テリー・キャリアー(Terry Callier)-"Occasional Rain "1972

テリー・キャリアー
(Terry Callier)
1945年5月24日生まれ
アメリカ合衆国 イリノイ州 シカゴ出身
2012年10月27日死去、享年67歳,
アメリカのジャズ/フォーク・シンガー、ギタリスト
(Folky Soul、Jazz Folkなど彼のスタイルを表す言葉はいろいろあるように、ジャンル分けの難しいアーチストである。基本的にはFolkから始まっており、Coltraneの影響からjazz的アプローチも身に付けた)
同郷のカーティス・メイフィールドとは幼馴染です。17歳からドゥーワップ・グループにて歌い始め、<Chess Records>よりデビュー・シングルをリリース。60年代後半から70年代にかけて、『The New Folk Sound of Terry Callier』,『Occasional Rain』,『 What Color Is Love』,『 I Just Can't Help Myself』などのアルバムをリリース。
ヒット作には恵まれずに、1980年代にはシカゴ大学の事務員をしていました。1990年代になると、UKアシッド・ジャズ~レア・グルーヴ界で人気が再燃して、1998年「Time Peace」で復帰します。ポール・ウェイラーやべス・ホートンらの尊敬を受けています。商業的な成功はおさめなかったものの、評論家の間では大絶賛され、陰の英雄としてリスペクトされていたアーティストの一人。代表作は1998年の「Time Peace」、その他「ルッキング・アット」、「トータル・リコール」です。楽曲の提供、Massive Attackとのコラボレーションなど、2000年代を通して精力的に音楽を作り続けた。2012年10月17日に喉頭癌のためシカゴで死去。67歳でした。 2009年に来日しました。
偉大なる才能の持ち主。

テリー・キャリアーのアルバム今回"Occasional Rain"を紹介。以降、コレクションから時間をかけて紹介してゆきたい。
........................................................................................................................................................................................................

1972年リリースの
2nd、"Occasional Rain "
CADETでの1作目。名曲"Ordinary Joe"を収録していることで知られる彼のキャリアを代表する大名盤です。
2曲ごとに"Go Ahead On"というシンプルなカントリーブルースがジングルっぽく挿入されるというコンセプチュアルな構成。バラード"Do You Finally Need A Friend"、幻想的な"Occasional Rain"など、全曲捨て曲なしの激オススメ。プロデューサーはデルズやアース・ウィンド&ファイアらを手がけた(Charles Stepney/チャールズ・ステップニー)。(M.Ripperton/ミニー・リパートン)もコーラスで参加

"Occasional Rain "('72)
SIDE-A
1.Segue #1 -Go Head On
2.Ordinary Joe
3.Golden Circle
4.Segue#5 -Go Head On
5.Trance On Sedgewick Street
6.Do You Finally Need A Friend

SIDE-B
1.Segue#4 -Go Head On
2.Sweet Eddie D
3.Occasional Rain
4.Segue #2 -Go Head On
5.Blues For Marcus
6.Lean On Me
7.Last Segue -Go Head On

Bass– Sydney Simms
Drums– Robert Crowder
Guitar– Terry Callier
Harpsichord, Organ, Producer– Charles Stepney
Soprano Vocals– Kitty Haywood, Minnie Riperton
Vocals [Contralto]– Shirley Wahls

Ordinary Joe


Occasional Rain


Trance On Sedgewick Street


..................................................................................................................................................................................

Studio albums
The New Folk Sound of Terry Callier (1964)
Occasional Rain (Cadet, 1972)
What Color Is Love (1972)
I Just Can't Help Myself (1974)
Fire On Ice (1977)
Turn You To Love (1978)
Time Peace (1998) #92 UK
Lifetime (1999) #96 UK
Speak Your Peace (2002) #156 UK
Lookin' Out (2004)
Hidden Conversations (2009)

Live albums
TC in DC (recorded live in Washington D.C. 1982) (1996)
Live at Mother Blues (recorded live in Chicago 1964) (2000)
Alive (recorded live in London 2000) (2001)
Welcome Home (recorded live in London 2008) (2008)
...................................................................................................................................

おまけ

Terry Callier/Charles Stephney - What Color Is Love

...............................................................................................................................................................................................
"Occasional Rain "1972

Occasional Rain (Reis) (Rstr) (Dig)
Verve
2008-04-22
Terry Callier

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Occasional Rain (Reis) (Rstr) (Dig) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ホワット・カラー・イズ・ラヴ
ユニバーサル ミュージック
2013-12-11
テリー・キャリアー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ホワット・カラー・イズ・ラヴ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Lifetime
Universal Mod Afw
2005-06-07
Terry Callier

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Lifetime の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ALIVE (IMPORT)
MR. BONGO
2005-03-10
TERRY CALLIER

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ALIVE (IMPORT) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • テリー・キャリアー(Terry Callier)-1972年、2004年

    Excerpt: .テリー・キャリアー (Terry Callier) 1945年5月24日生まれ イリノイ州 シカゴ出身 2012年10月27日死去、享年67歳, アメリカのジャズ・フォーク・シンガー/ギ.. Weblog: JAMES TERRA racked: 2019-02-11 20:49