ロベン・フォード(Robben Ford)ー"Discovering The Blues"1972 

ロベン・フォード
(Robben Ford)
1951年12月16日生まれ
カリフォルニア州出身
ブルース/ロック/ジャズ・フュージョン・ギタリスト
18歳の時にThe Charles Ford BandとDiscovering the Bluesの2つのアルバムも録音。ジミー・ウィザースプーンやトム・スコットのL.A.エクスプレスに参加。トムから離れた後、The Inside Storyを収録する。後にイエロージャケッツを結成、フォードも初期のレコーディングに参加。 1986年には一時的にマイルス・デイヴィスとも共演。1988年にはアルバム、Talk to Your Daughterを発表 。以後も、ラリー・カールトンとも共演。2006年には彼と共に来日公演。
............................................................................................................
1972年、1stの“Discovering the Blues”をリリース(発掘音源を編集したライヴアルバム)。Robben若かりし21才の時のカリフォルニアにおけるライブアルバム、昔ながらのBBキングとかがやるようなオーソドックスなブルースギターがたっぷり聴けます。このアルバムが一番ブルース色が強く、ギター、ヴォーカルとも、"どブルース"のロベン・フォードを聞くことができるので、"The Charles Ford Band"と同様にしてコアなブルース・ファンにもお勧め。④のインストでは、ロベンのサックスを聴くことができます。あとはすべて歌入りのブルース。ブルース・ギターの珠玉のアルバムであると同時に、ロベンの魅力を語る上で欠かすことの出来ない一枚。

1972
Robben Ford
"Discovering The Blues"
1 Sweet Sixteen [BB King]
2 You Drive a Hard Bargain
3 It's My Own Fault [John Lee Hooker]
4 You Don't Know What Love Is
5 My Time After Awhile
6 Raining in My Heart
7 Blue and Lonesome [Little Walter]

Producer – Jerry Goldstein, Mike Vernon

Guitar, Saxophone, Vocals – Robben Ford
Bass Guitar – Stan Poplin
Drums – Jim Baum
Keyboards – Paul Nagle (3)

1 Sweet Sixteen [BB King](Live)


2 You Drive a Hard Bargain


3 It's My Own Fault [John Lee Hooker]


4 You Don't Know What Love Is

バラードではRobbenの哀愁を帯びたサックスソロ


5 My Time After Awhile


6 Raining in My Heart


7 Blue and Lonesome [Little Walter]

....................................................................................................................................

Discovering the Blues - Ford, Robben
Discovering the Blues - Ford, Robben


【中古】 Robben Ford ロベンフォード / Discovering The Blues 【CD】 - HMV&BOOKS online 1号店
【中古】 Robben Ford ロベンフォード / Discovering The Blues 【CD】 - HMV&BOOKS online 1号店

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント