フランキー・ヴァリ(Frankie Valli)

フランキー・ヴァリ
(Frankie Valli)
1934年5月3日生まれ
アメリカ合衆国のポピュラー・シンガー
1960年に結成されたフォー・シーズンズのリード・ヴォーカルとして最もよく知られている
また非常に力強いファルセットの歌声でもよく知られている
トップ40にフォー・シーズンズとして29曲、別名であるワンダー・フーとして1曲、ソロとして9曲がランクインしている。
1951年からプロとして活動、ヴァラエティー・トリオというバンドのゲストシンガーとして参加、しかしバンドはほどなく解散、ヴァラエティー・トリオのメンバーの一人とニュージャージーのクラブのハコ・バンドになります。
1953年、初のシングル盤をリリース。ハコ・バンドをやめ、ザ・ヴァリアトーンズ、ザ・フォー・ラヴァーズとグループ名のチェンジ、メンバーのチェンジを繰り返したのち1960年、ついに The 4 Seasons が結成。

そして1962年、ザ・フォー・シーズンズのシェリーがヒットチャートのナンバーワンに!
The 4 Seasons - Sherry

シェリーで世界的にその名を知られたザ・フォー・シーズンズ、リード・ヴォーカルのフランキーは独特の声と歌唱法で人々を魅了。ザ・フォー・シーズンズとしての活動と同時にソロ活動も積極的に行います

グループとソロの両方でサクセスすることは、画期的なこと

すでに成功を手にしていたフランキーとザ・フォー・シーズンズ、さらなる大成功が70年代に待っていた

ナンバーワンをかましてくれたのがこの曲
Frankie Valli - My Eyes Adored You / 1975


時はディスコとロック全盛時代でもこんなスウィートな曲も受け入れられる時代だった

次なるヒットはこちら
Swearin' To God (Disco Mix) (Slayd5000) 1975


この曲もヒット
the four seasons who loves you 1975


1975年はフランキー・ヴァリ &ザ・フォー・シーズンズにとってヒット満載

2013年にフランキー・ヴァリ&ザ・フォー・シーズンズ初来日公演している
(フランキー79歳という年齢とは本当に信じられない)
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

フランキー・ヴァリが1967年に発表したファースト・ソロ・アルバム
1967年に全米2位を記録した「君の瞳に恋してる」を収録した歴史的名盤
(WPCR-27825)
1.MY FUNNY VALENTINE / 愛しのヴァレンタイン
2.(YOU'RE GONNA) HURT YOURSELF / ハート・ユアセルフ
3.IVY / アイヴィ
4.SECRET LOVE / シークレット・ラヴ
5.CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU / 君の瞳に恋してる
6.MY MOTHER'S EYES / マイ・マザーズ・アイズ
7.THE SUN AIN'T GONNA SHINE ANYMORE / 太陽はもう輝かない
8.THE TROUBLE WITH ME / ザ・トラブル・ウィズ・ミー
9.THE PROUD ONE / ザ・プラウド・ワン
10.YOU'RE READY NOW / ユアー・レディー・ナウ

君の瞳に恋してる
ワーナーミュージック・ジャパン
2013-08-07
フランキー・ヴァリ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 君の瞳に恋してる の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


オールディーズ・ベスト盤コレクション・シリーズ
■60年代、70年代数多くのヒットを放ったアメリカを代表するポップ・グループの代表曲を集めた決定的ベスト盤!
ビートルズがアメリカに上陸する前から活躍し、上陸後も対抗しえた数少ないアメリカン・アーティスト
ヴェリー・ベスト・オブ・フランキー・ヴァリ & ザ・フォー・シーズンズ

ヴェリー・ベスト・オブ・フランキー・ヴァリ & ザ・フォー・シーズンズ
ワーナーミュージック・ジャパン
2012-06-13
フランキー・ヴァリ&ザ・フォー・シーズンズ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ヴェリー・ベスト・オブ・フランキー・ヴァリ & ザ・フォー・シーズンズ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック