ベラミー・ブラザーズ(Bellamy Brothers)-"Plain & Fancy"1977年

ベラミー・ブラザーズ
(Bellamy Brothers)
フロリダ州 パスコ郡出身地
ハワード・ベラミーとデヴィッド・ベラミー兄弟によるカントリー・ユニット
1976年に「愛はそよかぜ」(Let Your Love Flow)が全米ナンバーワン。
当初は弟のデヴィッドをソロのシンガーソングライターとして売り出したいとプロデューサーは考えていたようですが、どうもデヴィッドの歌は合わない感じだ、としてレコーディングしたテープは埃が被ってしまったようでした。そんなとき失業中の兄ハワードの歌う声を聴いて、"Let Your Love Flow"はこの声に歌わせたい!と思ってレコーディングしたところ、大ヒットに!(全米ナンバーワン)
最大のヒットがこの曲でトップ40ヒットはもう1曲(1979年の"If I Said You Had a Beautiful Body Would You Hold It Against Me"…)しかありませんが、カントリー畑ではずっと活躍 、2015年にも全米中をツアーしています!

..........................................................................................................................................................................................

Bellamy Brothers/『Plain & Fancy』
このアルバムは77年の2nd。収録曲は初期Eaglesを思わせるカントリー・テイストの楽曲が殆どだが、一曲外せないのが、当時日本の一部ヒット・チャートでも評判を呼んだ

1977
"Plain & Fancy"
A1 You Made Me
A2 Tiger Lily Lover
A3 Memorabilia
A4 Maybe by Then
B1 Crossfire
B2 Miss Misunderstood
B3 If It's So Easy
B4 Hard Rockin'
B5 Can Somebody Hear Me Now

Maybe by Then


If It's So Easy


Can Somebody Hear Me Now


Hard Rockin'


Crossfire


.........................................................................................................................................

おまけ

Let Your Love Flow (愛はそよ風)

76年1位
 カントリー・ロックがウケていた頃のNo.1ヒット。とにかくさわやか

If I Said You Have A Beautiful Body Would You Hold It Against Me (イフ・アイ・セッド・ユー・ハッド・ア・ビューティフル・ボディ) 

79年39位
とにかく長いタイトル。マルクス・ブラザーズのグルーチョの台詞から。曲はメロディアスなカントリー・ロック。
カントリー・チャートNo.1。英国では3位。

..............................................................................................................................................................

1977年、Plain & Fancy
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック