JAMES TERRA

アクセスカウンタ

zoom RSS スティーヴィー・レイ・ヴォーン(Stevie Ray Vaughan)

<<   作成日時 : 2017/08/26 11:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

スティーヴィー・レイ・ヴォーン
(Stevie Ray Vaughan)
1954年10月3日 生まれ
テキサス州ダラス出身
1990年8月26日死去、享年35歳
(ヘリコプターの墜落事故で不慮の落命)
ブルース・ギタリスト/シンガー
1980年代シーンに突如感性ほとばしるエレクトリック・ブルースを持ち込み、ヘンドリックスの再来と絶賛された白人ブルース・ギタリスト。78年に結成したダブル・トラブルの活動が話題を呼ぶ。デヴィッド・ボウイの『レッツ・ダンス』の制作に参加。83年ソロ・デビュー後はブルースの滋味に正対した名作を重ね評判をますます高めたが、90年、ヘリコプターの墜落事故で不慮の落命。
............................................................................................................................................

1983年、1stのアルバム。後年に渡るキャリアの基本的な部分は全部ここにあるといっても過言ではありません。
ストラトキャスターから繰り出されるこれでもかといわんばかりの図太い音は唯一無二です。デビュー作ですが、もう既に一聴してSRVと分かる自分自身のギタートーンを持っています。魂がとことんこもったブルースの教則盤みたいなアルバム。

1983
Stevie Ray Vaughan & Double Trouble
"Texas Flood "
1. Love Struck Baby
2. Pride And Joy
3. Texas Flood
4. Tell Me
5. Testify
6. Rude Mood
7. Mary Had A Little Lamb
8. Dirty Pool
9. I’m Cryin’
10. Lenny

Stevie Ray Vaughan – guitar, vocals
Tommy Shannon – bass
Chris Layton – drums

Produced by Stevie Ray Vaughan, Richard Mullen, Tommy Shannon, and Chris Layton

Texas Flood (Full Album)

...............................................................

1984年リリース2ndアルバム"Couldn't Stand the Weather"。4曲目の「VooDoo Chile」の演奏は圧巻で、このアルバム一番の山場となっています。「テキサスハリケーン」の名の通りの弦がブチ切れそうな演奏が堪能できる傑作。

1984
Stevie Ray Vaughan
"Couldn’t Stand the Weather"
1. Scuttle Buttin'
2. Couldn't Stand the Weather
3. The Things (That) I Used to Do
4. Voodoo Chile (Slight Return)
5. Cold Shot
6. Tin Pan Alley
7. Honey Bee
8. Stang's Swang

Producers – Stevie Ray Vaughan and Double Trouble, Richard Mullen, Jim Capfe

Stevie Ray Vaughan: Guitars, vocals
Tommy Shannon: Bass
Chris "Whipper" Layton: Drums

Guest Musicians:
Jimmie Vaughan: 2nd guitar on "Couldn't Stand the Weather" and "The Things (That) I Used To Do"
Fran Christina: Drums on "Stang's Swang"
Stan Harrison: Tenor Saxophone

Couldn’t Stand the Weather (Full Album)

.............................................................................................................

1985年リリース3枚目のアルバム"Soul to Sou"l。リース・ワイナンのキーボードはヴォーンのサウンドに深みを与え、ジャズやソウル色のより強いものへと押し上げ、収録曲「Say What!」でスティービーは、 前代未聞の「ワウペダル+ワウペダル」という誰も考えたことのないエフェクターの使い方をしています(VOXのワウ・ペダル2つをガムテープで固定)。「Say What」は前作の「Scuttle Buttin'」とともにステージで重要なインストナンバー。また、ハンク・バラード「Look At Little Sister」、ハウリン・ウルフ「You'll Be Mine」、アール・キング/ジミ・ヘンドリクスの「Come On」などのカバーは見事、ドイル・ブラムホールの書いた2曲も歌ものとしていい出来だ。

1985
Stevie Ray Vaughan and Double Trouble
"Soul to Soul"  
1.Say What!
2.Lookin' Out The Window
3.Look at Little Sister
4.Ain't Gone 'n' Give Up On Love
5.Gone Home
6.Change It
7.You'll Be Mine
8.Empty Arms
9.Come On,Pt.3
10.Life Without You
11.SRV Speeks
12.Little Wing/Third Stone Frome the Sun
13.Slip Slidin' Slim

Producers – Stevie Ray Vaughan and Double Trouble, Richard Mullen

Stevie Ray Vaughan – guitar, vocals, drums on "Empty Arms"
Tommy Shannon – bass, vocals on "Say What!"
Chris Layton – drums, vocals on "Say What!"
Reese Wynans – keyboards, vocals on "Say What!"

Additional personnel
Joe Sublett – saxophone on "Lookin' Out the Window" and "Look at Little Sister"

Say What!


Look at Little Sister

Howlin' Wolf で'61年の録音。作曲はWillie Dixon。ロカビリーのにおいもするR&Bナンバー

Ain't Gone 'n' Give Up On Love


You''ll Be Mine

Howlin' Wolf で'61年の録音。作曲はWillie Dixon。

Come on (Part III)

Dr.John が「Let The Good Times Roll」として『Gumbo』で取り上げてた事でも有名(オリジナルは、New Orleans のシンガー/ギタリストの Earl King の'60年インペリアルでの録音)

Life Without You

ジミ・ヘンドリクスから受け継いだスタイルを、歌とギターの間が絶妙で演奏されていて決して上手いとは言えない Stevie のボーカルにクリーンなギター。
...............................................................................................................................

"Live Alive"
オリジナルは1986年の11月にリリースされ、LP では2枚組、全14曲を収録したライブ盤だったが、CD化に際してオミットされたディスク2のEが復活し、さらに2曲のボートラを追加。09年最新リマスターが施された。スティーヴィーの真の実力を思う存分堪能できるライブアルバム。大音量で聞けば、スティービーのアンプから、彼の非常に強いビブラートで、弦とフレットが擦れる様な生々しい音が聴こえたり、息の合ったギター、ベース、ドラムの堂々たるグルーヴと、地鳴りのようなボーカルに心地よく圧倒されるでしょう。ライナーによると、この頃のSRVはドラッグ問題がかなり深刻化していたようで、このライブ盤もスタジオ盤を制作できる状況じゃなかったと・・・・・。

Stevie ray vaughan
Live Alive
(DISC 1)
1. Say What!
2. Ain't Gone 'N' Give up On Love
3. Pride and Joy
4. Mary Had A Little Lamb
5. Superstition
6. I'm Leaving You (Commit A Crime)
7. Cold Shot
8. Willie The Wimp
9. Little Wing〜Third Stone From The Sun (Bonus)

(DISC 2)
1. Look At Little Sister
2. Texas Flood
3. Voodoo Child (Slight Return)
4. Love Struck Baby
5. Change It
6. Life Without You
7. The Sky Is Crying (Bonus)

Producer Stevie Ray Vaughan, Double Trouble

Stevie Ray Vaughan (Voce, Chitarra)
Tommy Shannon (Basso)
Reese Wynans (keyboards)
Chris ''Whipper'' Layton (drums)

Additional personnel
Jimmie Vaughan (guitar, bass)-"Willie the Wimp", "Love Struck Baby", "Look at Little Sister" and "Change It".

Live Alive

.................................................................................................

1989年リリース、スタジオ4作目"In Step"。ドラッグ中毒からの復帰作だとか、これが遺作となってしまった。CDジャケットもクールなSRVの最高傑作と呼び名も高い本作。最後の曲は13分にも及ぐ圧巻のライブ音源。最後のアルバムですが音楽的にもこれからを感じることのできる一枚。

1989
Stevie Ray Vaughan
"In Step"
Side 1:
1. The House Is Rockin'
2. Crossfire
3. Tightrope
4. Let Me Love You Baby
5. Leave My Girl Alone
6. Travis Walk
7. Wall of Denial
8. Scratch-N-Sniff
9. Love Me Darlin'
10. Riviera Paradise

Produced By: Double Trouble & Jim Gaines

The Band
Stevie Ray Vaughan - Guitar, Vocals
Tommy Shannon - Bass
Reese Wynans - Keyboard
Chris Layton - Drums, Percussion

Additional artist appearing on this LP
Texacali Horns – on "Crossfire" and "Love Me Darlin'"
Joe Sublett - Saxophone
Darrell Leonard - Trumpet

In Step (Full Album)

..................................................................................................................................

86年に体調を崩し入院生活を送る事になり、その後、依存症を克服したスティーヴィーは『In Step』(’89年)を発表し再び返り咲きます。その後もジェフ・ベックと全米ツアーを行ったり、自身の兄であり尊敬するギタリストでもあったジミー・ヴォーンとのプロジェクト、ヴォーン・ブラザーズを結成するなど精力的な活動。1990年8月26日ウィスコンシン州のイースト・トロイ市アルペン・ヴァレーで行われたブルース・フェスティバルでエリック・クラプトン、ロバート・クレイ、バディ・ガイ、兄のジミー・ヴォーンと共演した後、移動のために乗ったヘリコプターが墜落し、エリック・クラプトンのボディガードを含む乗員全員と共に死去。

享年35歳。
...............................................................................................................................................

Discography
Main article: Stevie Ray Vaughan discography

Texas Flood (1983)
Couldn't Stand the Weather (1984)
Soul to Soul (1985)
In Step (1989)
Family Style (with Jimmie Vaughan) (1990)
The Sky Is Crying (1991)
...........................................................................................................................................

テキサス・フラッド~ブルースの洪水(期間生産限定盤)
SMJ
2017-04-12
スティーヴィー・レイ・ヴォーン&ダブル・トラブル

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by テキサス・フラッド~ブルースの洪水(期間生産限定盤) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テキサス・ハリケーン(期間生産限定盤)
SMJ
2017-04-12
スティーヴィー・レイ・ヴォーン&ダブル・トラブル

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by テキサス・ハリケーン(期間生産限定盤) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



SOUL TO SOUL
MOBILE FIDELITY SOUND LAB
2010-10-30
STEVIE RAY VAUGHAN

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by SOUL TO SOUL の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



IN STEP
EPIC
1999-04-06
STEVIE RAY VAUGHAN

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by IN STEP の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
スティーヴィー・レイ・ヴォーン(Stevie Ray Vaughan) JAMES TERRA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる