも当初はグループ名と同じ『The Sanford-Townsend Band』となっていた。そこからカットされたシングルがパッとせずアルバムそのものも全く話題に上らず。そして、これがダメならしょうがない、と翌1977年に発表したシングル<Smoke From A Distant Fire(うつり気な炎)>がその夏に大ヒット。6月に全米チャートに顔を出し、9月には待望のベスト10入りを果たしている。ビルボードでは最高9位を記録、キャッシュ・ボックスではなんとNo.1を記録。いち早くレコード会社がその夏、アルバムをリニューアルして再発。ジャケットを中心メンバーの2人の写真に変え、アーティスト名もバンドではなくSanford And Townsendに変更。そしてアルバム・タイトルもセルフ・タイトルからヒットしている曲名『Smoke From A Distant Fire』へと変更。

さて、この二人を中心とするサンフォード=タウンゼント。バンドはもう一枚【デュオ・グライド】というアルバムを残して解散。Ed Sanfordはケニー・ロギンスを通じてMichael McDonaldと『I Keep Forgettin’/アイ・キープ・フォゲッティン』などを作曲している。
プロデュースはジェリー・ウエクスラーとバリー・ベケット。二人が後押ししていたことからもサンフォード=タウンゼントにいかに期待していたかがわかる。
.........................................................................................................................................................................................

76年に発表したデビュー・アルバム"Sanford Townsend Band。
ソングライターとしての下積みが顕著にあらわれた内容で、後に素晴らしい曲を提供するのを予感できる逸品だ
ケニー・ロジャースの声が登場する共作曲<Original Gate(No Chance Of Changin’ My Mind)>も絶品の一語。
2曲目の<Moolah Moo Mazuma (Sin City Wahh-oo)>でのメロウでジャジーな骨太ポップにも十分に酔いしれてしまうし、ファンキーな4曲目<Shake It To The Right>でのヴォーカル・パフォーマンス及びドラム・プレイはまさに一級品。

1976
Sanford Townsend Band
1. Smoke From A Distant Fire
2. Mollah Moo Mazuma (Sin City Wahh-oo)
3. Oriental Gate (No Chance Of Changin' My Mind)
4. Shake It To The Right
5. Squire James
6. Does It Have To Be You
7. Lou
8. Sunshine In My Heart Again
9. In For The Night
10. Rainbows Colored In Blue

Producer – Barry Beckett, Jerry Wexler

THE PLAYERS:
Ed Sanford - Keyboards, Vocals
John Townsend - Lead Vocals, Keyboards
Otis Hale - Guitarzan, Woodwinds
Roger Johnson - Guitars and Humor
Jerry Rightmer - Basser
Jim Varley - Drummist

Guests:
Barry Beckett - Keyboards
Tom Roady - Percussion
Kenny Loggins -Vocals
George Hawkins & Billy Townsend - Backing Vocals
Ted Wex - Basso Profundo
Jon Clark - Woodwinds

All Titles Written & Arranged By: The Sanford Townsend Band

Smoke From a Distant Fire(うつり気な炎) 77年9位

あまりにAORな音。

Shake It To The Right


Sunshine In My Heart Again

....................................................................................................................................................................................

Albums
Sanford Townsend Band (1976)
Smoke from a Distant Fire (1977) US #57
Duo-Glide (1978) US #92
Nail Me To The Wall (1979)
................................................................................................................................................................................

Smoke From a Distant Fire
Collector's Choice
2004-07-13
Sanford & Townsend

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Smoke From a Distant Fire の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Duo-Glide [Remastered] by Sanford Townsend Band (2005-04-12) 【並行輸入品】
Collectables
Sanford Townsend Band

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Duo-Glide [Remastered] by Sanford Townsend Band (2005-04-12) 【並行輸入品】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック