ファンク・ブラザーズ(The Funk Brothers)-"The Best of the Fun

ファンク・ブラザーズ
(The Funk Brothers)
1959年-1972年のモータウンレコードにおいて活躍したデトロイトを拠点としたバックミュージシャンのニックネーム。モータウンで、シュープリームズ、テンプテーションズ、フォー・トップス、スモーキー・ロビンソン&ミラクルズ、マーヴェレッツ、マーサ&ヴァンデラス、マーヴィン・ゲイ、スティービー・ワンダーという蒼々たるスターの人たちがヒット曲を出し、当時バックの演奏者の名前は出てくることはありませんでした。その人たちは通称「ファンク・ブラザーズ」と呼ばれている。スタックスでは、バックのブッカー・T&ザ・MGズが自らヒット曲を出していたのと比べ、モータウンでは商品としてのスターやそれを支えるプロデューサーとはミュージシャンは扱いが明確に区別されていた。

映画「永遠のモータウン」のサウンドトラックでは、ジャッキー・ウィルソンの (Your Love Keeps Lifting Me) Higher and Higher やジョン・リー・フッカーの Boom Boom などはファンク・ブラザーズの演奏。
モータウン自身も、「アール・ヴァン・ダイク&ザ・ソウル・ブラザーズ」「アール・ヴァン・ダイク」名義でシングルやアルバムを出したり。彼等のオリジナルの曲は"Standing in the Shadows of Motown" に収められている The Flick と "The Best of The Funk Brothers"の何曲かで、更に彼等がバックをつとめたヒット曲のインストゥルメンタルが入っている。
.......................................................................................................................................................
★モータウンレコードでファンクブラザーズがヒットさせた曲 の一部
“My Girl“, “I Heard It Through the Grapevine“, “Baby Love“, “Signed, Sealed, Delivered I’m Yours“, “Papa Was a Rollin’ Stone“, “The Tears of a Clown“, “Ain’t No Mountain High Enough“, “(Love Is Like a) Heat Wave“. などがある

★ファンク・ブラザーズ(The Funk Brothers)の代表的なメンバー★
Bassist
・ジェームズ・ジェマーソン : James Jamerson (1959–1972)/ Bassist
・ボブ・バビット : Bob Babbitt (1937 – 2012) Bassist
Keybord:
・ジョニー・グリフィス : Johnny Griffith (1963–1972) Keybord
・ジョー・ハンター : Joe Hunter (1927-2007)  / KeyBord Band Leader
・アール・ヴァン・ダイク : Earl ‘Chunk of Funk” Van Dyke (band leader, KeyBord 1964–1972)
Drummer:
・ベニー・パパ・ジータ・ベンジャミン : Benny “Papa Zita” Benjamin
・リチャード・ピストル・アレン : Richard “Pistol” Allen (1932 – 2002) Drummer
・ユーリル・ジョーンズ : Uriel Jones (1934 –2009) Purcussion:
・ジャック・アシュフォード : Jack “Black Jack” Ashford (1959–1972) / Tambaurin and Bibes
・エディー・ボンゴ・ブラウン : Eddie “Bongo” Brown (1932 – 1984)
Guitarist:
・ロバート・ホワイト : Robert White
・ジョー・メッシーナ : Joe Messina (1928 – )
・エディー・チャンク・ウィルス : Eddie “Chank” Willis (1936 – )

以上、一部"100Motown.com"より抜粋l
.................................................................................................................................................................................

The Best of the Funk Brothers/20th Century Masters The Millennium
モータウン創立45周年!!映画「永遠のモータウン」でお馴染みの、初期モータウンを支えたミュージシャン集団「ファンク・ブラザーズ」のベストアルバム

The Funk Brothersはモータウンを支えた影の力として一部のR&Bファンには知られた存在でした。しかし2002年彼らにスポットにあてた映画「永遠のモータウン」が発表されるや、映画が数々の賞を受けるに続き彼ら自身もグラミーを受賞し、いちファンとしては積怨の恨みを晴らせた思いです。このアルバムはそんな彼らの演奏を堪能できる貴重な一枚です。[Whta' Going On]や[Papa Was A Rolling Stone]などのヴォーカルぬきの演奏バージョンに不満を持つ人もいるかもしれませんが、よく聴いてください、ヴォーカル抜きでも十分鑑賞に堪える音楽になっています。そして[The Stingray]ではほんの6小節ですがあの伝説の天才ベーシストJames Jamersonのベースソロが聴けるのです。R&Bファン、モータウンサウンドファンのみなさん、お薦めします。


Funk Brothers/ Millennium Collection
"The Best of the Funk Brothers"
Disc 1
1The Way You Do the Things You Do(2:44)
2Come See About Me(2:42)
3All for You(2:57)
4Too Many Fish in the Sea(2:18)
5How Sweet It Is (To Be Loved by You)(2:55)
6I Can't Help Myself (Sugar Pie, Honey Bunch)(2:43)
7Soul Stomp(2:34)
86 by 6(2:20)
9Runaway Child, Running Wild(3:15)
10The Stingray(5:02)
11What's Going On(4:03)
12Papa Was a Rollin' Stone(4:49)

Bass – James "Igor" Jamerson*
Congas – Eddie "Bongo" Brown
Drums – William "Benny" Benjamin*, Richard "Pistol" Allen*, Uriel Jones
Guitar – Eddie "Chank" Willis*, Joe Messina, Robert White
Keyboards – Earl Van Dyke, Joe Hunter, Johnny Griffith
Music By – Earl Van Dyke (tracks: 1 to 6), Earl Van Dyke (tracks: 7, 9, 10), Earl Van Dyke & The Motown Brass (tracks: 8), Marvin Gaye (tracks: 11), The Soul Brothers* (tracks: 1 to 6), Temptations* (tracks: 12)
Percussion – Jack Ashford

ヴォーカルぬきの演奏バージョン
he Way You Do the Things You Do


ヴォーカルぬきの演奏バージョン
How Sweet It Is (To Be Loved By You)


ヴォーカルぬきの演奏バージョン
The Stingray

伝説の天才ベーシストJames Jamersonのベースソロがひかります。6小節ですが・・・・・。

ヴォーカルぬきの演奏バージョン
Funk Brothers (1972) Papa Was A Rolling Stone (Instrumental)

...............................................................................................................................

Funk Brothers - What's going on

The Funk Brothers - Live at the Montreal Jazz Festival 2004

...............................................................................................................................
おまけ
Funk Brothers-You Keep Me Hanging On-Instrumental

..............................................................................................................................

【メール便送料無料】Funk Brothers / Millennium Collection (輸入盤CD) (ファンク・ブラザーズ)
あめりかん・ぱい
輸入盤収録曲:1. The Way You Do the Things You Do - 2:442


楽天市場



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック