JAMES TERRA

アクセスカウンタ

zoom RSS デイヴ・メイスン(Dave Mason)-Part3(1977年〜1980年)

<<   作成日時 : 2017/08/11 10:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

デイブ・メイソン
(Dave Mason)
本名「David Thomas Mason/デヴィッド・トーマス・メイスン」
1946年5月10日生まれ
イギリス ウスター出身
シンガーソングライター/ギタリスト
バーミンガム地区で音楽活動を展開。ヘリアンズやディープ・フィーリングというバンドで活動後、67年バークシャーに行き、スティーヴ・ウィンウッド( Steve Winwood )、ジム・カポールディ( Jim Capaldi )、クリス・ウッド( Chris Wood )と共にトラフィック( Traffic )を結成に参加。69年からソロ活動をスタート、その後、米国に移住すると、デラニー&ボニー( Delaney and Bonnie )と行動を共にし、1970年にはアルバム「Alone Together」を出しレコード・デビュー。その後、数年間はママ・キャス( Cass Elliot )、続いてデレク&ドミノス( Derek and the Dominos )と共演。アメリカン・ミュージック志向を強く表わした明るくポップなギター演奏と歌声で70年代後半に確固たる地位を築く。95年フリートウッド・マックに参加。アルバムは、1974年「Dave Mason」、1973年「It's Like You Never Left」、1975年「Split Coconut」があります。ソロでは70年から80年にかけて米国で7曲(トップ40内2曲)がチャートイン、77年に「We Just Disagree」が12位を記録して代表曲となっています。1977年の初来日、2011年にも来日公演を行っている。
..................................................................................................................

今回、Part3として、(1977年〜1980年)にかけて発売された1977年リリースの" Let It Flow"、1978年リリースの" Mariposa De Oro"、1980年リリースの" Old Crest On A New Wave "を紹介。
.....................................................................................................................

1977年リリースの" Let It Flow" は、全米チャート第12位を記録したジム・クリューガー作 We Just Disagree のほか、タイトル曲と So High の3枚ものシングルヒットを生むなど、商業的にはデイヴ・メイスンの最も成功したアルバムとなった。全体的に明るいウエストコースト・サウンドと、ポップでメロディアスな楽曲により、非常に聴きやすいアルバムに仕上がっている。

1977
Dave Mason
"Let It Flow"
1. So High (Rock Me Baby and Roll Me Away)
2. We Just Disagree
3. Mystic Traveler
4. Spend Your Life With Me
5. Takin' the Time To Find
6. Let It Go, Let It Flow
7. Then It's Alright
8. Seasons
9. You Just Have To Wait Now
10. What Do We Got Here?

Producer Dave Mason, Ron Nevison

Personnel
Dave Mason - guitar, vocals
Mike Finnigan - keyboards, vocals
Bobbye Hall - percussion
Rick Jaeger - drums
Gerald Johnson - bass, bass guitar
Jim Krueger - guitar, rhythm guitar, vocals
Karen Patterson - vocals
Verna Richardson - vocals
Stephen Stills - Backing Vocal (Seasons)
Ernie Watts - saxophone
Yvonne Elliman-Backing Vocal (Seasons)

So High (Rock Me Baby And Roll Me Away)


We Just Disagree


Let It Go, Let It Flow


Seasons

.....................................................................................................................

78年リリースの" Mariposa De Oro" は、アコースティック・サウンドとヴォーカル・ハーモニーを強調したソフトな印象のアルバムで、後にエリック・クラプトンに曲を提供するジェリー・ウィリアムズが、曲作りやバンドメンバーとして本作に大きく貢献している。何曲かをカリフォルニアのマリブにあるデイヴ・メイスンのホームスタジオ、ヴィラ・マリポサにてレコーディングしており、タイトルにも反映されている。キャロル・キングの Will You Still Love Me Tomorrow がシングルヒットを記録。

1978
Dave Mason
"Mariposa De Oro"
1. Don't It Make You Wonder
2. Searchin' (for A Feeling)
3. All Gotta Go Sometime
4. Warm Desire
5. Warm And Tender Love
6. Will You Still Love Me Tomorrow
7. Share Your Love
8. Bird On The Wind
9. So Good To Be Home
10. Words
11. No Doubt About It

Dave Mason Guitar (Acoustic), Producer, Main Performer, Vocals (Background), Vocals, Guitar
Mark Stein Organ, Synthesizer, Vocals (Background), Vocals, Piano, Keyboards
Ernie Watts Saxophone, Sax (Tenor)
Mike Finnigan Keyboards, Vocals Jerry Williams Guitar (Acoustic), Vocals (Background), Guitar
Gerry Beckley Vocals, Vocals (Background)
Bob Glaub Bass
Ron Greene Percussion, Vocals (Background)
Dr. Rick Jaeger Drums
Gerald Johnson Bass
Jim Krueger Guitar, Guitar (Electric)
Graham Nash Guitar, Vocals
Stephen Stills Vocals
Jeff Porcaro Drums
Ron Nevison Producer, Engineer

Don't It Make You Wonder


All Gotta Go Sometime

Written by Dave Mason & Jerry Williams

Will You Still Love Me Tomorrow


The Words

........................................................................................................................

ソロアルバムは1980年に" Old Crest On A New Wave "をリリース。ソフト路線だった前作に対し、本作は力強いギター主導のサウンドを取り戻した内容で、EW&Fや、ボズ・スキャッグスの『シルク・ディグリーズ』を手がけたジョー・ウィザートをプロデューサーに迎え、新たな方向性にトライしたアルバム。持ち前のメロディーやハーモニーの美しさはそのままに、シンセサイザー(元ヴァニラ・ファッジのマーク・スタインが担当)や、エフェクティヴなギター・サウンドを取り入れ、非常に時代性に富んだ内容。同じスタジオに居合わせたマイケル・ジャクソンがヴォーカルで参加した Save me などを収録している。

1980
Dave Mason
"Old Crest On A New Wave"
01. Paralyzed
02. You're A Friend Of Mine
03. I'm Missing You
04. Talk To Me
05. Gotta Be On My Way
06. Save Me
07. Life Is A Ladder
08. Tryin' To Get Back To You
09. Get It Right
10. Old Crest On A New Wave

Producer – Dave Mason, Joe Wissert
Engineer – Ed Thacker

Bass Guitar – Bob Glaub
Drums – Rick Jaeger
Guitar – Dave Mason, Jim Krueger
Lead Vocals – Dave Mason
Organ – Mark Stein
Percussion – Ray Revis
Piano – Mark Stein、Mike Finnigan
Synthesizer – Mark Ste

I'm Missing You


Talk To Me


Save Me


Get It Right

......................................................................................................................................

1980年〜1990年代のアルバムは所持していませんが、Two Hearts(1987) 、Some Assembly Required (1987) 、Live: The 40,000 Headmen Tour(1999) などチェックはしていましたが・・・・・・・購入していません。また、1994年暮れから翌年にかけてデイヴ・メイスンは、フリートウッド・マックのメンバーとしてワールドツアーを行いアルバム制作に携わった。95年10月リリースのアルバム Time にはデイヴが書いた2曲が含まれている。デイヴとベッカ・ブラムレットは本作のみでフリートウッド・マックを脱退。
..............................................................................................................................

おまけ

トラフィック時代のナンバーをソロとして新録した「Dear Mr. Fantasy」

Dear Mr. Fantasy [Official Audio]

2014年アルバム"Future's Past"から
.............................................................................................................................

前回当ブログで、Part1として、"ブルーサム・レコード時代(1970年〜1973年)"を紹介してます。
↓         ↓          ↓
http://51036951.at.webry.info/201708/article_4.html

また当ブログで、Part2として"コロンビア・レコード時代(1973年〜1976年)を紹介してます。
↓          ↓         ↓
http://51036951.at.webry.info/201708/article_5.html
..................................................................................................................................

アルバム紹介

Solo
1970: Alone Together
1971: Dave Mason & Cass Elliot
1972: Headkeeper
1973: It's Like You Never Left
1974: Dave Mason
1975: Split Coconut
1977: Let It Flow
1978: Mariposa de Oro
1980: Old Crest on a New Wave
1987: Two Hearts
1987: Some Assembly Required
2008: 26 Letters - 12 Notes
2014: Future's Past

Live
1973: Dave Mason Is Alive
1976: Certified Live
1999: Live: The 40,000 Headmen Tour (with Jim Capaldi)
2002: Live at Perkins Palace
2002: Live at Sunrise Theatre
2007: Dave Mason Live at XM Satellite Radio
2015: Traffic Jam
....................................................................................................................................
.
流れるままに
ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
2017-08-23
デイヴ・メイスン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 流れるままに の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



黄金の蝶(紙ジャケット仕様)
SMJ
2010-04-14
デイヴ・メイスン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 黄金の蝶(紙ジャケット仕様) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



明日へのチャンピオン
ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
2017-08-23
デイヴ・メイソン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 明日へのチャンピオン の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Mariposa De Oro/Old Crest On A New Wave
Beat Goes On
2010-06-07
Dave Mason

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Mariposa De Oro/Old Crest On A New Wave の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Future's Past
Something-Music
2014-05-13
Dave Mason

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Future's Past の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
デイブ・メイソン(Dave Mason)-Part1(1970年〜1973年)
デイブ・メイソン (Dave Mason) 本名「David Thomas Mason/デヴィッド・トーマス・メイスン」 1946年5月10日生まれ イギリス ウスター出身 シンガーソングライター/ギタリスト バーミンガム地区で音楽活動を展開。ヘリアンズやディープ・フィーリングというバンドで活動後、67年バークシャーに行き、スティーヴ・ウィンウッド( Steve Winwood )、ジム・カポールディ( Jim Capaldi )、クリス・ウッド( Chris Wood )と共... ...続きを見る
JAMES TERRA
2017/08/11 18:20
デイブ・メイソン(Dave Mason)-Part2(1973年〜1976年)
デイブ・メイソン (Dave Mason) 本名「David Thomas Mason/デヴィッド・トーマス・メイスン」 1946年5月10日生まれ イギリス ウスター出身 シンガーソングライター/ギタリスト バーミンガム地区で音楽活動を展開。ヘリアンズやディープ・フィーリングというバンドで活動後、67年バークシャーに行き、スティーヴ・ウィンウッド( Steve Winwood )、ジム・カポールディ( Jim Capaldi )、クリス・ウッド( Chris Wood )と共... ...続きを見る
JAMES TERRA
2017/08/11 18:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
デイヴ・メイスン(Dave Mason)-Part3(1977年〜1980年) JAMES TERRA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる