JAMES TERRA

アクセスカウンタ

zoom RSS ゲイリー・ライト(Gary Wright)-1975年、1979年

<<   作成日時 : 2017/10/08 12:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ゲイリー・ライト
(Gary Wright)
1943年4月26日生まれ
ニュージャージー州クレスキル出身
ロックシンガー/マルチプレイヤー(キーボード・バイオリン・ピアノなど)
60年代から73年に解散するまで、スプーキー・トゥース(Spooky Tooth)に在籍。バンドが一時休止状態となっていた70年、元ビートルズのジョージ・ハリスンのソロ作『オール・シングス・マスト・パス』にキーボードで参加。74年以降は、ソロに専念。75年にシンセを駆使した楽曲「ドリーム・ウィーバー」(Dream Weaver, 「夢織り人」と訳されることもある)を発表し、同名シングルが大ヒットを記録した。80年代以降は映画音楽なども手掛けている。またハリー・ニルソンの楽曲「ウィズアウト・ユー」(Without You)へのピアニストとしての参加などで知られる。ソロ・アーティストとして、1971年に"Extraction"、1972年に"Footprint"という2枚のソロ・アルバムを発表し、バンド(Spooky Tooth)脱退後の1975年に"The Dream Weaver"を発表し、ソロ・アーティストとして確立。1977年には4thアルバム"The Light Of Smiles"を、1978年にはこれも名作の誉れ高い"Touch and Gone"を発表し、1979年に最もAORしたアルバム"Headin' Home"が発表されました。その後、1981年に"The Right Place"、1988年に"Who I Am"、1995年に"First Signs of Life"、1998年に"Best of Gary Wright / The Dream Weaver"、1999年に"Human Love"を発表しました。
また2008年にRingo Starr & His All-Star Bandの一員としてツアーに参加。
................................................................................................................................................

Gary Wrighが75年にリリースしたソロ3作目にして、彼の代表作B1「Dream Weaver」を収録したアルバム。3rd Bass等がサンプリングしたメロウながらもボトムの効いたロックA1「Love Is Alive」を始め、Digable Planets等が使ったナイスブレイクから始まるA3「Can't Find The Judge」、前述のメロウなB1、ゆったりしつつもシッカリ打ったドラムにヘヴィーなリードシンセが絡むファンク色強めのロックB3「Much Higher」等を収録!

1975
Gary Wright
"Dream Weave"r
1. Love Is Alive
2. Let It Out
3. Can't Find the Judge
4. Made to Love You
5. Power of Love
6. Dream Weaver
7. Blind Feeling
8. Much Higher
9. Feel for Me
10. Love Is Alive (Mono Version) (Bonus Track)
11. Made to Love You (Mono Version) (Bonus Track)

Producer, Written-By – Gary Wright

Backing Vocals – Betty Sweet*, David Pomeranz, Lorna Wright
Drums – Andy Newmark, Jim Keltner
Guitar – Ronnie Montrose (tracks: A5)
Keyboards – Bobby Lyle, David Foster
Keyboards, Woodwind, Backing Vocals – Gary Wright

Love Is Alive

(1976年)2位
DreamWeaver Official Video

(1976年)全米2位

Can't Find The Judge


Much Highe

...................................................................................................................

Gary Wrigh /Headin' Home (1979)
本作には、Steve Lukather、Buzzy Feiten、Fred Tackett、Alan White、Andy Newmark、Jeff Porcaro、Harvey Mason、Bobby Lyle、Neil Larsen、Jai WindingなどのAORやFusion界の名プレイヤーが参加したアルバムで、内容もほぼAORしております。

1979
Gary Wright
" Headin' Home"
1. Follow Next To You
2. I Can Feel You Cryin'
3. I'm The One Who'll Be By Your Side
4. Keep Love In Your Soul
5. Let Me Feel Your Love Again
6. Love Is Why
7. Love's Awake Inside
8. Moonbeams
9. Stand
10. You Don't Own Me

Producers: Gary Wright

Personnel
Gary Wright - Moog synthesizers, Clavinet, Arp Strings, vocals
Roland Bautista - Guitar
Mike Boddicker - Poly-Moog Strings
Lenny Castro - Percussion
Paulinho da Costa - Percussion
David Crosby - Vocal Harmonies
Buzzy Feiten - Acoustic Guitar
Jim Horn - Saxophone
Neil Larson - Oberheim Flute
Steve Lukather - Guitar
Bobby Lyle - Piano, Rhodes
Harvey Mason - Drums, Percussion
Hugh McCracken - Rhythm Guitar
Michael McDonald - Harmony Vocals
Graham Nash - Vocal Harmonies
Andy Newmark - Drums
Jeff Porcaro - Drums
Emil Richards - Percussion
Fred Tackett - Rhythm Guitar
Audie Watkins - Percussion
Alan White - Drums
Jai Winding - Arp Strings, Oberheim Horns

3.I'm the one who'll be by your side


4. Keep Love In Your Soul


7. Love's Awake Inside


8. Moonbeams

..........................................................................................

The Dream Weaver
Rock Candy
2017-09-15
Gary Wright

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by The Dream Weaver の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ヘッディン・ホーム
SOLID/WOUNDED BIRD
2050-12-31
ゲイリー・ライト

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ヘッディン・ホーム の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ゲイリー・ライト(Gary Wright)-1975年、1979年  JAMES TERRA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる