ジョン・スコフィールド(John Scofield)-That's What I Say(2005)

ジョン・スコフィールド
(John Scofield)
1951年12月26日生まれ
オハイオ州デイトン出身
アメリカのジャズギタリスト。
ジャズ、フュージョン系のミュージシャンとして、セッションやソロで活動。
'74年カーネギー・ホールにて行われたジェリー・マリガン=チェット・ベイカーの再会コンサートでレコーディング・デビュー。ビリー・コブハム、ゲイリー・バートン等と共演。'82'85年はマイルス・デイヴィスのバンドに参加。'86年にはマーク・ジョンソンのベース・ディザイアーズに参加。エンヤ、グラマヴィジョン、ブルーノートを経て、'96年ヴァーヴと契約。1998年『A GO GO』、2000年『バンプ』を連発。2001年は、故ビリー・ヒギンズ(ds)をフィーチュアしたストレート・アヘッド作『ワークス・フォー・ミー』を発表。 2018年に『コンボ 66』 - Combo 66(2018年4月録音)(Verve)を発表。
...............................................................................................................................................................................................

That's What I Say/John Scofield (2005)
2005年、ジョン・スコのレイ・チャールズ、トリビュート・アルバム。
南部臭がかなり強い。ウィーリー・ウィークスとスティーヴ・ジョーダン、ラリー・ゴールディングスのキーボードというオイシイ面子が中心でして豪華ゲストが参加。ニュー・オリンズからドクター・ジョン、オールマンのウォーレン・ヘインズ、ジョン・メイヤー、アーロン・ネヴィルも参加。当然ながら、最高。

2005
That's What I Say/John Scofield Plays the Music of Ray Charles
1."Busted"
2."What'd I Say"
3."Sticks And Stones"
4."I Don't Need No Doctor"
5."Cryin' Time"
6."I Can't Stop Loving You"
7."Hit The Road Jack"
8."Talkin' 'Bout You/I Got A Woman"
9."Unchain My Heart (Part 1)"
10."Let's Go Get Stoned"
11."Night Time Is the Right Time"
12."You Don't Know Me"
13."Georgia On My Mind"

John Scofield - guitar, finger snapping
Dr. John - piano, vocals
Aaron Neville - vocals
Larry Goldings - Hammond organ, vibes, Wurlitzer
Howard Johnson - baritone saxophone
Alex Foster - tenor saxophone
Vaneese Thomas - background vocals, hand clapping
Lisa Fischer - background vocals, hand clapping
Warren Haynes - vocals, slide guitar
Manolo Badrena - percussion, tambourine, timbales, Spanish vocals
Earl Gardner - trumpet
David Newman - tenor saxophone
Keith O'Quinn - trombone
Mavis Staples - vocals
Willie Weeks - Bass, Ampeg Baby Bass
John Mayer - acoustic guitar, electric guitar, vocals
Meegan Voss - background vocals
Steven "Steven J." Jordan - drums, tambourine, background vocals, hand clapping, finger snapping

プロデュースはもちろんSusan Scofield

What'd I Say

レイ・チャールズの楽曲の中でも特に有名

3曲目”Sticks And Stones”

ジャズファンク好きの僕にとってのベストトラックです♪

4曲目”I Don’t Need No Doctor”

ジョンスコがオルガンのロングトーンをバックに独奏するゴスペル風のアレンジ。1分33秒の演奏ですが、名演。

6曲目”I Can’t Stop Loving You”

レイ・チャールズの熱唱で知られるこの名バラード曲を、大御所メイビス・ステイプルが歌いあげます!

8曲目”Talkin’ About You”と”I Got A Woman”

メドレー形式です。 ピアノを弾いているのはドクター・ジョン

11曲目”Night Time Is The Right Time”

オールマン・ブラザーズ・バンドやガバメント・ミュールで活動するウォーレン・ヘインズがリードボーカルを務めています

12曲目”You Don’t Know Me”

歌うのは、エンジェル・ボイスのアーロン・ネヴィルです。

13曲目”Georgia On My Mind”

レイ・チャールズの最高の名演で知られるバラード曲、なんとこの名曲を、ジョンスコがアコギで独奏しています。
.........................................................................................................................................
輸入盤 JOHN SCOFIELD / THAT’S WHAT I SAY [CD] - ぐるぐる王国FS 楽天市場店
輸入盤 JOHN SCOFIELD / THAT’S WHAT I SAY [CD] - ぐるぐる王国FS 楽天市場店

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック