ローラ・アラン(Laura Allan )-"Laura Allan"1978

ローラ・アラン
(Laura Allan )
本名、 Laura Rachel Allan
1952年生まれ
ロサンゼルス出身.
2008年5月19日死去、享年55歳.
シンガーソングライター
1970年、3月にデイヴィド・クロスビーと出会い、彼に認められてクロスビーのファースト・ソロ・アルバム「If I Could Only Remember My Name」でチターで演奏参加。その後、ジャクソン・ブラウン、ジョニ・ミッチェルなどとも交流を持ち、1978年にファースト・アルバム"Laura Allan "を発表 。当時輸入盤で購入し、個人的にとても気に入りましたが、何故か本国アメリカで商業的に売れなかったらしいです。大ヒットとまではいえませんが、私の周りでは結構話題となり、ウェスト・コーストを代表するミュージシャンがクレジットされ、話題となりました。とにかく、このアルバムのバック・メンバーは何とも豪華です。

一流奏者をバックの面々
ジム・ケルトナー/ジェフ・ポーカロ/リック・マロッタ/ハル・ブレイン(ds)、エイブラハム・ラボリエル/リー・スカラー/チャック・レイニー(b)、ワディ・ワクテル(g)、ビル・ペイン(kyd)、シーウインド・ホーンズ、アーニー・ワッツ(sax)、ビル・チャンプリン/ウェンディ・ウォルドマン/デヴィッド・ラズリー/ブロック・ウォルシュ(cho)等

ギターのワディ・ワクテル以外は、ほとんどスティーリー・ダンのアルバムと同じメンバーで録音されていたりします。プロデューサーのチャック・プロトキンは、オーリアンズ、アンドリュー・ゴールド、ウェンディ・ウォルドマン、ブルース・スプリングスティーン、ボブ・ディラン、ベッド・ミドラーなどのプロデューサーとしても有名です。

ソウルフルなフォーク・サウンドはきらりと光るローラ・アランの個性

1978年
Laura Allan
"Laura Allan "
1)opening up to you(まだ見ぬ私をあなたに)
2)slip and slide
3)come as you are(今のままが好き)
4)hole in my bucket(私の感傷)
5)one way ticket(片道切符)
6)so fine
7)love can be(愛でいっぱい)
8)promises
9)yes i do
10)sunny day
11) stairway

Producers: Chuck Plotkin and Greg Prestopino

Musicians:
Drums:/Rick Marotta, Jim Keltner, Jeff Porcaro
Bass/ Bob Glaub, Lee Sklar, Chuck Rainey, Abraham Laboriel
Electric Piano/ Jay Winding, Craig Doerge, Bill Payne, Bill Elliott
Guitars/ Waddy Watchel
Sax/ Ernie Watts, Kim Hutchcroft, Larry Williams
Trumpets/Jerry Hey
Background Vocals/ Laura Allan, Arnold McCuller, David Lasley, Bill Champlin, Wendy Waldman, Valerie Carter

今まで知らなかった新しい私をあなたに開いて見せるの”なんて・・
1) Opening Up To You

Vocals, Dulcimer, Drum [Clay], Backing Vocals, Written-By – Laura Allan
Alto Flute, Flute [Tenor] – Larry Williams
Alto Saxophone – Kim Hutchcroft
Arranged By [Horns] – "Seawind"*
Backing Vocals – Bill Champlin, Carmen Twillie, Kneddy Gloud
Bass – Abraham Laboriel
Drums – Jim Keltner
Electric Guitar – Waddy Wachtel
Electric Piano – Jai Winding
Trombone – William Reichenbach*
Trumpet – Jerry Hey

2) Slip and slide

Vocals, Kalimba, Zither, Written-By – Laura Allan
Arranged By [Strings], Conductor – David Campbell
Backing Vocals – Brock Walsh, Valerie Carter
Bass – Lee Sklar*
Drums – Rick Marotta
Electric Piano – Jai Winding
Percussion – Steve Forman

絶妙のバラード、ここではJeff PorcaroとChuck RaineyのリズムセクションにWendy Waldmanのバック・ヴォーカルが絡む。
3) Come As You Are

Vocals, Backing Vocals, Written-By – Laura Allan
Arranged By [Strings], Conductor – David Campbell
Backing Vocals – Penny Nichols, Wendy Waldman
Bass – Chuck Rainey
Drums – Jeff Porcaro
Electric Guitar – Waddy Wachtel
Electric Piano – Bill Elliott
Percussion – Steve Forman
Piano – Bill Payne

4) Hole In My Bucket

Vocals, Backing Vocals, Written-By – Laura Allan
Acoustic Guitar – Joel Bernstein
Arranged By [Strings & Woodwinds], Conductor – David Campbell
Bass – Chuck Rainey
Drums – Jeff Porcaro
Electric Guitar – Waddy Wachtel
Piano [Acoustic] – Jai Winding

ゴスペル調のパンチのある曲
5) One Way Ticket

Vocals, Written-By – Laura Allan
Written-By – Chuck Plotkin
Backing Vocals – Bill Champlin, Carmen Twillie, Kneddy Gloud
Bass – Chuck Rainey
Drums – Jeff Porcaro
Electric Guitar – Waddy Wachtel
Organ – Bill Payne
Piano [Acoustic] – Jai Winding

このアルバム唯一の他人の書いた曲
6) So Fine

Vocals, Backing Vocals, Handclaps – Laura Allan
Written-By – Johnny Otis
Backing Vocals – Arnold McCuller, David Lasley
Bass – Bob Glaub
Drums – Rick Marotta
Electric Guitar, Slide Guitar – Waddy Wachtel
Handclaps – Beau Harwood, Chuck Plotkin, D. W. George, Doug Robinson, Greg Prestopino, Mo Rogers*
Piano [Acoustic] – Jai Winding

Opening Up To Youと同様の雰囲気を持った曲
7 ) Love Can Be

Vocals, Dulcimer, Written-By – Laura Allan
]Acoustic Guitar – Joel Bernstein
Arranged By [Strings], Conductor – David Campbell
Backing Vocals – Bill Champlin, Carmen Twillie, Kneddy Gloud
Bass – Lee Sklar*
Drums – Jim Keltner
Electric Piano – Craig Doerge
Sopranino Saxophone, Flute – Ernie Watts
Producer – D. W. George

マンドリンの調べと彼女の淡々とした語るような歌声が心にしみる
8) Promises

Vocals, Backing Vocals, Written-By – Laura Allan
Acoustic Guitar – Waddy Wachtel
Arranged By [Strings], Conductor – David Campbell
Bass – Lee Sklar*
Electric Piano – Bill Payne
Guitar [High String] – Joel Bernstein
Harmonica [Solo] – Tommy Morgan
Mandolin, Mandola, Mandocello – David Grisman

可憐な歌声で淡々と唄う
9) Yes I Do

Vocals, Dulcimer, Written-By, Backing Vocals – Laura Allan
Acoustic Guitar – Joel Bernstein
Backing Vocals – Penny Nichols, Wendy Waldman
Bass – Chuck Rainey
Drums – Jeff Porcaro
Electric Piano, Synth – Bill Payne

ギターを伴奏にしたかわいい曲
10) Sunny Day

Vocals, Backing Vocals, Written By – Laura Allan
Guitar – Joel Bernstein

彼女が気に入っているという美しい曲
11) Stairway

Vocals, Backing Vocals, Written-By – Laura Allan
Arranged By [Strings & Woodwinds], Conductor – David Campbell
Piano – Bill Elliott
...............................................................................................................................
ローラ・アランはこのアルバムのリリース後は活動をニューヨークに移し、他のアーティストへの曲の提供や、数枚ですが、96年2nd「Hold on to Your Dreams」、99年3rd「Telegraph」にもオリジナル・アルバムをリリースしています。
残念ながら2008年5月に55歳という若さで帰らぬ人となりました。 彼女の死去は非常に残念です。
................................................................................................................................

下記のサイトは、ローラ・アランの専用サイトを 貼っておきますので興味のある方どうぞ 寄ってみてください
 Laura Rachel Allan (1952-2008, RIP).の詳しいサイト
            こちら↓
   http://lauraallan.virtual-memorials.com/

       ご冥福お祈り申し上げます
.........................................................................................................................................................................

1978年"Laura Allan "
CD/ローラ・アラン (解説歌詞対訳付)/ローラ・アラン/WPCR-15244 - サプライズWEB
CD/ローラ・アラン (解説歌詞対訳付)/ローラ・アラン/WPCR-15244 - サプライズWEB

【中古】 【輸入盤】Hold on to Your Dreams /LauraAllan 【中古】afb - ブックオフオンライン楽天市場店
【中古】 【輸入盤】Hold on to Your Dreams /LauraAllan 【中古】afb - ブックオフオンライン楽天市場店

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック