ペイジ・クレール(Paige Claire)

ペイジ・クレール
(Paige Claire)
1970年頃に制作されたらしいこのアルバムはPaige Claireというひとりの女性によって残された彼女の唯一の作品。彼女はその後この作品を一枚残し音楽のシーンから消えてしまったということです。
プロデュースはジャッキー・ミルズ(ブレディ・バンチ、フレッド・アステア、ボビー・シャーマン等を手掛けた)、アレンジはアル・キャップス。音は割りとソフト・ロッキンなアルバム。全曲素晴らしいですが、バリー・マン=シンシア・ウェイル、ランディ・エデルマン、ミシェル・ルグラン、ラヴ・ジェネレーションのトム・バーラーの曲やブレッドの『Make It With You』など、ソフトで幻想的。

2000年、何の予備知識もないトコに、いきなり再発され、 この作品を知ったのは2000年春にCD化になった時でした。
...........................................................................................................................................................................

リリース年:1971/Stereo USオリジナル
Paige Claire / Paige Claire (CD)
発表年:1971(再発 2013)
レーベル:MGM(再発 Media Arte)

Paige Claire/Paige Claire
01. Just A Little Lovin’
02. I’m Too Shy
03. Make It With You
04. Windmills Of Your Mind
05. I’m Back Where I Started With You
06. Come Back And Shake Me
07. Sunny Day
08. You Say I Should Forget
09. It Was Always You
10. I Will Love You
11. Paint My World Blue

I'm Too Shy


I’m Back Where I Started With You


Windmills Of Your Mind

...........................................................................................................................

ペイジ・クレール [初回限定盤][CD] / ペイジ・クレール
CD&DVD NEOWING
コチラ↓より、初回盤・特典の詳細、在庫情報・出荷状況をご確認ください。<内容>紙ジャケット仕様。<ア


楽天市場


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック