ジョアン・ショー・テイラー(Joanne Shaw Taylor)-"Diamonds In The

ジョアン・ショー・テイラー
(Joanne Shaw Taylor)
1986年生まれ
英国バーミンガム出身
女性ブルース・ギタリスト
16歳の時に、元ユーリズミックスのデイヴ・スチュアートに見出され、スーパーグループ、D.U.P.のツアーにギタリストとして参加。2009年のデビュー作『ホワイト・シュガー』。2010年に2nd『ダイヤモンズ・イン・ザ・ダート』をリリース。2年連続でブリティッシュ・ブルース・アワードを受賞。、拠点をアメリカへ移し、2012年3rd『オールモスト・オールウェイズ・ネヴァー』をリリース。彼女は現在、ミシガン州デトロイトに居を構えています。
..........................................................................................................................................................

2010年、2nd"Diamonds In The Dirt "を紹介
女性ギタリストでは、最近はどうしてもこの人に最も注目しております。テキサス・スタイルと言うんですかね、スティーヴィー・レイ・ヴォーンに近いブルージーなフレーズもいいのですが、とにかく上手い。手数も多いのですが、センスもよい。男も女もないレベルで語れる数少ない存在です。アルバート・コリンズに憧れ手にしたテレキャスターを変幻自在に弾きまくる。プロデュースにはグラミー・ウィナーのジム・ゲインズ。

Diamonds In The Dirt /Joanne Shaw Taylor
1. Can't Keep Living Like This
2. Dead And Gone
3. Same As It Never Was
4. Jump That Train
5. Who Do You Love
6. Diamonds In The Dirt
7. Let It Burn
8. World On Fire
9. Lord Have Mercy
10. The World And It's Way

Can't Keep Living Like This


Dead and Gone


Diamonds In The Dirt


Let It Burn

............................................................................................................................................
Diamonds In The Dirt
Diamonds in the Dirt【中古】 - グローバルメディアデリバリー
Diamonds in the Dirt【中古】 - グローバルメディアデリバリー
【輸入盤】Reckless Heart (Digi) [ Joanne Shaw Taylor ] - 楽天ブックス
【輸入盤】Reckless Heart (Digi) [ Joanne Shaw Taylor ] - 楽天ブックス

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック