JAMES TERRA

アクセスカウンタ

zoom RSS ジミー・スピアリス(Jimmie Spheeris)1971年〜1984年

<<   作成日時 : 2017/09/02 11:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ジミー・スピアリス
(Jimmie Spheeris)
1949年11月5日生まれ
アラバマ州 フェニックス・シティ出身
1984年7月4日,死去、享年34歳
シンガー・ソングライター
穏やかなアコースティック・サウンドを基調としつつ、フォーク、ロック、ジャズ、R&Bなど、幅の広い音楽表現をするミュージシャン。フォーク系のシンガー・ソングライターというジャンルでは収まらないジャズや民族音楽を彷彿させる楽曲を創作しました。ジャクソン・ブラウン、他にもジェントル・ソウルのパメラ・ポランド(Pamela Polland)や、ローラ・ニーロ(Laura Nyro)とも古くから友好関係があった。1970年代にコロンビア・レコードとエピック・レコードのレーベルで4枚のアルバムをリリース。1984年、セルフ・タイトルのアルバム「Spheeris」の完成のわずか数時間後、1984年7月4日の午前2時、カリフォルニア州サンタモニカで自転車が酒酔い運転のバンに跳ねられ、34歳で他界。
アルバムは" Isle of View"、 "Ports of the Heart"、 "The Dragon Is Dancing"、などあります。
...............................................................................................................................................................

ジミー・スフィーリスが1971年にリリースしたデビュー・アルバム。
トニー・コジネクの「Bad Girl Song」や「Consider The Heart」の世界を彷彿とさせる感触と、独特の人恋しさが混じり合った唯一無二の音楽を繰り広げる、浮遊感を仄かに感じせる名盤。

1971
Jimmie Spheeris
"Isle Of View"
A1. The Nest 4:00
A2. For Roach 2:45
A3. Monte Luna 3:01
A4. Seeds Of Spring 3:52
A5. I Am The Mercury 4:58
B1. Long Way Down 4:36
B2. Let It Flow 3:20
B3. Seven Virgins 2:56
B4. Come Back 4:30
B5. Esmaria 5:48

Produced by Paul Leka.

*Jimmie Spheeris - Guitar, Piano, Vocals
*Geoff Levin - Guitar
*David Campbell - Violin, Viola
*Lee Calvin Nicolai - Flute, Bass, Guitar, Backing Vocals
*David Harowitz - Piano On 'Monte Luna'and Tracks 6-10
*Emil Latimer - Conga
*Buddy Salzman - Drums
*Bill La Vornia – Drums

The Nest


Long Way Down


Let It Flow


Come Back

............................................................................................................

1973年リリースのアルバム"The Original Tap Dancing Kid "。
フェリックス・キャヴァリエ(ex.ラスカルズ)prdによるトロピカルSSWな傑作。そよぐシンセ、ゆらめくヴィブラフォン、ずっと鳴ってる鈴の音が気持ちよすぎなA面1曲目”Beautiful News”お好みです。

1973
Jimmie Spheeris
The Original Tap Dancing Kid
1.Beautiful News
2.Shirtful of Apples
3.Open Up
4.Streets of the Harbour
5.The Original Tap Dancing Kid
6.Sweet Wahini Mama
7.Keeper of the Canyon
8.Soul Tumbleweed
9.Long Way From China
10.Village Vapors
11.Moon on the Water

Produced by Felix Cavaliere for Shanti Productions

*Jimmie Spheeris - Acoustic Guitar, Piano, Vocal
*Felix Cavaliere - Piano, Organ, Backing Vocals
*Russ Kunkel - Drums, Tambourine
*Leland Sklar - Bass
*Geoff Levin - Electric Guitar, 12-String Acoustic Guitar
*Bobby Hall - Conga
*Sneeky Pete - Pedal Steel
*Doreen Davis - Backing Vocals
*Jane Getz - Celeste, Piano, Backing Vocals
*Vinnie Johnson - Drums
*John Summers - Bass
*Jim Calgar - Flute
*Harvey Mason - Drums
*David Campbell - Fiddle
*Norma Trotter - Tap Dancing
*Charlie Larkey - Bass

Beautiful News


Shirtful Of Apples


Long Way From China


.Moon on the Water

.............................................................................................................

1975年の3rdアルバム"TThe Dragon Is Dancing"
プロデューサー、ヘンリー・レヴィによって至高のシンガー・ソングライター作品に仕上がった人気作。ハートフェルトでミスティカルな主役のヴォーカルとイマジネーション溢れるプロダクションで、ゲスト参加したチック・コリアのエレピとミニムーグをフューチャーしたスペイシー&グルーヴィなタイトルトラックをはじめ、サイケデリックでメロウな音触りのSSWファン必携盤です。

1975
Jimmie Spheeris
"The Dragon Is Dancing"
1. The Dragon Is Dancing
2. Sighs in a Shell
3. Tequila Moonlight
4. Snake Man
5. Love's in Vain
6. Lost in Midway
7. Eternity Spin
8. Sunken Skies
9. Summer Salt
10. In the Misty Woods
11. Blown Out
12. Blue Streets

Producer, Engineer – Henry Lewy

*Jimmie Spheeris - Acoustic Guitar, Piano, Vocal
*Bart Hall - Drums, Percussion
*Johnny Pierce - Bass
*Geoff Levin - Electric, Acoustic Guitar, Backing Vocals
*Jim Cowger - Flute, Sax
*Chick Corea - Electric Piano, Mini-Moog
*Jane Getz - Piano
*Mike Mallen - Acoustic Guitar
*Paul Lewinson - Arp, Piano
*Dorothy Remsen - Harp
*Henry Lewy - Birds, Percussion
*Morgan Ames - Backing Vocals
*Jim Cowger, Chuck Findley, Robert Findley - Horns
*Gary Barone, Jonathan Ellis - Horns

The Dragon Is Dancing


Lost in the Midway


Blown Out


Blue Streets

.......................................................................................................

1976 年のアルバム""Ports Of The Heart"。
プロデューサーに名ストリングス・アレンジャー、デヴィッド・キャンベルを迎え、前作から引き続きのチック・コリアをはじめ、スタンリー・クラーク、ジャクソン・ブラウンらが参加して西海岸らしいアコースティック・サウンドに貢献。インパクトあるジャケット・イメージ通りにブリージンでコンテンポラリーなミドル・テンポ楽曲が並び、よりセンシティヴな歌声を引き立てています。

1976
Jimmie Spheeris
"Ports Of The Heart"
1. Child From Nowhere - 3:17
2. Emerald And The Dream Dance - 3:18
3. It's You They're Dreaming Of - 2:54
4. Captain Comes Cold - 2:31
5. Bayou Eyes - 3:33
6. It's All In The Game - 3:10
7. Hills In My Head - 3:50
8. Whirlpool - 3:14
9. Sweet Separation - 3:07
10. So Darkly Fall The Shadows - 3:28
11. Nightingale Come Sail - 2:41
12. I'm So Lonesome I Could Cry - 4:10

Producer: David Campbell(strings ar, viola)

*Jimmie Spheeris - Acoustic Guitar, Piano, Voices
*Chick Corea -Electric Piano
*Johnny Pierce - Bass
*Stanley Clarke - Bass
*Bart Hall, John Guerin - Drums
*Jim Cowger - Sax, Soprano Sax, Flute, Clarinet, Piano
*Geoff Levin - Guitars
*David Campbell - Viola
*Jay Ellington Lee - Arp
*Robin Williamson - Oud
*Dan Orbach - Mandolin
*Emile Pandolfi - Piano
*Richard Feves - Bowed Bass
*Charles Veal, Robert Dubow, Gordon Marron, Mary Ann Ringgold - Strings
*Haim Shtrum, Janice Gower, Sheldon Sanov - Strings
*Lya Stern, Mareia Van Dyke, Dan Neufeld - Strings
*Pamela Goldsmith, Paul Polivnick, Ronald Strauss, Rollice Dale - Strings
*Arthur Royval, Ronald Cooper, Dennis Karmazyn - Strings
*David Spelz, Richard Feves - Strings
*Jackson Browne, Geoff Levin, Johnny Pierce - Backing Vocals

1.Child from Nowhere


4.Captain Comes Cold


12.I'm so Lonesome I could Cry


..............................................................................................................

1984年リリースの"Spheeris"。
8年のブランクを経て制作されたセルフ・タイトルのアルバム。残念なことに、アルバム完成のわずか数時間後、交通事故によりJimmieは他界、最後のアルバムとなってしまった。
メーカー資料によると、Spheerisの最後のアルバム、#7「You're Be Laughing Somewhere」のトラックは、彼の友人であるJohn Kennedy Toole (1981年に小説のA Confederacy of Duncesが死後、 ピューリッツァー賞を授与された)の人生に基づいているとの事。

1984
Jimmie Spheeris
"Spheeris"
1. Adam
2. Jungle Sweep
3. Afternoon: Forever Afternoon
4. Eyes
5. You Will Be Coming Back
6. You Got
7. You Must Be Laughing Somewhere
8. Decatur Street
9. Three In Venice
10. Hear It

Producer – Paul Delph

Guitar – Jimmie Spheeris
Vocals – Jimmie Spheeris, Paul Delph
Bass – Doug Lunn
Drums – Rick Parnell
Piano – Jimmie Spheeris
Sampler [Emulator] – Richard Burmer
Synthesizer [Prophet 10] – Paul Delph

Afternoon: Forever Afternoon


Eyes

...............................................................................................

Discograph

Isle of View, 1971
The Original Tap Dancing Kid, 1973
The Dragon is Dancing, 1975
Ports of the Heart, 1976,
An Evening with Jimmie Spheeris (live), 1999
Spheeris, 2000
.........................................................................................

Isle of View
Rain Records
2000-06-20
Jimmie Spheeris

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Isle of View の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Original Tap Dancing Kid
Rain Records
2000-08-28
Jimmie Spheeris

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Original Tap Dancing Kid の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Dragon Is Dancing
Rain Records
2000-07-25
Jimmie Spheeris

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Dragon Is Dancing の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ポート・オブ・ザ・ハート(期間生産限定盤)
SMJ
2017-08-02
ジミー・スフィーリス

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ポート・オブ・ザ・ハート(期間生産限定盤) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Spheeris
K-Tel
2000-06-20
Jimmie Spheeris

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Spheeris の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ジミー・スピアリス(Jimmie Spheeris)1971年〜1984年 JAMES TERRA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる