ジェイムス・カー(James Carr)

ジェイムス・カー
(James Carr)
本名:James Augustus Carr
1942年6月13日生まれ
ミシシッピ州のコアホマ出身
テネシー州メンフィス育ち
2001年1月7日死去、享年58歳(メンフィスの養護施設で癌のために亡くなった)
ゴスペル・R&Bシンガー/ソウル・シンガー
父親がバプテスト教会の司教だったこともあり幼少時から聖歌隊で歌い始め、「Harmony Echoes」など複数のゴスペル系グループに参加。1963年プロデューサー「Roosevelt Jamison」によって同グループのメンバー「O.V. Wright」と共にスカウトされ、メンフィスの「ゴールドワック/Goldwax Records」と契約。1964年、同レーベルからデビュー。「 Pouring water on a drowning man」(1966年)、「The Dark End Of The Street」(1967年)などでサザン・ソウルの作品をゴールドワックスで制作し、全14枚のシングルを残し、同レーベルで66年から68年にかけて米国でチャートヒット6曲,R&Bチャートでトップ10ヒット2曲を記録。1971年にアトランティック・レコードから1枚発売したあと活動を中止。素晴らしい作品を残しているのに、ライブではなかなか本領を発揮できなかったらしい。生まれたときから精神的な疾患を抱えており、エンターテナーとして振る舞うことには向いていなかったようだ。1979年に待望の来日公演を果たしている。問題の公演である(ライブでは薬を服用しすぎて、ステージ上で意識が飛んでしまい、凍り付いたように動かなくなってしまったという)。このときのジェイムズ・カーは明らかに体調を崩しており、当時の雑誌等でも往年の凄さはまったく無い抜け殻状態だったといった批判的な評ばかりでした。90年代に入ると活動が再開し、'91年にはクイントン・クランチが再び興したゴールドワックスからアルバム『Take Me To The Limit』が、'94年にはソウルトラックスからアルバム『Soul Survivor』がリリース。2001年1月7日に58歳でこの世を去った。
....................................................................................................................
参考資料
ゴールドワック/Goldwax Records
アメリカのメンフィスの名門レコード・レーベル
1964年に、クイントン・クランチ(Quinton Claunch)が、薬屋のルドルフ・ラッセル(ルドルフ・V・“ドック”・ラッセル)から資金提供を受けて創立した。クランチは、ハイ・レコードの創立者の1人。マネージメントをやっていたルーズベルト・ジェイミソン(Roosevelt Jamison)からジェイムス・カーのデモテープを聴かされ、ソウル・ミュージックを発表することを決意する。ゴールドワックスは1969年までしか続かなかった(1969年にクランチとラッセルの意見の相違などにより廃業)(一部ウィキペディアから抜粋)

所属したアーティスト
ジェイムス・カー
スペンサー・ウィギンス
オヴェイションズ
パーシー・マイレム&リリックス
ジョージ・ジャクソン
エディ・ジェファーソン
ジョージ&グリアー
ウィリー・ウォーカー
....................................................................................................................
Goldwaxの幻の名盤復活を待ち望んだ多くのソウル・ファンと同じで、Vivid Soundが77年に発売。2000年代に成って再び、このGoldwax音源がCD化されて、Atlantic音源の『Hold on』も漸くJames Carrの単独アルバムの中に入ったのです。彼の曲で人気有るのは『You've Got My Mind Messed Up』、『Love Attack』、『"Hold on","Pouring Water on a Drowning Man","Forgetting You","I'll Put It to You","A Man Needs a Woman"』など。90年代に、『Take Me To The Limit』と『Soul Survivor』の2枚のアルバムで一応カムバック。90年代以降の作品は「声に衰えが有り、痛々しい」とか「音程が怪しい」とか購入意欲を削がれる批評が多く。『Take Me To The Limit』と『Soul Survivor』の2枚を1枚にした『A Man Worth Knowing』を買いました。確かに91年発売の『Take Me To The Limit』収録曲は60年代の声と比べたら衰えがはっきり感じられました。"You Gotta Love Your Woman"、"Our Garden of Eden"、"I Can't Leave Your Love Alone"などをもし60年代のジェイムズ・カーが歌っていたらもっともっと声に伸びがあり艶があり感動的だったのかも知れません。93年発売の『Soul Survivor』収録曲の方は曲によってバラツキ有りますが、随所に「ジェームズ・カー」そのものを感じ取れる。
.......................................................................................................................
19‘67年R&Bチャート25位を記録した、デビュー・アルバム"You've Got My Mind Messed Up"。'66年同シングルチャート7位「 You've Got My Mind Messed Up」、同21位「Love Attack」の極上バラッド、同23位のミッドテンポ・ディープ「Pouring Water on a Drowning Man」、超絶名曲ダン・ペンとチップス・モーマンの「The Dark End of The Street」収録。

1967
James Carr
"You've Got My Mind Messed Up"
SIDE-A
1. Pouring Water on a Drowning Man(Drew Baker, Dani McCormick)
2. Love Attack(Quinton Claunch)
3. Coming Back to Me Baby(George Jackson)
4. I Don't Want to Be Hurt Anymore (Dolly Greer)
5. That's What I Want to Know(James Carr, Roosevelt Jamison)
6. These Ain't Raindrops (Quinton Claunch)
SIDE-B
1. The Dark End of The Street (Chips Moman, Dan Penn)
2. I'm Going for Myself (Ernest Johnson, Edgar Campbell)
3. Lovable Girl (O. B. McClinton)
4. Forgetting You (McClinton)
5. She's Better than You(McClinton)
6. You've Got My Mind Messed Up(McClinton)

Producer – Quinton M. Claunch, Rudolph V. Russell

James Carr-vocals, songwriter
Steve Cropper-guitar
Reggie Young-guitar
Tommy Cogbill-bass
Mike Leech-bass
Bobby Wood-keyboards
Bobby Emmons-keyboards
Gene Chrisman-drums
Quinton M. Claunch-songwriter

SIDE-A
1. Pouring Water on a Drowning Man

3rdシングル、R&B23位・POP85位を記録

2. Love Attack

2ndシングル、R&B21位・POP99位を記録。正にソウルシンガーの極み、染みるバラッド

3. Coming Back to Me Baby

2ndシングルB面

4. Don't Want to Be Hurt Anymore


5. That's What I Want to Know

1stシングルB面。

6. These Ain't Raindrops

迫真の歌力

SIDE-B
1. The Dark End Of The Street

4thシングル、R&B10位・POP77位を記録。Dan Penn 作、後にAretha Franklin, Elvis Costello もカヴァー。ギター伴奏はレジー・ヤング( Reggie Young )

2. I'm Going for Myself


3. Lovable Girl

4thシングルB面。

4. Forgetting You

1stシングルB面。

5. She's Better than You


6. You've Got My Mind Messed Up

1stシングル、R&B7位・POP63位を記録。
............................................................................................................................................................
'68年の2ndアルバム"A Man Needs A Woman"。ヒット曲「A Man Needs A Woman」を筆頭に、「More Love」や「A Woman Is A Man's Best Friend」、「Life Turned Her That Way」等の泣きのバラードがぎっしり。

1968
James Carr
"A Man Needs A Woman"
SIDE-A
1. A Man Needs a Woman
2. Stronger than Love
3. More Love
4. You Didn't Know It But You Had Me
5. A Woman Is a Man's Best Friend
6. I'm a Fool for You
SIDE-B
1. Life Turned Her That Way
2. Gonna Send You Back to Georgia
3. The Dark End of The Street
4. I Sowed Love and Reaped a Heartache
5. You've Got My Mind Messed Up
6. A Losing Game

Producer Quinton M. Claunch, Rudolph V. Russell

SIDE-A
1. A Man Needs a Woman


2. Stronger than Love

深みのあるリズム・ナンバー

3. More Love

珠玉のスロウ

4. You Didn't Know It But You Had Me

聴き応え抜群

5. A Woman Is a Man's Best Friend

悶絶の歌唱が満喫できます

6. I'm a Fool for You (with Betty Harris)

アラン・トゥーサンの下で活躍したレディ・ソウルBetty Harrisが強力なデュエットで参戦

SIDE-B
1. Life Turned Her That Way


2. Gonna Send You Back to Georgia


3. The Dark End of The Street

1stからの再収録となったダン・ペン作バラード
Written-By – Dan Penn、Chips Moman

4. I Sowed Love and Reaped a Heartache


5. You've Got My Mind Messed Up
1stからの再収録となった大傑作

6. A Losing Game

スロウはやっぱ絶品
.............................................................................................................................................
1977年、Goldwaxでの未発表音源とレアなシングル曲で構成された日本企画アルバム。

1977
Vivid Sound-Goldwax VG-3006 (LP)
James Carr
"freedom train"
SIDE-A
1.What Can I Call My Own
2.My Adorable One
3.I Can't Turn You Loose
4.These Arms Of Mine
5.Life Time Of A Man
6.Tell Me
7.I've Gotta Go (Let's Face Facts)
SIDE-B
1.Freedom Train
2.You Hurt Me So Good
3.Love Attack
4.Pouring Water On A Drowning Man (unissued take)
5.You Don't Want Me
6.Search Your Heart
7.Dixiebell

SIDE-A
1.What Can I Call My Own


2.My Adorable One


3.I Can't Turn You Loose

Written-By – Otis Redding

4.These Arms Of Mine

Written-By – Otis Redding

5.Life Time Of A Man

Written-By – Quinton Claunch, William Cantrell

6.Tell Me

7.I've Gotta Go (Let's Face Facts)

Written-By – Lee Jones, Harold Thomas

SIDE-B
1.Freedom Train


2.You Hurt Me So Good

Written-By – Osbie Burnett McClinton

3.Love Attack

Written-By – Quinton Claunch

4.Pouring Water On A Drowning Man (unissued take)

Written-By – Danny McCormick、 Drew Baker

5.You Don't Want Me

1964年、first シングル"Only Fools Run Away"のB面(Goldwax 108-)

6.Search Your Heart

(Kent Soul – LTDEP 012)
Written-By – George Jackson , Raymond Moore

7.Dixiebell


..............................................................................................................................
2001年以降再発盤紹介
*THE COMPLETE GOLDWAX SINGLES (2001 UK) UK-Kent CDKEND202(CD)
*YOU GOT MY MIND MESSED UP (2002 UK) UK-Kent CDKEND211(CD)
*A MAN NEEDS A WOMAN (2003 UK) UK-Kent CDKEND215(CD)
*MY SOUL IS SATISFIED/THE REST OF JAMES CARR (2004 UK) UK-Kent CDKEND231(CD)
*A MAN WORTH KNOWING:THE 1990s GOLDWAX & SOULTRAX RECORDINGS
(2006 UK) UK-Ace CDCHD 1120(CD)

アルバム
You Got My Mind Messed Up (Goldwax '66) (Vivid Sound '77)
A Man Needs A Woman (Goldwax '68) (Vivid Sound '77)
Freedom Train (Vivid Sound '77)
At The Dark End Of The Street (Blue Side '87)
Take Me To The Limit (Ace '91)
Soul Survivor (Soultrax '93)
My Soul Is Satisfied (Kent '04)

シングル
Goldwax 108 - "You don't want me" / "Only fools run away" (1964)
Goldwax 112 - "Lover's competition" / "I can't make it" (1964)
Goldwax 119 - "Talk talk" / "She's better than you" (1965)
Goldwax 302 - "You've got my mind messed up" / "That's what I want to know" (1966)
Goldwax 309 - "Love attack" / "Coming back to me baby" (1966)
Goldwax 311 - "Pouring water on a drowning man" / "Forgetting you" (1966)
Goldwax 317 - "The dark end of the street" / "Lovable girl" (1967)
Goldwax 323 - "Let it happen" / "A losing game" (1967)
Goldwax 328 - "I'm a fool for you" / "Gonna send you back to Georgia" (1967)
Goldwax 332 - "A man needs a woman" / "Stronger than love" (1968)
Goldwax 335 - "Life turned her that way" / "A message to young lovers"
Goldwax 338 - "That's the way love turned out for me" / "Freedom train" (1969)
Goldwax 340 - "To love somebody" / "These ain't raindrops"
Goldwax 343 - "Everybody needs somebody" / "Row row your boat"
Atlantic 2803 - "Hold on" / "I'll put it to you" (1970)
River City 1940 - "Let me be right (Don't want to be wrong)" / "Bring her back" (1977)
Soultrax 5001 - "Soul survivor" / "Gonna marry my mother-in-law" (1993)
.........................................................................................................................
【輸入盤CD】James Carr / You Got My Mind Messed Up (ジェームス・カー) - あめりかん・ぱい
【輸入盤CD】James Carr / You Got My Mind Messed Up (ジェームス・カー) - あめりかん・ぱい

【国内盤CD】ジェイムス・カー / ア・マン・ニーズ・ア・ウーマン - あめりかん・ぱい
【国内盤CD】ジェイムス・カー / ア・マン・ニーズ・ア・ウーマン - あめりかん・ぱい

James Carr"freedom train"
61294449.jpg
Vivid Sound-Goldwax VG-3006 (LP)

【中古】 ザ・コンプリート・ゴールドワックス・シングルズ /ジェイムス・カー 【中古】afb - ブックオフオンライン楽天市場店
【中古】 ザ・コンプリート・ゴールドワックス・シングルズ /ジェイムス・カー 【中古】afb - ブックオフオンライン楽天市場店

CD/90年代ゴールドワックス&ソウルトラックス・レコーディング/ジェイムス・カー/PCD-2666 - サプライズWEB
CD/90年代ゴールドワックス&ソウルトラックス・レコーディング/ジェイムス・カー/PCD-2666 - サプライズWEB

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント