シャノン・マクナリー(Shannon McNally)-"Small Town Talk "2013

シャノン・マクナリー
(Shannon McNally)
1973年生まれ
ロングアイランドのニューヨーク州 ヘンプステッド出身
ニューオーリンズの女性リズム&ブルース・シンガー/シンガー・ソングライター
大学では文化人類学を専攻。ニューヨーカーでしたが、デビュー後にニュー・オーリンズに移り住んでいます。2002年デビュー作『Jukebox Sparrows』では、ジム・ケルトナー/ジェームス・ギャドソン/ベルモンド・テンチといった名うてのベテラン勢にバックに、ブルースやカントリー、R&Bに根差したサウンドを発表。2002年末にはニール・カサールとの共作『Ran on Pure Lightning』を、その後も2005年『Geronimo』などコンスタントにリリース。他にもエリック・リンデル、ジム・ローダーデイル、ジョン・メレンキャンプらと共演。2013年には友人ボビー・チャールズへのトリビュート盤『Small Town Talk』 を発表。Dr John始め、デレク・トラックス、ルーサー・ディッキンソンらが参加。アコースティックを基調としたアーシーな音楽性を志向。
...................................................................................................................
Shannon McNally/Small Town Talk(副題『The Songs Of Bobby Charles』 (Sacred Sumac Music)
2013年に発表されたシャノン・マクナリーのソロ・アルバム。ボビー・チャールズの楽曲を採り上げたカヴァー・アルバム。録音は5年くらい前なので、まだボビー・チャールズも存命中。レコーディングにも協力。シャノンは2005年の傑作『ジェロニモ』で「テネシー・ブルース」をカヴァーしていた。プロデュースがシャノン・マクナリー自身とDr John。 バックをつとめるのはボビー・チャールズの盟友Dr Johnと、彼が率いるバンド、デレク・トラックス、ルーサー・ディッキンソン、ヴィンス・ギル、ミッキー・ラファエル、Dr JohnのバックバンドだったThe Lower 911。録音は、2007年だったので、ドラムに亡くなってしまったHerman V.Ernest Ⅲもいます。このアルバムが2007年に録音された後、ボビー・チャールズは2010年に他界。そして、このアルバムに参加しているDr JohnのドラマーであったHerman V.Ernest Ⅲも、2011年に他界。ボビー・チャールズの伝説のBearsville レーベルのデビュー・アルバムから5曲カバー。"Street People" "Long Face" の2曲は初カバー。2曲目の "Can't Pin A Color"という曲はボビー・チャールズ自身も歌っていないという。13曲目の "Smile (So Glad)"という曲は聴いた事のないタイトル。「Small Twon Talk」、「Street People」、「Homemade Songs」、「Long Face」、「But I Do」など14曲のボビー・チャールズ・ソングが収録。

彼女は、アルバムを、ボビー・チャールズ、ハーマン・アーネスト、ワーデル・ケゼルグ、ジョエル・ドーン、ベン・キース、レヴォン・ヘルムに捧げている。

2013
Shannon McNally (Sacred Sumac Music)
"Small Town Talk"
1 Street People
2 Can't Pin A Color
3 String of Hearts
4 I Spent All My Money
5 Cowboys and Indians
6 Homemade Songs
7 Long Face
8 Small Town Talk
9 I Don't Want to Know
10 But I Do
11 Love In the Worst Degree
12 Save Me Jesus
13 Smile (So Glad)
14 I Must Be in a Good Place Now

Producer – Mac Rebennack, Shannon McNally

Musicians
Shannon McNally:Vocals,Guitar On “Homemade Songs”
Herman V. Ernest Ⅲ:Drums,Percussion
David Barard:Bass
John Fohl:Guitar
Mac Rebennack:Piano,B3
Derek Trucks:Guiatr On “ Cowboy And Indians”
Luther Dickinson:Guitar On “Can’t Pin A Color”
Vince Gill:Guitar On “But I Do”, Guest Vocal On “String Of Hearts”
Will Sexton:Guitar On “Homemade Songs”
Alonzo Bowens:Tenor Sax,Horn Arrangements
Jason Mingledorff:Baritone Sax
Charlie Miller:Flute,Mute Trumpet
Harry Hardin:Violin
Natalia Cascante:Violin
Lauren Lemmler:Viola
Helen Gillet:Cello
Ken “Aflo” Williams:Percussion
Background Vocals:Dr. John And The Lower 9111 Band,Shannon McNally

1 Street People


2 Can't Pin A Color


6 Homemade Songs


7 Long Face


8 Small Town Talk - Official Music Video (2013)

Small Town Talk (Songs Of Bobby Charles) (2013)

9 I Don't Want to Know


10 But I Do


11 Love In the Worst Degree


13 Smile (So Glad)


14 I Must Be in a Good Place Now

...........................................................................................................................
Discography
2002: Jukebox Sparrows (Capitol)
2004: Run for Cover (Tail Feather)
2005: Geronimo (Back Porch)
2006: North American Ghost Music (Back Porch)
2009: Coldwater (self-released)
2010: Western Ballad (Sacred Sumac)
2013: Small Town Talk (Songs of Bobby Charles) (Capitol, Nettwerk)
2017: Black Irish (Compass)
.................................................................................................................................
【中古】 【輸入盤】Small Town Talk /シャノン・マクナリー 【中古】afb - ブックオフオンライン楽天市場店
【中古】 【輸入盤】Small Town Talk /シャノン・マクナリー 【中古】afb - ブックオフオンライン楽天市場店
ブラック・アイリッシュ [ シャノン・マクナリー ] - 楽天ブックス
ブラック・アイリッシュ [ シャノン・マクナリー ] - 楽天ブックス

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック