ザ・ダイヤモンド(The Diamonds)-Little Darlin'(1957)

ザ・ダイヤモンド
(The Diamond)
カナダのトロントで1953年に結成された4人組のヴォーカル・グループ

オリジナル・メンバー
デイヴ・サマーヴィル(1933年生まれ、Lead)
テッド・コワルスキー(1931年生まれ、Tenor)
フィル・レヴィット(1935年生まれ、Baritone)
ビル・リード(1936年生まれ、2004年死去、Bass)
後に、テッドとビルがグループを離れ、ジョン・フェルトンとエヴァン・フィッシャーが参加。

最初の録音は、フランキー・ライモン&ティーンエイジャーズの「恋はくせもの(1956年全米12位)」のカヴァーだった。クローヴァーズ(Love,Love,Love、1956年全米30位)、ウィローズ(Church Bells May Ring、1956年全米14位)、ジー・クレフツ(Ka-Ding-Dong、1956年全米35位)、ハートビーツらのカヴァーも録音。
彼らの最大のヒットは1957年の此の「リトル・ダーリン」
その後、「Words Of Love(1957年全米13位)」、「Zip Zip(1957年全米16位)」、「Silhouettes(1957年全米11位)」、「The Stroll(1958年全米5位)」、「High Sign(1958年全米73位)」、「Kathy-O(1958年16位)」、「Happy Years(1958年全米73位)」、「Walking Along(1958年全米29位)」、「She Say (Oom Dooby Doom)(1959年全米18位)」等のヒットを放った。1961年、「One Summer Night(全米22位)」のヒットを最後にグループは解散した。2004年10月、ヴォーカル・グループの殿堂入り。2006年、ドゥー・ワップ・グループの殿堂入りを果たした。このザ・ダイヤモンドは今でもオリジナルメンバー全員が現役で同じ歌を歌っているとのことで本当にびっくりします。

little darlin' - the original diamonds (1957)

......................................................................................................................................
「アメリカン・グラフィティ」のサントラにも「リトル・ダーリン」と「ストロール」の2曲が収録

Best of
Spectrum Audio UK
2009-03-24
Diamonds

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Best of の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック