アストラッド・ジルベルト(Astrud Gilberto )-"The Astrud Gilber

アストラッド・ジルベルト
(Astrud Gilberto)
(ブラジルポルトガル語:Astrud Gilberto(アストルーヂ・ジウベルト)
1940年3月29日生まれ
ブラジル出身
ボサノヴァ・ジャズ、ポピュラー音楽の歌手。
1959年にジョアン・ジルベルトと結婚。
1963年に、アルバム『ゲッツ/ジルベルト(Getz/Gilberto)』でジョアン・ジルベルト、スタン・ゲッツ、アントニオ・カルロス・ジョビンと共演。彼女が英語で歌う「イパネマの娘」がレコーディング、大ヒット。
「イパネマの娘」のシングルカット時にジョアンの声が削除されそれが大ヒットしてしまったので、夫を差し置いて有名人になってしまいました。

1960年代の半ばに離婚。ボサノヴァの女王として世界的に活動。主な作品にジェームス・ラスト楽団をバックにした「ソーホーのサンバ」(Polydor,’86年)等がある。
.........................................................................................................................................................................................

『おいしい水(The Astrud Gilberto Album)』(1965)
国内盤では「おいしい水」というタイトルで発売されているファーストアルバム。
無数にある彼女のベスト盤から聴くのも悪くはないですがせっかくオリジナルのかたちで再発されている。ジョビンの曲を中心に歌ったこのアルバムは、非の打ち所のない美しいアルバムでボサノヴァの最高傑作。

(パーソネル〉
MARTY PAICH(arr), ANTONIO CARLOS JOBIM(g), JOAO DONATO(p), BUD SHANK(fl, as), MILT BERNHARDT(tb), STU WILLIAMSON(tp), JOE MONDRAGON(b), LULU FERREIRA(per)
★1965年1月27&28日、ハリウッド、RCAスタジオにて録音

"The Astrud Gilberto Album"
1 - Once I Loved(ワンス・アイ・ラヴド)
2 - Agua De Beber(おいしい水)
3 - Meditation(瞑想)
4 - And Roses And Roses(アンド・ローゼズ・アンド・ローゼズ)
5 - O Morro (Nao Tem Vez)(悲しみのモロ)
6 - How Insensitive(お馬鹿さん)
7 - Dindi(ジンジ)
8 - Photograph(フォトグラフィア)
9 - Dreamer(夢みる人)
10 - So Finha De Ser Come Voce(あなたと一緒に)
11 - All That's Left Is To Say Goodbye (サヨナラを言うばかり)

Agua de Beber


Meditation


How Insensitive

............................................................................................................................................................

THE ASTRUD GILBERTO ALBUM
VERVE
2008-06-03
ANTONIO CARLOS JOBIM ASTRUD GILBERTO

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by THE ASTRUD GILBERTO ALBUM の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック