カレン・ダルトン(Karen Dalton)-"In My Own Time"

カレン・ダルトン
(Karen Dalton )
1938年7月19日生まれ
グリニッジ・ヴィレッジの出身
1993年死去、享年55歳
女性ホワイト・ブルース&フォーク・ シンガー
12弦ギターとバンジョーを弾きながらフォークブルーズを唄い。発声は程好く鼻にかかり、声質はビリー・ホリディをもっと擦れさせ、圧倒的な歌の上手さで異彩を放っています。1960年代前半からニューヨークのグリニッチ・ヴィレッジで活動、この頃はボブ・ディランやフレッド・ニールとも活動している。60年代グリニッジ・ヴィレッジのフォークシーンにおいて”最もフェイヴァリットな女性シンガー”と最大限の賞賛を受けるこれまでの作品は、1969年「It's So Hard To Tell Who's Going To Love You The Best」、 1971年「In My Own Time」の二枚だけ。1970年前後は、シンガーソングライターが一大ブームの頃。女性でもキャロル・キングやカーリー・サイモン、ジョニ・ミッチェル等が話題を呼び、ヒットチャートにノミネートされた時代。しかし彼女は自作曲を書かなかった為(あるいは書けなかった為)か、いかんせんアクが強過ぎたのかは分りませんが、ヒットとかビルボード誌には全く縁がありませんでした。2枚のアルバムを残し以後音楽業界からは、消息知れずの状態です。そんな彼女ですがレコードは、ロックやフォークマニア必薦のコレクターズアイテムとして、昔も今も人気があるようです。がしかし再リリースされていないと言うレア度も相まって、2ndは高値で取引されています。(06年11月20日、CDが発売され当然購入しました。)それまで、某音楽情報誌や某輸入盤専門店などで情報ははいっていました。復刻された2ndアルバムは当時Just Sunshineというインディ・レーベルからリリースされ、本作を最後に彼女が姿を消し音楽活動を止めてしまった為に原盤の所在がはっきりとせず、CD化は不可能に近いと言われていたいわく付きの作品で、幻のアルバムとして語り継がれていた作品。シンプルなバック編成ですが、ベアズビルスタジオ録音の為、元ハングリーチャックのエイモス・ギャレット(g)とビル・キース(スライドg)、元エリクトリックフラッグスのハービー・ブルックス(プロデュースとb)、後にオーリアンズを結成するジョン・ホール(g)、名プロデューサーのジョン・サイモン(p)等など名だたるメンバーがサポートしています。いわゆるウッドストック系で固められています。彼らは控えめな演奏で、カレンのボーカルを最大限惹きだしているのです。1stも米国よりCDが出ていますので、ぜひ機会が有れば、耳を傾けて頂きたいと思います。彼女は1993年3月19日、享年55歳で逝去。
...............................................................................................................................................................

カレン・ダルトンの2ndアルバム。オリジナルのリリースは1971年。2006年に初CD 化。 2007年に未発表のボーナス・トラック収録盤がリリース。 カレンはボーカルの他、12 弦ギターとロングネックのバンジョーを演奏している。2曲目、ソウルの名曲「When a Man Loves a Woman」は圧巻 、この一曲のためだけに購入しても損はしないでしょう。ギターのエイモス・ギャレット、ピアニストのジョン・サイモンなどが参加。

1971
Karen Dalton
"In My Own Time"
1."Something on Your Mind" (Dino Valenti)
2."When a Man Loves a Woman" (Calvin Lewis, Andrew Wright)
3."In My Own Dream" (Paul Butterfield)
4."Katie Cruel" (Traditional; arranged by Karen Dalton)
5."How Sweet It Is (To Be Loved by You)" (Lamont Dozier, Brian Holland, Eddie Holland)
6."In a Station" (Richard Manuel)
7."Take Me" (George Jones, Leon Payne)
8."Same Old Man" (Traditional; arranged by Steve Weber)
9."One Night of Love" (Joe Tate)
10."Are You Leaving for the Country" (Richard Tucker)
 
Producer/Harvey Brooks

Karen Dalton – vocals, banjo, 12-string guitar, arrangements
Richard Bell – piano
Harvey Brooks – bass, arrangements
Amos Garrett – guitar
John Hall – guitar solo on "In My Own Dream"
Daniel Hanken – guitar
Bill Keith – pedal steel guitar
Ken Pearson – organ
Denny Seiwell – drums
John Simon – piano
Greg Thomas – drums
Dennis Whitted – drums
Bobby Notkoff – violin
Hart McNee – tenor saxophone
Robert Fritz – clarinet
Marcus Doubleday – trumpet

1..Something on Your Mind


2.When a Man Loves a Woman


4.Katie Cruel


6.In a Station


7.Take Me


8.Same Old Man

...................................................................................................................

当ブログで、カレン・ダルトンの1969年デビュー作となる『 It's So Hard To Tell Who's Going To Love You The Best』を紹介しております。
 ↓         ↓
http://51036951.at.webry.info/201705/article_8.html
................................................................................................................................

In My Own Time
Light in the Attic
2006-11-07
Karen Dalton

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by In My Own Time の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



1966
Delmore Recordings
2012-01-18
Karen Dalton

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 1966 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Green Rocky Road (Mlps)
Delmore Recordings
2008-06-10
Karen Dalton

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Green Rocky Road (Mlps) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • カレン・ダルトン(Karen Dalton)-It's So Hard to Tell Who's

    Excerpt: カレン・ダルトン (Karen Dalton ) 1938年7月19日生まれ グリニッジ・ヴィレッジの出身 1993年死去、享年55歳 女性ホワイト・ブルース&フォーク・ シンガー 12弦.. Weblog: JAMES TERRA racked: 2017-05-16 13:44