マージー・ジョセフ(Margie Joseph)-"Margie Joseph Makes a New Impression "1971、"Margie Joseph"1973

マージー・ジョセフ
(Margie Joseph)
(本名:Margaret Marie Joseph)
1950年8月19日生まれ
ミシシッピ州 パスカグーラ出身
R&B、ソウル、ゴスペル・シンガー
アレサ・フランクリンらと並ぶ70年代を代表するソウル・シンガーの一人
ニューオーリンズの大学に行き、カウンセラーの仕事もするほどの才人。69年から71年の間にスタックスの傍系レーベル=ヴォルトから2枚のアルバムをリリース。翌71年、シュープリームスのヒット曲“Stop In The Name Of Love”をカヴァー、R&Bチャートトップ40。ファーストアルバムを発表。72年には2枚目のアルバムを発表。その後、アトランティックと契約。アレサ・フランクリンとの仕事で有名なアリフ・マーディンと楽曲の製作に入る。アトランティック初のアルバムを発表。73年にはアル・グリーンのLet's Stay Togetherをヒット。74年のアルバムから“Come Lay Some Lovin' On Me”(彼女の唯一のR&Bトップ10を記録)と“MY LOVE”をヒット。75年のアルバムを発表。その後も幾つかのレーベルでアルバムを発表。音楽活動は80年代終わりまで続けられ90年代には作品を発表していない。

☆参考
アリフ・マーディン
(Arif Mardin)
1932年3月15日生まれ
トルコ イスタンブール出身
2006年6月25日死去、74歳没
音楽プロデューサー、編曲家
アレサ・フランクリンをはじめとして、ロバータ・フラック、ダニー・ハサウェイ、チャカ・カーン、ダイアナ・ロス、ジョージ・ベンソン、デヴィッド・ボウイ、アニタ・ベイカー、ディオンヌ・ワーウィック、ベット・ミドラー、ローラ・ニーロ、ロッド・スチュワート、クイーン、フィル・コリンズ、ホール&オーツ、スクリッティ・ポリッティなどを手掛けた名プロデューサー兼エンジニアであり、その功績からアトランティックの副社長にまで昇りつめたレジェンド。晩年の作品にはグラミー賞を受賞したノラ・ジョーンズの『Come Away with Me』(2002年)と『Feels Like Home』(2004年)のプロデュースも手掛けていた。
..............................................................................................................................
傘下のヴォルトから発表された1971年のファーストアルバム、なんと驚きのモータウン・サウンド。シュープリームスの"Stop in the Name of Love" までカバー。演奏は、後に“モノマネ・ファンク”で有名になるBar-KaysとMuscle Shoals Rhythm Sectionがバックアップ。

1971
Margie Joseph
"Margie Joseph Makes a New Impression "
SIDE-A
1.Monologue; Women Talk
2.Stop In The Name Of Love
3.Punish Me
4.Medicine Bend
5.Come Tomorrow
SIDE-B
1.Sweeter Tomorrow
2.Same Thing
3.How Beautiful The Rain
4.I'm Fed Up
5.Make Me Believe You'll Stay
6.Temptation's About To Take Your Love

Producer – Darryl Carter, Fred Briggs

Band [Tracks Cut By] – The Bar-Kays*, Muscle Shoals Rhythm Section, Staff Musicians At Stax Records, Memphis, Tennessee

SIDE-A
1.Monologue; Women Talk


2.Stop In The Name Of Love (Album Version)

シュープリームスのカバー

3.Punish Me


4.Medicine Bend


5.Come Tomorrow


SIDE-B
1.Sweeter Tomorrow


2.Same Thing

3.How Beautiful The Rain


4.I'm Fed Up


5.Make Me Believe You'll Stay


6.Temptation's About To Take Your Love

...................................................................................................................
Atlantic移籍第一弾アルバム『Margie Joseph』(1973年)です。Stax傘下Voltから『Margie Joseph Makes A New Impression』(1970年)、『Phase II』(1971年)という2枚のアルバムをリリースしていたMargieがAtlanticへ移籍し、その第一弾アルバムとなったのが本作『Margie Joseph』(1973年)です。Al Green「Let's Stay Together」やBobby Bland「I'll Take Care Of You」のナイスカバーをはじめ、A4「Turn Around and Love You」、A1「I Been Down」など名手Arif Mardinがプロデュースを担当。

レコーディングはN.Y.で行われ、バッキングは、Cornell Dupree(g)、David Spinozza(g)、Hugh McCracken(g)、Chuck Rainey(b)、Jerry Jemmott(b)、Bernard Purdie(ds)、Richard Tee(key)、Norman Pride(per)、Ralph MacDonald(per)、David Newman(sax、fl)、Cissy Houston(back vo)、Deirdre Tuck(back vo)、Myrna Smith(back vo)、Rennelle Stafford(back vo)、Ronald Bright(back vo)、Sammy Turner(back vo)、Sylvia Shemwell(back vo)といった、当時のアトランティックの精鋭で固められ、ニューヨーク録音の都会的なサウンドに、アーシーな南部のテイストを丁度いい塩梅で織り込んだ、理想的なアトランティック・ソウルを堪能。

1973
Margie Joseph
"Margie Joseph"
SIDE-A
1.I Been Down
2.Make Me Believe You'll Stay
3.Let's Stay Together
4.Turn Around and Love You
5.I'm Only A Woman
6.Let's Go Somewhere and Love
7.You Better Know It
8.Touch Your Woman
9.I'll Take Care Of You
10.I'm So Glad I'm Your Woman
11.How Do You Spell Love
12.I'd Rather Go Blind

Producer – Arif Mardin

Arranged By – Arif Mardin
Backing Vocals – Cissy Houston, Deirdre Tuck, Myrna Smith, Rennelle Stafford*, Ronald Bright*, Sammy Turner, Sylvia Shemwell
Bass – Chuck Rainey (曲: 1, 3, 5, 9, 11), Jerry Jemmott (曲: 2, 4, 6, 7, 8, 10, 12)
Drums – Bernard Purdie
Electric Piano – Arif Mardin (曲: 10)
Guitar – Cornell Dupree (曲: 2, 4, 6, 7, 8, 10, 12), David Spinozza (曲: 1, 3, 5, 9, 11), Hugh McCracken (曲: 2, 4, 6, 7, 8, 10, 12)
Keyboards – Richard Tee
Percussion – Norman Pride (曲: 3), Ralph MacDonald (曲: 1, 2, 4 to 12)
Saxophone [Solos], Flute [Solos] – David Newman*
Vocals – Margie Joseph

1.I Been Down

粘っこくグルーヴするファンキーなナンバー

2.Make Me Believe You'll Stay

ミディアム・スロウ

3.Let's Stay Together

1stシングル、R&B43位を記録。唯一のカットはAl Green カヴァー。マージーの素晴らしい歌唱、70年代アトランティック・ソウルの精髄と言ってしまいたい黄金のバッキングを堪能できる逸品。様々なミュージシャンがカヴァーしている名曲ですが、ソウル・ファンの間ではこのマージー・ジョセフのカヴァーが最も素晴らしいと言われています。

4.Turn Around and Love You

情感豊かな歌唱が胸を打つバラード

6.Let's Go Somewhere and Love

スワンプ・ソウル

7.You Better Know It

カントリー・テイストに都会的なフィーリング

9.I'll Take Care Of You

ブルージーなスロウ

10.I'm So Glad I'm Your Woman

柔らかなメロウネス

11.How Do You Spell Love

ミドル・ファンク

12.I'd Rather Go Blind

エタ・ジェイムス、クラレンス・カーターの名唱で知られる必殺バラード

このアルバムは前述の「Let’s Stay Together」がチャートの43位に昇った以外は大したヒットを生まずに終わったそうです・・・。しかし!改めてこのアルバムを聴くとなぜヒットしなかったのかと思う程の素晴らしい出来です。時代が時代なら売れていたに違いない。
...............................................................................................................................................
1971: Margie Joseph Makes A New Impression (Volt 6012)
1972: Phase II (Volt 6016)
1973: Margie Joseph (Atlantic 7248)
1974: Sweet Surrender (Atlantic 7277)
1975: Margie (Atlantic 7277)
1976: Blue Magic-Major Harris-Margie Joseph Live! (WMOT 2-5000)
1976: Hear The Words, Feel The Feeling (Cotillion 99006)
1978: Feeling My Way (Atco 19182)
1983: Knockout! (HCRC 20009 )
1984: Ready for the Night (Atco 1984)
1988: Stay (Ichiban 1027)
2006: Latter Rain (Sista Praise CD 700 )
2006: Blue Magic-Major Harris-Margie Joseph Live! CD (Collectables)
..............................................................................................................
【中古】洋楽CD マージー・ジョセフ / メイクス・ア・ニュー・インプッシ - ネットショップ駿河屋 楽天市場店
【中古】洋楽CD マージー・ジョセフ / メイクス・ア・ニュー・インプッシ - ネットショップ駿河屋 楽天市場店

ATLANTIC R&B1000::マージー・ジョセフ [ マージー・ジョセフ ] - 楽天ブックス
ATLANTIC R&B1000::マージー・ジョセフ [ マージー・ジョセフ ] - 楽天ブックス

【国内盤CD】マージー・ジョセフ / マージー - あめりかん・ぱい
【国内盤CD】マージー・ジョセフ / マージー - あめりかん・ぱい

【国内盤CD】マージー・ジョセフ / スウィート・サレンダー - あめりかん・ぱい
【国内盤CD】マージー・ジョセフ / スウィート・サレンダー - あめりかん・ぱい

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント