JAMES TERRA

アクセスカウンタ

zoom RSS デイブ・メイソン(Dave Mason)-Part2(1973年〜1976年)

<<   作成日時 : 2017/08/10 11:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

デイブ・メイソン
(Dave Mason)
本名「David Thomas Mason/デヴィッド・トーマス・メイスン」
1946年5月10日生まれ
イギリス ウスター出身
シンガーソングライター/ギタリスト
バーミンガム地区で音楽活動を展開。ヘリアンズやディープ・フィーリングというバンドで活動後、67年バークシャーに行き、スティーヴ・ウィンウッド( Steve Winwood )、ジム・カポールディ( Jim Capaldi )、クリス・ウッド( Chris Wood )と共にトラフィック( Traffic )を結成に参加。69年からソロ活動をスタート、その後、米国に移住すると、デラニー&ボニー( Delaney and Bonnie )と行動を共にし、1970年にはアルバム「Alone Together」を出しレコード・デビュー。その後、数年間はママ・キャス( Cass Elliot )、続いてデレク&ドミノス( Derek and the Dominos )と共演。。アメリカン・ミュージック志向を強く表わした明るくポップなギター演奏と歌声で70年代後半に確固たる地位を築く。95年フリートウッド・マックに参加。アルバムは、1974年「Dave Mason」、1973年「It's Like You Never Left」、1975年「Split Coconut」があります。ソロでは70年から80年にかけて米国で7曲(トップ40内2曲)がチャートイン、77年に「We Just Disagree」が12位を記録して代表曲となっています。
.......................................................................................................................

今回、大好きなデイブ・メイソンを紹介、ソロ活動時に発表した作品を中心にとりあげたいと思いますが、前回は、Part1として"ブルーサム・レコード時代(1971年〜1973年)を紹介"、今回はPart2として"コロンビア・レコード時代(1973年〜1976年)"をとりあげます。また次回はPart3として(1977年〜1980年)を予定しています。
..........................................................................................................................

今回はPart2として"コロンビア・レコード時代(1973年〜1976年)

コロンビア・レコードに移籍、全盛期を迎える。
ブルーサム・レコードとの訴訟を終えてコロンビア・レコードと契約したデイヴ・メイスンは、1973年に、満を持して5作目のソロ・アルバム It’s Like You Never Left (邦題:忘れえぬ人)をリリース。本作品は、ブルースに根ざした見事なギター・プレイにウォームな歌声、ソウルフル&ファンキーなサウンドと、聴き応え十分の内容。グラハム・ナッシュ、ジョージ・ハリソン、スティヴィー・ワンダー、マーク・ジョーダン、カール・レイドル、チャック・レイニー、ジム・ケルトナーなどをゲストに迎えロサンゼルスのスタジオでたっぷり時間を掛けて作られた作品。

1973
Dave Mason
"It’s Like You Never Left"(邦題:忘れえぬ人)
1. Baby...Please
2. Every Woman
3. If You've Got Love
4. Maybe
5. Headkeeper
6. Misty Morning Stranger
7. Silent Partner
8. Side Tracked
9. Lonely One
10. It's Like You Never Left 

Produced By Dave Mason
Mixed By Al Schmitt

Dave Mason (Vocals,Guitar)
Graham Nash,John Batdorf(Vocals)
George Harrison(Guitar)
Jim Keltner,Rick Jaeger(drums)
Chuck Rainey,Carle Radle,Charles Fletcher,Greg Reeves,Lonnie Turner(Bass)
Rocky,Nastyee(Conga)
Mark Jordan(Piano)
Stevie Wonder(Harmonica)

Baby...please


Every Woman


If You've Got Love

(feat、George Harrison)

The Lonely One

(Feat、Stevie Wonder(Harmonica))
......................................................................................................

1974年に発表されたCBSレコード移籍第二弾のアルバム"Dave Mason"、リラックスした雰囲気のなかに、ポップ・センス溢れるソングライティングが発揮された内容。彼の代表曲"Every Woman"、"Show Me Some Affaction"などのほか、Bob Dylanの曲でJimi Hendrixのカヴァー。前作のような豪華な客演はなくて、気心の知れた自らのバンド・メンバーと共に制作、マイク・フィニガン(Key)やジム・クリューガー(G)、ボブ・グローブ(B)など自身のバンドのメンバーが全面参加。そして、ニックデカロも参加。とはいえ、地味なところもなく前作に勝るとも劣らない演奏が堪能できます。

1974
Dave Mason
"Dave Mason"
1. Show Me Some Affection
2. Get Ahold on Love
3. Every Woman
4. It Can't Make Any Difference to Me
5. All Along the Watchtower
6. Bring It on Home to Me
7. Harmony & Melody
8. Relation Ships
9. You Can't Take It When You Go

Personnel and Production/The Dave Mason Band

The Dave Mason Band
Dave Mason/guitar, lead vocals, producer, horn arrangements, design, writer
Mike Finnigan/keyboards, vocals, horn arrangements
Bob Glaub/bass
Rick Jaeger/drums
Jim Krueger/guitar, vocals, soloist

Richard Bennett/pedal steel guitar
Gary Barone/horns
Jerry Jumonville/horns
Jock Ellis/horns
Sal Marquez/horns
Tim Weisberg/flute
Nick DeCaro/string arrangements

Dave Mason (Full Album)

................................................................................................................

1975年リリースの Split Coconut は、多忙なスケジュールの合間に制作されたアルバムでありながら、全盛期にあったデイヴ・メイスンのパワーが溢れる傑作となった。70年代に一時期暮らしていたヴァージン諸島への愛着心がサウンドにも影響し、心地よいトロピカルなムードが随所に感じられる。グラハム・ナッシュ、デヴィッド・クロスビー、マンハッタン・トランスファーがヴォーカルをサポートする。バンド・サウンドの充実ぶりも本作品の特徴で、もうひとりのギタリストであるジム・クリューガーとのコンビネーションは鉄壁。ベースに元スティーヴ・ミラー・バンドのジェラルド・ジョンソンが加入した事で、前作からの泥臭さの薄れたメロディアスで爽やかなサウンドにファンキーな側面が加わりました。グラハム・ナッシュ、デヴィッド・クロスビー、マンハッタン・トランスファーがヴォーカルをサポートする。

1975
Dave Mason
"Split Coconut"
1. Split Coconut
2. Crying, Waiting, Hoping
3. You Can Lose It
4. She's A Friend
5. Save Your Love
6. Give Me A Reason Why
7. Two Guitar Lovers
8. Sweet Music
9. Long Lost Friend

Producer Dave Mason(vo, g), Bruce Botnick

Personnel
Dave Mason – vocals, guitar, slide guitar
David Crosby – vocals, background vocals
Graham Nash – guitar, background vocals
Rick Jaeger – drums
Gerald Johnson – bass
Mark T. Jordan – organ, keyboards, clavinet
Jim Krueger – guitar
The Manhattan Transfer – vocals, background vocals
Emil Richards – percussion, marimba
Jai Winding – organ, synthesizer, piano, keyboards

Split Coconut


Crying, Waiting, Hoping

マンハッタン・トランスファーがヴォーカルをサポート

Two Guitar Lovers

.......................................................................................................................................................................

1976年にはハリウッドのユニヴァーサル・アンフィシアターでのライヴを収録した、初のダブルアルバム Certified Live をリリース。代表的な自作曲のレパートリーに加え、イーグルズの Take It To The Limit、トラフィックの Pearly Queen、スペンサー・デイヴィス・グループの Gimme Some Lovin’ などカヴァーの選曲も魅力的で、バンドと一体化した全盛期の素晴らしいライヴが記録されている。タイトルからも自信の程が伺える名ライヴ盤である。70年代ロックのライブ盤の中でも屈指の内容を誇る名盤である。因みに、当時の邦題は「ライブ〜情念」という、演歌歌手のライブ的なネーミングなものでした。

1976
"Certified Live"
Disc 1
1. Feelin' Alright
2. Pearly Queen
3. Show Me Some Affection
4. All Along The Watchtower
5. Take It To The Limit
6. Give Me A Reason Why
7. Sad And Deep As You
8. Every Woman
9. World In Changes
Disc 2
1. Goin' Down Slow
2. Look At You, Look At Me
3. Only You Know And I Know
4. Bring It On Home To Me
5. Gimme Some Lovin'

Producer Dave Mason

Personneil
Dave Mason – guitar, vocals
Mike Finnigan – keyboards, vocals, lead vocal on "Goin' Down Slow"
Dr. Rick Jaeger – drums
Gerald Johnson – bass
Jim Kruegar – guitar, vocals

Show Me Some affection


All Along The Watchtower


Dave Mason - Take It To The Limit

イーグルスの名曲、生ギターのみの演奏に、男気溢れるデイブ・メイソンのボーカルとバック・コーラス

Look At You, Look At Me


Only You Know And I Know


.......................................................................................................................................

当ブログで、Part3として(1977年〜1980年)を紹介してます。
↓         ↓             ↓
http://51036951.at.webry.info/201708/article_6.html


こちらは、Part1で、"ブルーサム・レコード時代(1970年〜1973年)"を紹介してます
↓         ↓             ↓
http://51036951.at.webry.info/201708/article_4.html

.....................................................................................................................................

アルバム紹介

Solo
1970: Alone Together
1971: Dave Mason & Cass Elliot
1972: Headkeeper
1973: It's Like You Never Left
1974: Dave Mason
1975: Split Coconut
1977: Let It Flow
1978: Mariposa de Oro
1980: Old Crest on a New Wave
1987: Two Hearts
1987: Some Assembly Required
2008: 26 Letters - 12 Notes
2014: Future's Past
Live
1973: Dave Mason Is Alive
1976: Certified Live
1999: Live: The 40,000 Headmen Tour (with Jim Capaldi)
2002: Live at Perkins Palace
2002: Live at Sunrise Theatre
2007: Dave Mason Live at XM Satellite Radio
2015: Traffic Jam

....................................................................................................................................
.
It's Like You Never Left
Imports
2014-07-01
Dave Mason

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by It's Like You Never Left の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



It's Like You Never Left / Dave Mason
S&P Records
2002-10-29
Dave Mason

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by It's Like You Never Left / Dave Mason の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



デイヴ・メイスン(紙ジャケット仕様)
SMJ
2010-04-14
デイヴ・メイスン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by デイヴ・メイスン(紙ジャケット仕様) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Split Coconut
One Way Records Inc
1995-09-19
Dave Mason

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Split Coconut の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ライヴ~情念(期間生産限定盤)
SMJ
2017-04-12
デイヴ・メイスン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ライヴ~情念(期間生産限定盤) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
デイブ・メイソン(Dave Mason)-Part1(1970年〜1973年)
デイブ・メイソン (Dave Mason) 本名「David Thomas Mason/デヴィッド・トーマス・メイスン」 1946年5月10日生まれ イギリス ウスター出身 シンガーソングライター/ギタリスト バーミンガム地区で音楽活動を展開。ヘリアンズやディープ・フィーリングというバンドで活動後、67年バークシャーに行き、スティーヴ・ウィンウッド( Steve Winwood )、ジム・カポールディ( Jim Capaldi )、クリス・ウッド( Chris Wood )と共... ...続きを見る
JAMES TERRA
2017/08/11 18:20
デイヴ・メイスン(Dave Mason)-Part3(1977年〜1980年)
デイブ・メイソン (Dave Mason) 本名「David Thomas Mason/デヴィッド・トーマス・メイスン」 1946年5月10日生まれ イギリス ウスター出身 シンガーソングライター/ギタリスト バーミンガム地区で音楽活動を展開。ヘリアンズやディープ・フィーリングというバンドで活動後、67年バークシャーに行き、スティーヴ・ウィンウッド( Steve Winwood )、ジム・カポールディ( Jim Capaldi )、クリス・ウッド( Chris Wood )と共... ...続きを見る
JAMES TERRA
2017/08/11 21:43

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
デイブ・メイソン(Dave Mason)-Part2(1973年〜1976年) JAMES TERRA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる