ブルース・コバーン(Bruce Cockburn)-"High Winds White Sky"

ブルース・コバーン
(Bruce Cockburn)
1945年5月27日生まれ
カナダ・オタワ出身
シンガー・ソングライター
60年代から70年代にかけてはフォーク・シンガー・ソングライター然としていたが、その後アメリカの大企業や国家に対するラジカルなメッセージを込めた作風になる。一部の曲はアメリカラジオ局からの放送拒否も受けていると聞く。また、その歌声は最近になってさらに深みを加えてきているように思える。
.........................................................................................................................................................................

1971年傑作アルバム、2nd「High Winds White Sky 」
雪が降っています。そして積もっています。どこまで降り続けるやら、積もるやら。という訳で、「雪ジャケ」です。 しかも定番、ブルース・コバーンのギター弾き語りを中心に、どことなく神秘的な空気を感じさせる作品。その落ち着いた作風と、繊細な歌声は、しんしんと降り積もる雪景色を眺めながら聴くとまた格別。

1971
Bruce Cockburn
"High Winds White Sky"
1. Happy Good Morning Blues
2. Let Us Go Laughing
3. Love Song
4. One Day I Walk
5. Golden Serpent Blues
6. High Winds White Sky
7. You Point To The Sky
8. Life's Mistress
9. Ting / The Cauldron
10. Shining Mountain

Producer – Gene Martynec

Personnel
Bruce Cockburn - guitars and dulcimer
Eugene Martynec - guitar
Eric Nagler - mandolin-banjo and mandolin
Michael Craydon - marimba, tables, tree bell, boobams, Pygmy Rhythm Log
John Wyre - cymbals, gongs, salad bowls

Happy Good Morning Blues


Love Song


High Winds White Sky

.....................................................................................................................

おまけ

2019/07/18 にライブ配信
live at Paste Studio NYC

1. Night Train 0:57
2. 40 Years in the Wilderness 15:09
3. Bardo Rush 26:51
..................................................................................................................
【輸入盤】High Winds White Sky [ Bruce Cockburn ] - 楽天ブックス
【輸入盤】High Winds White Sky [ Bruce Cockburn ] - 楽天ブックス

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック