ミシシッピ・フレッド・マクダウェル(Mississippi Fred McDowell)-"I Do Not Play No Rock '1969

ミシシッピ・フレッド・マクダウェル
(Mississippi Fred McDowell )
本名、Fred Mcdiwell(フレッド・マクダウェル)
1904年生まれ。1904年1月という情報もあります。(当時のプランテーションに住んでいた黒人の記録は残されていない為)
テネシー出身
1972年死去
ブルースマン(アコースティックのスライド・ブルーズ・ギター名人といわれるカントリー・ブルースマン)。
因みに、戦前、戦後のレース・レーベルには一曲もレコーディングをしていません。10代後半頃からギターを弾き始めたようですが、「ギターは独学だ。たった一人でやって、自分のやり方をみつけたんだ」 とインタビューに答えておりますが、独特のスライドとキレのあるビートは衝撃的。その後ミシシッピー州北部のコモに移住し、農業に従事するかたわら、ピクニックなどのイヴェントで最初の頃は小型ナイフを使用してスライドギターを演奏していたそうです。農業のかたわらギターを弾きながらスタイルを洗練させていったとの事で、1959年に民俗音楽の研究家で収集家のアラン・ロマックスがコモへやってきて、その晩家にいるフレッドを発見し、レコーディングすることを彼に勧めました。フレッドの記憶によると 午後の8時から翌朝の7時まで弾きまくったと言っております。 これをきっかけにその名が知れ渡るわけでありますが、フォーク・ブームに乗って62年以降にヘリテッジ、アーフリー、テスタメント、キャピトルに録音。 ローリング・ストーンズが彼の "You Gotta Move" を取り上げたり、ボニー・レイットが師事し共演もしております。1964年1月にはニューポート・フォーク・フェスティバルに出演、1965年10月にはアメリカン・フォーク・フェスティバルの一員として渡欧。1972年、メンフィスで死去(癌により)。
..................................................................................................................................................
"I do not play no rock and roll”と宣言したフレッド・マクダウェルでしたがロック・ミュージシャンとの交流はやぶさかではなかったようで、女性ブルース・ミュージシャンのBonnie Raitt(ボニー・レイット)にスライドを手ほどきしたのがフレッド・マクダウェルだったそうです。苦悩を表現したというフレッド・マクダウェルの”Jesus on the ainline(ジーザス・オン・ザ・メインライン)”はアルバム「I do Not Play No Rock 'n' Roll」に、”When I Lay My Burden Down(ホエン・アイ・レイ・マイ・バーデン・ダウン)”はアルバムは「My Home Is in the Delta」などに収録。ただ曲調としてやや同じような曲が多いので、通して聴いているとすこし飽きるところがないでもない。ちなみにアルバム収録時のセッションの完全版は『I Do Not Play No Rock 'n' Roll: Complete Sessions』としてリリースされている。牛の骨をスライドバーに使ったフレッドマクドウェルの勢いのよいバンドサウンド。本人いわく「オレはまっすぐなナッチェルブルースしかやらんぜ、R&Rじゃないぜ」。ビンビンの音に語りもやくざな感じで全くかっこいいカントリーデルタブルース。

1969年
Mississippi Fred McDowell
"I Do Not Play No Rock 'N' Roll"
1. Baby Please Don't Go(Writer: Joe Williams)
2. Good Morning Little School Girl(Writer: Fred McDowel)
3. Kokomo Me Baby(Writer: Fred McDowell)
4. That's All Right Baby(Writer: Fred McDowell)
5. Red Cross Store(Writer: Fred McDowell)
6. Everybody's Down On Me(Writer: Fred McDowell)
7. 61 Highway(Writer: Fred McDowell)
8. Glory Hallelujah(Writer: Fred McDowell)
9. Jesus Is On The Mainline (Writer: Fred McDowell)

Produced: Tommy Couch for Malaco Productions

Guitar/Vocals: Fred McDowell
Bass: Jerry Puckett
Drums: Darin Lancaster

Baby Please Don't Go


Good Morning Little School Girl


That's all right baby


61 Highway


Jesus Is on the Mainline

.........................................................................................................................
おまけ
"Good morning little schoolgirl "は色々なアーティストのカブァーかありますが、今回はTen Years After で...。

Ten Years After - Good morning little schoolgirl (1969)

Ten Years After
Alvin Lee on voice and guitar
Ric Lee on drums,
Leo Lyons on bass
Chick Churchill on keyboards
...................................................................................................................................

おまけ
1959年に研究家アラン・ロマックスが尋ねて来て行なった初録音から
"Portraits: First Recordings"に収録
Mississippi Fred McDowell - Goin Down to the River

...............................................................................................................................

ちなみに
フレッド・マクダウェルの”You Gotta Move”は The Rolling Stones(ザ・ローリング・ストーンズ)が1971年のアルバム「Sticky Fingers」に収録。

Mississippi Fred McDowell - You Gotta Move


The Rolling Stones - You Gotta Move


............................................................................................................................................
輸入盤 MISSISSIPPI FRED MCDOWELL / I DO NOT PLAY NO ROCK N ROLL [LP] - ぐるぐる王国DS 楽天市場店
輸入盤 MISSISSIPPI FRED MCDOWELL / I DO NOT PLAY NO ROCK N ROLL [LP] - ぐるぐる王国DS 楽天市場店


Portraits: First Recordings
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック