JAMES TERRA

アクセスカウンタ

zoom RSS キャロル・トンプソン(Carroll Thompson)-"Free"1984

<<   作成日時 : 2017/09/11 06:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

キャロル・トンプソン
(Carroll Thompson)
1960年生まれ
イギリス レッチワース出身
女性レゲエシンガー/セッションシンガー
“ラヴァーズ・ロックの女王”という称号に相応しいレゲエ・シンガーといわれている。
ジャマイカ移民の両親の影響もあり、レゲエ、スカ、ロックステディなどはもちろん、ジャズやゴスペル、クラシックまで幅広い音楽環境のなかで子供時代を過ごし、教会の聖歌隊で歌いながらハイスクールに通学。12歳の頃にはすでに作曲を開始。オーディションに合格したことからプロとして活動を開始。1981年アルバム「Hopelessly In Love」でデビューを果たし、83年2枚目のアルバム「Carroll Thompson」をリリース。1992年マッド・プロフェッサーのアリワ・レーベルから『The Other Side Of Love』をリリース。94年東芝EMI/eauレーベルからアルバム『Free』をリリース、デニース・ウィリアムスのヒット曲「Free」のカヴァーがヒットし、日本における彼女の認知度を一気に高めた。95年『 Full Circle』、96年『Songbird』とコンスタントにアルバムを発表し、99年ビクター移籍第1弾となる『 Flying』をリリース。

84年に「Michael Ward」,「Shaun Ward」の共同プロジェクト「Floy Joy:1983--86」のアルバム「Into The Hot」にリードボーカルとして参加。

チャートクレジットではアーティスト表記されていない曲もありますが、90年に「Courtney Pine & Carroll Thompson」のコラボで1曲がチャートヒット。また同90年に共同プロジェクト「Movement 98」にフィーチャーされ、「Movement 98 Featuring Carroll Thompson」クレジットで2曲がチャートヒットを記録。

セッションシンガーとしてはジャンルを超えて多彩な活動があり、「Michael Jackson」,「Stevie Wonder」,「Natalie Cole」,「Pet Shop Boys」,「Boy George」,「Maxi Priest」,「Sting」,「Billy Ocean」,「Chaka Khan」など、多数アーティストの録音に参加。

★参考資料(Weblioから引用)★
ラヴァーズ・ロック[lovers rock]とは
ラブ・ソングをメインにしたレゲエの一種をいう。ゆったりとしたリズムでロマンティックな雰囲気のものでソフトレゲエともいわれる。キャロル・トンプソン、ジャネット・ケイ、ココ・ティなど。
............................................................................................................

1994年発表アルバム"FFree"
1994年にCDオンリーでリリースした4thアルバム。録音こそロンドンで行われているもののリリースは日本の東芝EMIからで、そもそも製作自体も日本人が主導。アルバムは、ほとんどがカバー曲。デニス・ウィリアムスの名バラード「FREE」、カーペンターズ「CLOSE TO YOU」、マービン・ゲイとダイアナ・ロス「YOU’RE EVERYTHING」、ビリー・ホリデイ「LOVER MAN」などカバー。ただの、ラヴァーズ・ロックではなく、R&Bやソウルの要素が多く、入っているのが特徴です。コートニー・パインとの共作「NEVER BE LONELY」は、コートニー・パインのアルバム「CLOSER TO HOME」の「I’M STILL WAITING」にも匹敵するナンバーです。

1994
Carroll Thompson
"Free"
01:Free
02:Touching The Sky
03:When Will I See You Again
04:Never Be Lonely
05:Only Natural
06:Lover Man
07:Close To You
08:Don't Give Up
09:Mood For Love 
10:Crazy For You
11:Please Go
12:You Are Everything

Free


Touching The Sky


Close To You

とても、甘くて、キュートな、声.

Crazy For You

..............................................................................

PS

I'm So Sorry

From the classic lover's rock album Hopelessly in Love released in 1981. My sister had this on vinyl back in the day. I absolutely loved this track and Sing Me A Love Song.

Courtney Pine feat. Carroll Thompson - I'm Still Waiting

Courtney Pine feat. Carroll Thompson / I'm Still Waiting (Diana Ross)
キャロル・トンプソンは1990年に、コートニー・パインと共に、こんなヒット曲を出した。
.........................................................................................
Albums
Hopelessly in Love (1981) Carib Gems (UK Indie Albums #22)
Carroll Thompson (1983) Carousel
The Other Side of Love (1993) Ariwa
Collectively (1998) Boot Street
The Ultimate Collection
Love Songs Victor
Flying (2008) Victor
Feels So Good (2011), Heritage
.............................................................................................
1984
Carroll Thompson
"FREE"
画像
















フライング
ビクターエンタテインメント
1999-08-04
キャロル・トンプソン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by フライング の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Hopelessly in Love
Soul Jazz
2012-11-13
Carroll Thompson

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Hopelessly in Love の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
キャロル・トンプソン(Carroll Thompson)-"Free"1984 JAMES TERRA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる