JAMES TERRA

アクセスカウンタ

zoom RSS ウィッシュボーン・アッシュ(Wishbone Ash)-1970年〜1974年

<<   作成日時 : 2014/11/16 14:50   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

ウィッシュボーン・アッシュ
(Wishbone Ash)
イギリスのロックバンド
ツインリードギターのバンドスタイル
3人のフロントマンがボーカルをとり、1970年代を通してイギリスを代表するバンドの一つ。
スティーブ・アプトン(D)、マーティン・ターナー(B)、そして兄のグレン・ターナー(G)の3人はイギリス南西部デヴォンシャー州の行楽地トーケイで((The Empty Vessels後にTanglewood)という母体となるバンドを結成して活動
'69年9月にロンドンへ進出。そしてハムステッド・カントリー・クラブに出演した時、のちにポリスのマネージャーとして辣腕を振るうマイルス・コープランド(ポリスのドラマー、スチュワート・コープランドの実兄)の目にとまった。しかし、この直後グレンは体を壊しグループを脱退、替わりにアンディ・パウエルが加入。グループはさらにキーボード奏者を探したが、バーミンガム出身のブルース系ギタリストのテッド・ターナーと出会って意気投合。結局グループはツイン・ギターにベース、ドラムスという編成でスタートすることに。70年8月MCAと正式契約。1970年にバンド名と同タイトルのアルバムによってデビュー、全英アルバム・チャートで34位にランクされるヒットを記録。
セカンドの『巡礼の旅』は'71年9月にリリース、全英アルバム・チャートの14位。サード『百眼の巨人アーガス』は'72年5月に発売、全英アルバム・チャートの3位、「メロディ・メーカー」誌および「サウンズ」誌の年間最優秀アルバムにも輝いている。この後『ウィッシュボーン4』、2枚組ライヴ『ライヴ・デイト』をリリース、'74年6月テッド・ターナーが脱退、グループは新たに元ホームのローリー・ワイズフィールドを加えて再スタート。6作目『永遠の不安』('74年)以降はアメリカ志向を。『永遠の不安』はマイアミ録音でプロデュースはイーグルスを手がけていたビル・シムツィック。'75年からは本拠地を米コネチカット州に移し、トム・ダウトやロン&ハワード・アルバートをプロデューサーに迎えてのアメリカ・レコーディング。UK解散後のジョン・ウェットンが在籍、その勢いは80年代に入ってなくなる。
..........................................................................................................................................................

1970年から1974年までのアルバムを紹介
....................................................................................................................................

1970年、デビュー作でありながら名盤だとおもいます。大作志向・インスト重視というとプログレですが、なぜかプログレっぽくない。アルバム冒頭を飾るナンバー‘Blind Eye’でのツイン・リード・ギターのばっちり決ったユニゾンが爽快。

(1970)
WISHBONE ASH
邦題は『光りなき世界』
1 BLIND EYE
2 LADY WHISKEY
3 ERRORS OF MY WAY
4 QUEEN OF TORTURE
5 HANDY
6 PHOENIX

Andy Powell – guitar, vocals
Ted Turner – guitar, vocals
Martin Turner – bass, vocals
Steve Upton – drums

Producer
Derek Lawrence

BLIND EYE


PHOENIX


........................................................................................................................

1971年2ndは彼らのロックへの様式美を追求した作品。やはりアルバム冒頭の‘Vas Dis’でのジャズ・エッセンスを取り入れたメロディー。

(1971)
PILGRIMAGE
邦題は『巡礼の旅』
Side one
1."Vas Dis" (Jack McDuff)1
2."The Pilgrim"
3."Jail Bait"
4."Alone"
Side two
1."Lullaby"
2."Valediction"
3."Where Were You Tomorrow"

Andy Powell – guitar, vocals
Ted Turner – guitar, vocals
Martin Turner – bass, vocals
Steve Upton – drums

Producer
Derek Lawrence

Vas Dis


Jail Bait


Valediction

.....................................................................................................................

1972年3rd
『ロック名盤』なる本に必ずといって良いほど載っている名盤
アンディ・パウエル(G, Vo)、テッド・ターナー(G, Vo)、マーティン・ターナー(B, Vo)、スティーヴ・アプトン(Ds) という編成にて、WISHBONE ASHのトレードマークでもあるツイン・ギターのスタイルが完成し、アルバム・ジャケットの美しさも手伝い、ブリティッシュ・ハード・ロック史上に残る傑作

(1972)
ARGUS
邦題は『百眼の巨人アーガス』
Side one
1."Time Was" – (Lead vocals – Ted Turner, Martin Turner)
2."Sometime World" – (Lead vocals – Martin Turner, Andy Powell)
3."Blowin' Free" – (Lead vocals – Martin Turner, Andy Powell, Ted Turner)
Side two
1."The King Will Come" –(Lead vocals – Martin Turner, Andy Powell)
2."Leaf and Stream" –(Lead vocals – Martin Turner)
3."Warrior" – (Lead vocals – Martin Turner, Andy Powell)
4."Throw Down the Sword" – (Lead vocals – Martin Turner, Andy Powell)

Martin Turner – bass, vocals
Andy Powell – guitar, vocals
Ted Turner – guitar, vocals
Steve Upton – drums

Additional personnel
John Tout – organ on "Throw Down The Sword"

Producer
Derek Lawrence

Time Was


Sometime World


Warrior

.....................................................................................................................

1973年4th
初めてデレク・ローレンスの手を離れて、セルフ・プロデュースしたアルバム

(1973)
WISHBONE ASH
"Wishbone Four"
1."So Many Things to Say"
2."Ballad of the Beacon"
3."No Easy Road"
4."Everybody Needs a Friend"
5."Doctor"
6."Sorrel"
7."Sing Out the Song"
8."Rock 'n Roll Widow"

Ted Turner –lap-steel, 12 string, acoustic and electric guitars, vocals
Andy Powell –acoustic and electric guitars, vocals
Martin Turner –bass guitar, vocals
Steve Upton –drums and percussion

Additional personnel
George Nash –keyboards on "Everybody Needs a Friend"
Graham Maitland –piano on "No Easy Road"
Phil Kenzie, Dave Coxhill and Bud Parks –horn section on "No Easy Road"

Producer
Wishbone Ash

Ballad of the Beacon

..................................................................................................................

1974年
このアルバムからテッド・ターナーの後任ギタリストで、元‘HOME’というバンド出身のローリー・ワイズフィールドが参加。プロデューサーが当時、イーグルスやJ.ガイルズ・バンドらを手がけていたビル・シムジク

(1974)
THERE'S THE RUB
邦題は『永遠の不安』
1."Silver Shoes"
2."Don't Come Back"
3."Persephone"
4."Hometown"
5."Lady Jay"
6."F.U.B.B."

Martin Turner – bass, vocal
Andy Powell – acoustic & electric guitars, mandolin, vocal
Laurie Wisefield – acoustic, electric & steel guitars, banjo, vocal
Steve Upton – drums, percussion

Additional personnel
Albhy Galuten – organ, synthesizers
Nelson Flaco Padron – congas and additional percussion

Producer
Bill Szymczyk

Silver Shoes


F.U.B.B

..........................................................................................................................
1970年"WISHBONE ASH"邦題は『光りなき世界』

Wishbone Ash
Mca
1992-10-13
Wishbone Ash

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Wishbone Ash の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


1971年 "PILGRIMAGE"邦題は『巡礼の旅』

Pilgrimage
Mca
1993-09-27
Wishbone Ash

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Pilgrimage の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


1972年"ARGUS"邦題は『百眼の巨人アーガス』

Argus (Exp)
Mca
2002-03-05
Wishbone Ash

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Argus (Exp) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


1973年"Wishbone Four"

Wishbone Four
Mca
1999-03-20
Wishbone Ash

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Wishbone Four の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


1974年"THERE'S THE RUB"邦題は『永遠の不安』

永遠の不安
USMジャパン
2013-03-20
ウィッシュボーン・アッシュ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 永遠の不安 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Live Dates
Beat Goes On
2002-07-25
Wishbone Ash

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Live Dates の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ウィッシュボーン・アッシュ(Wishbone Ash)-1970年〜1974年 JAMES TERRA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる