マイケル・ブーブレ(Michael Buble)-"It's Time"2006

マイケル・ブーブレ
(Michael Buble)
本名はマイケル・スティーヴン・ブーブレ
1975年9月9日生まれ
カナダ、ヴァンクーヴァー出身
男性ヴォーカリスト、シンガーソングライター
カナダ首相の令嬢の結婚式で、プロデューサーデイヴィット・フォスターとの運命的な出会いがMichael Bubléのデビューするきっかけ、2003年に自身の名前を冠したデビューアルバム『マイケル・ブーブレ』を発売、カナダ、イギリス、オーストラリアのチャートで軒並みTOP10入りを記録。12ヶ国でプラチナ・ディスク、3ヶ国でゴールド・ディスクを獲得、全世界で400万枚を売り上げる。2004年、カナダのジュノー賞で最優秀新人賞を獲得。同年夏には『スパイダーマン2』のエンディング・テーマに起用、アメリカの人気TVドラマ『ラス・ベガス』にも出演。
2005年リリースのアルバム『イッツ・タイム』はアメリカで特に好評を博し、同アルバムからのシングル『ホーム~きみのもとへ帰りたい』がビルボード誌のアダルト・コンテンポラリー・チャート・NO.1を獲得、全世界売上枚数が450万枚を突破。2006年のジュノー賞では最多4部門を受賞、ライブCD・DVD『Caught In The Act』は、2年連続でグラミー賞にノミネート。2007年、アルバム『コール・ミー・イレスポンシブル』を発売。アメリカ、カナダ、ドイツ、オランダ、南アフリカ、オーストラリアの6ヶ国で初登場1位を獲得、全世界で売上枚数1,100万枚を突破。名実ともにワールドワイドで大ブレイクに至る。2010年に発売されたアルバム「クレイジー・ラヴ」は全米アルバム・チャート2週連続1位、amazon,iTunesでも1位の快挙獲得。
......................................................................................................................................

2006年
4枚目
ジャズというかポップヴォーカルというかアダルトな雰囲気のカナダディアンシンガーの4枚目のスタジオ・アルバム。もはやセレブな雰囲気の白人男性でフランクシナトラを思い起こさせる。久しぶりにこんなアルバムを買ったな。

It's Time"イッツ・タイム ~ マイケル・ブーブレ
1. feeling good
2. a foggy day (in london town)
3. you don't know me
4. quando, quando, quando DUET WITH NELLY FURTADO
5. home
6. can't buy me love
7. the more I see you
8. save the last dance for me
9. try a little tenderness
10.how sweet it is
11.song for you FETURING CHRIS BOTTI
12.I've got you under my skin
13.you and I
14.softly as I leave you

feeling good


quando, quando, quando


home


.how sweet it is


song for you


.I've got you under my skin

シナトラ、キャピトル時代の最高傑作の一枚"Song for Swingin' Lovers!" の中の1曲で、ネルソン・リドルの編曲と全く同じ構成で歌っておりますが・・・・・・・・・・・。
........................................................................................................................................................................

It's Time
Reprise / Wea
2005-02-08
Michael Buble

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by It's Time の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック