ヴァレリー・カーター(Valerie Carter)-1974年~1996年

ヴァレリー・カーター
(Valerie Carter)
本名:Valerie Gail Zakian Carter
1953年2月5日生まれ
2017年3月4日死去、享年64歳
フロリダ州ポーク・シティ出身
シンガーソングライター
70年代、80年代と多くのLAポップの人達のアルバムでバックコーラスを努めた人としてよく知られ、James Taylor を筆頭に、Jackson Browne、Don Henley、Linda Ronstadt、Christopher Cross、Earth, Wind & Fire、The Outlaws などのレコーディングやライブに参加。他のアーティストにも曲を提供している。Judy Collins の「Cook with Honey」(1973年のアルバム「True Stories and Other Dreams」収録)、Jackson Browne の「Love Needs a Heart」(1977年のアルバム「Running on Empty」に収録)、Earth, Wind & Fire の「Turn It into Something Good」 (1980年のアルバム「Faces」収録)など。Lowell George がプロデュースしたバンド、Howdy Moon に在籍して同バンド唯一のアルバム「Howdy Moon」を制作した後、1977年の「Just a Stone’s Throw Away」(邦題は「愛はすぐそばに」)でソロアルバムデビュー。1979年に「Wild Child」をリリースした後は、James Taylor を中心に、Jackson Browne、Earth, Wind & Fire、Christopher Cross のレコーディングやツアーで活動。1996年に復帰し「The Way It Is」を発表。Jackson Browne、Earth, Wind & Fire、Neil Young、Van Morrison、Tom Waits などのカバー曲を披露。その後は、Neil Young、Prince をカバーしたミニアルバム「Find a River」(1998年)、コンピレーションアルバム「Vanilla Grits」(2001年)、ライブアルバム「Midnight Over Honey River」(2003年)をリリース。
............................................................................................................................................................................

1974年に発売された、ヴァレリー・カーターの初アルバム・・・・・・・といっても・・・・・・・・・・・。
元フィフスアヴェニューバンドのジョン・リンド、リチャード・ホーヴェイとの3人組コーラスグループ"Howdy Moon" のアルバム。ジャケを見るとヴァレリー、まだ19歳。 リトル・フィートのロウエルジョージがプロデュースしスライドも聞かせている。ヴァレリーがリードヴォーカルをとっているのが③⑥⑧⑨。バックを見るとアーサーアダムスのギター、ベースはチャックレイニー、ドラムにフレッドホワイトなど。この頃からヴァレリーはファンキー系とウェストコースト系と2つの顔を持っていたのだった。

1974
Howdy Moon
"Howdy Moon "
1"Lovelight" (Richard Hovey)
2."Cheyenne Autumn" (Jon Lind)
3."I'm Alone8 (Valerie Carter, Richard Hovey)
4."Nora Lee" (Eric Eisner)
5."Runaway"(Richard Hovey)
6."And You Never Knew"(Ed Brandon, Valerie Carter)
7."Machine"(Richard Hovey)
8."Cook With Honey"(Valerie Carter)
9."For Tonight" (Richard Hovey)
10."Mill Stream" (Jon Lind, Francine Tacker)

Personnel
Valerie Carter - composer, vocals
Richard Hovey - composer, guitar, acoustic guitar, vocals
Jon Lind - composer, guitar, acoustic guitar, vocals
Van Dyke Parks - piano
John Sebastian - autoharp, harmonica
Lowell George - flute, electric guitar, moog synthesizer, slide guitar, background vocals
Sam Clayton - congas
Roy Estrada - bass guitar
Wilton Felder - bass guitar
Andrew Gold - electric guitar
Bobbye Hall - congas
Richie Hayward - drums
Milt Holland - congas, percussion
Jim Keltner - drums
Sneaky Pete Kleinow - pedal steel
Gary Mallaber - drums
David Paich - arranger, string arrangements
Bill Payne - moog synthesizer, piano
Chuck Rainey - bass guitar
Mike Utley - organ
Fred White - drums

6.And You Never Knew

ヴァレリーがリードヴォーカル

8,Cook With Honey(Valerie Carter)

作詞作曲、ボーカルはヴァレリー・カーター

10.Mill Stream


................................................................................................................................................................

Howdy Moonのマネージャーを務めていたBob CavalloがEarth, Wind & Fire、Weather Reportのマネジメントを担当していた関係で、CBSとパイプができ、ソロ・アルバムをレコーディングする機会を得ます。

1977年に彼女が発表したソロ・デビュー・アルバム。ハウディ・ムーン時代の付き合いからか、ロウエルジョージが再度参加。プロデュースは大半がジョージマッセンバーグ(後にリンダロンシュタットのアルバムを手掛ける)。一部がロウエルとモーリスホワイト。ということでLAポップとファンキーのフュージョンというパターン。ちなみにお姉ちゃんがフォークと黒人音楽が好きでその影響を受けたと本人が言っている。

1977
Valerie Carter
"Just a Stone’s Throw Away"
1. Ooh Child
2. Ringing Doorbells In The Rain
3. Heartache
4. Face Of Appalachia
5. So, So, Happy
6. A Stone's Throw Away
7. Cowboy Angel
8. City Lights
9. Back To Blue Some More

参加メンバー
Lowell George、Bill Payne、Paul Barrere、Samuel ClaytonというLittle Feat勢、Maurice White、Verdine White、Fred White、Larry Dunn、Al McKay、Andrew WoolfolkというEW&F勢を中心に、Jackson Browne、Linda Ronstadt、John Sebastian、Deniece Williams、Herb Pedersen、Jeff Porcaro、Fred Tackett、John Hall、Ernest Watts、Jerry Peters、Skip Scarborough、David Campbellなど。プロデュースはGeorge Massenburgですが、Lowell George、Maurice Whiteがそれぞれ2曲ずつ共同プロデュースしています。また、Bill Payne、Jerry Peters、David Campbellがアレンジを担当。

オープニング・ナンバーは「Ooh Child」。
曲はThe Five Stairstepsが1970年にヒットさせたのがオリジナル、ヴァレリーの他にもNina Simone,The Spinners,NewBirth,Richie Havens,Lenny Williams,Leotis,Hall&Oates,Wondermints,Beth Orton,Destiny's Childなど数々のカバーがあります


Ringing Doorbells In The Rain

Witten by R. Koss & Valerie Carter.

So, So, Happy


City Lights

Written by Earth, Wind, & Fire members Maurice White, Larry Dunn, Verdine White, Al McKay & Fred White.
................................................................................................................................................................................................

1978年2ndアルバム"Wild Child"バックが、TOTO勢に変わって鉄壁のLAポップ。プロデュースはジェイムス・ニュートン・ハワード。もともと固い声なのだが、引きがうまくなって、ささやくように歌ったりとヴォーカルテクニックもうまくなっている。全曲おすすめ、ピカ一は②。押さえた16ビートが心地よい。フランス語もおしゃれ。(何とクラプトンバンドでサイドギターを弾いている英国人のアンディ・フェアウェザー・ローの作だった。)①③④⑤⑥が本人の作(共作も含め)?)。⑩ラストは神秘的なサウンド。声を張り上げるとローラ・ニーロを思い出す。ドラムが全曲Jeff Porcaro担当している。

1978
"Wild Child"
1. Crazy
2. Da Doo Rendezvous
3. What’s Becomes Of You
4. Taking The Long Way Home
5. Lady In The Dark
6. The Story Of Love
7. The Blue Side
8. Change In Luck
9. Trying To Get To Know You
10. Wild Child

(Produce)James Newton Howard

参加ミュージシャン
(Key)James Newton Howard、Victor Feldman、Steve Porcaro
(G)Jay Graydon、Steve Lukather、Ray Parker Jr.、Fred Tackett
(B)David Hungate、Chuck Rainey、Verdine White
(Ds)Jeff Porcaro
(Back Vo)David Lasley
(Perc)Lenny Castro
(Sax)Tom Saviano etc

Crazy

Written by Valerie Carter, James Newton Howard & R. Bell

Da Doo Rendezvous


Lady In The Dark


The Story Of Love


The Blue Side


Change In Luck


Trying To Get To Know You

..............................................................................................................................................................................

1996年に、18年ぶりにリリースした3rdアルバム
しばらく名前を聞かないようになっていたが、少しずつバックヴォーカルのクレジットで見るようになった80年代
まあ予算もなかったのか初めてウェストコースト風サウンドになった。前のアルバムがロウエルジョージでこちらはジャクソンブラウンという感じ。なお、ジャクソンのホールドアウトに収録の「THAT GIRL COULD SING」とスティーヴィ・ウィンウッドの大ヒット曲「VALERIE」は「私のことよ。」と本人が言っている。

①いきなりデヴィッドリンドレーぽいギターにびっくり。でもこれはマークゴールデンバーグ。
②おなじみジャクソンブラウンの曲(ランニング・オンに収録)と思ったら、彼女も共作。
③これはEW&Fのヒット曲。あまりひねらずにカバー。

1996
"The Way It Is"
1. The Way It Is
2. Love Needs A Heart
3. That’s The Way Of The World
4. Bleesing In Disguise (Bonus)
5. Into The Mystic
6. Birds
7. I Say Amen
8. Who Is She (And What Is She To You)
9. When The Blues Come To Call
10. I Wonder Why
11.Sea Of Stars
12. Whistle Down The Wind

Produced By Eddie Offord 

Mark Goldenberg,James Harrah (Guitar)
Kevin McCornick (Bass)
Scott Plunkett,Mark Goldenberg (Keyboards)
Mauricio Lewak (Drums)
Debra Dobkin (Percussion)
Joe Sublette (Sax)
Novi Novag (Viola)
Jackson Browne, Linda Ronstadt, Phoebe Snow, James TaylorEdwin McCain, David Lasley, Lyle Lovett, Arnold McCulier, Kate Markowitz, Sweetpea Atkinson (Vocalists)

The Way It Is


Love Needs A Heart

ジャクソン・ブラウン、ローウェル・ジョージ、ヴァレリー・カーターの共作

That’s The Way Of The World

EW&Fのヒット曲。あまりひねらずにカバーしてます

Birds


Whistle Down The Wind

トム・ウェイツのカバー

......................................................................................................................................

当ブログで、ヴァレリー・カーターの2018年のアルバム"The Lost Tapes"を紹介してます。よろしかったら覗いてみてください。
↓               ↓
https://51036951.at.webry.info/201903/article_6.html
..............................................................................................................................................

2017年3月4日死去、享年64歳。ここ数年、ドラッグ禍で体調を崩していたという。心臓発作らしいですが・・・・・。残念です・・・。
 ご冥福をお祈りいたします。
.....................................................................................................................................................

Valerie Carter / Just A Stone's Throw Away: 愛はすぐそばに 【BLU-SPEC CD 2】 - HMV&BOOKS online 1号店
Valerie Carter / Just A Stone's Throw Away: 愛はすぐそばに 【BLU-SPEC CD 2】 - HMV&BOOKS online 1号店
Valerie Carter / Wild Child 【CD】 - HMV&BOOKS online 1号店
Valerie Carter / Wild Child 【CD】 - HMV&BOOKS online 1号店輸入盤 VALERIE CARTER / OOH CHILD: COLUMBIA YEARS [CD] - ぐるぐる王国 楽天市場店
輸入盤 VALERIE CARTER / OOH CHILD: COLUMBIA YEARS [CD] - ぐるぐる王国 楽天市場店
The Way It Is/Find A River [UHQCD][CD] / VALERIE CARTER - CD&DVD NEOWING
The Way It Is/Find A River [UHQCD][CD] / VALERIE CARTER - CD&DVD NEOWING
【送料無料】 Valerie Carter / Lost Tapes 【CD】 - HMV&BOOKS online 1号店
【送料無料】 Valerie Carter / Lost Tapes 【CD】 - HMV&BOOKS online 1号店
ハウディ・ムーン(紙ジャケット仕様) - ハウディ・ムーン
ハウディ・ムーン(紙ジャケット仕様) - ハウディ・ムーン

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ヴァレリー・カーター (Valerie Carter)死去

    Excerpt: 訃報 女性シンガーソングライターのヴァレリー・カーター(Valerie Carter)が死去。 2017年3月3日頃死去。64歳。 TOTOのスティーヴ・ルカサーやキャロル・キングがSNSで訃報.. Weblog: JAMES TERRA racked: 2017-03-07 06:19
  • ヴァレリー・カーター(Valerie Carter)-"The Lost Tapes"2018

    Excerpt: ヴァレリー・カーター (Valerie Carter) 本名:Valerie Gail Zakian Carter 1953年2月5日生まれ 2017年3月4日死去、享年64歳 フロリダ州ポ.. Weblog: JAMES TERRA racked: 2019-03-30 16:01